2019年05月15日

エールフランス航空/KLMオランダ航空 フライングブルーのXPを考える

「海外渡航はいつもビジネスで」っていう方はビジネスの航空券を買うだけで航空会社のプライオリティサービスを受けられるので関係ありませんが、私のように「基本エコノミーで安く上げたい人」がプライオリティサービスを受けようとすると、航空会社のマイレージ会員になって、所定のステイタスを獲得する必要があります。

私の場合、ヨーロッパ(特にフランス)に行くことが多く、エールフランスが便利なのでフライングブルー会員になっています。しかしフライングブルーで上級会員になるのは難しく、デルタスカイマイル・ゴールド アメリカン・エキスプレスカードに入会し、デルタ航空のゴールドメダリオン会員になることによって、デルタと同じSkyTeamに属するエールフランスでプライオリティサービスを受けているわけです。

しかし、本当にフライングブルーで上級会員になるのは難しいのか?今一度考えてみました。下の表がフライングブルーでステイタスを獲得するためのXP(経験値)一覧表です。

無題.jpg

エコノミーで考えてみましょう。私がよく利用する東京−パリは長距離3に該当するので片道12XP、往復24XPです。1年に4往復しても96XPですからシルバーの100XPに届きません。しかし、パリから足を伸ばして東京−パリ−マルセイユを1往復すれば国内便2XP×2が追加されますから、ちょうど100XPに届き、晴れてシルバー会員になることができます。また、東京からパリを経由してドイツなど国外に出れば、片道12XP+5XP=17XP、往復34XPになり、これを年間3往復すれば102XPでシルバーに手が届きます。さらに、もし最終目的地がパリだとしても、KLMを利用して、東京−アムステルダム−パリで飛べば片道12XP+5XP=17XP、往復34XPですから、年間3往復でシルバーに手が届きます。同じマルセイユに行くにも、パリで乗り継ぐのではなくアムステルダムで乗り継げば、やはり片道12XP+5XP=17XP、往復34XPですから、年間3往復でシルバーに手が届きます。また、このXPはエールフランス/KLMグループのみならず、SkyTeam所属会社のフライトに搭乗すればもらえるのもミソです。つまり、デルタ航空や大韓航空などに搭乗するときにフライングブルー会員番号を登録すれば、マイルだけでなくXPももらえてしまうというわけです(東京−ソウル−パリで往復34XP)。こう考えると、「フライングブルーでシルバー会員になるのは難しくない」と言ってよいのではないでしょうか。

ただ、こうおっしゃる方がいらっしゃるでしょう「でもシルバーだよね。航空会社の上級会員は少なくともゴールド以上でしょ?」。もちろんゴールド資格(180XP)が獲得できれば言うことはありません。しかし下の表を見てください。

無題2.jpg

シルバー=SkyTeam Elite/ゴールド=SkyTeam Elite Plusです。大きな違いは、
・シルバーはラウンジに入れない(入れるが有料)
・シルバーは優先パスポート審査と優先保安検査レーンを使えない
・シルバーは荷物受取場で荷物が早く出てこない
の三つだと思います。

私の場合、空港にはギリギリに行くのでラウンジでゆっくりできた試しがありません。ラウンジは正直必要ありません。荷物が早く出てこないのも待てます。優先パスポート審査がある空港は非常に少ないので関係ありません。優先保安検査レーンだけはEliteにも許可してほしいサービスです。

ということで、SkyTeamが世界共通で提供するプライオリティサービスはElite(シルバー)とElite Plus(ゴールド)で実質的に大差ないというのが私の結論です。従って、せっかく加入しているデルタ・アメックス ゴールドカード(年会費が税別26,000円と高いのと、年間150万円以上決済しないとステイタスが維持できない)を解約し、シルバー資格を得るためだけに加入しようと思っていたベトナムエアラインカード(VISA)もやめて、フライトでXPを獲得してフライングブルーのシルバー資格を維持しようと思います。
posted by fclife.tokyo at 15:42| Comment(0) | マイル・クレジットカード

2019年05月07日

想像以上に大活躍した LUMIX DMC-LX100

今回、旅のお供となったLUMIX DMC-LX100(中古)は後継機のLX100M2が出ているにもかかわらず、まったくの現役であることがわかりました。理由はこのf1.7の明るい神レンズでM2でも変更なく採用されています。またLUMIX DMC-LX100は2014年発売なのに一度もファームウェアアップデートがなく安定しているモデルと言えるでしょう。ほとんどの操作をファインダーを覗いたまま右手だけで可能、ONから撮影開始までも一瞬で待ち時間がありません。わずか10日あまりですが既に元を取った気分。RX100シリーズでちょっと足りないところに手が届きます。
59611085_2205719566175158_6855872869436489728_o.jpg
posted by fclife.tokyo at 19:00| Comment(0) | カメラ

2019年05月06日

2019 ゴールデンウィークの旅(ライプツィヒ ウィーン プラハ ブダペスト)

2019年ゴールディンウィークの旅は、音楽、ビール、トラムの旅でした。

ライプツィヒはバッハが晩年を過ごした街、メンデルスゾーンが活躍した街
leipzig.jpg

ウィーンは楽友協会、国立歌劇場を中心とした音楽の街
wien1.jpg

ベートーベンが英雄や田園を作曲したウィーン郊外
wien5.jpg

ウィーンの近くにこんなにぶどう畑があるとは知りませんでした。
wien6.jpg

ホーフブルク王宮に入っていく白馬の列に遭遇したのもよい想い出
wien4.jpg

プラハはとにかくウルケル!
praha2.jpg
praha3.jpg

ヴルダヴァ川(モルダウ)の眺めは最高です。
praha4.jpg

今回の旅のベストショットはプラハのトラム
praha1.jpg

ブダペストは本当に真珠のようにキラキラした美しい街
budpest1.jpg

budpest2.jpg

budpest3.jpg

駆け足でしたが、旧東ドイツ地域から中欧を家族全員で旅することができました。

posted by fclife.tokyo at 19:00| Comment(0) | 海外旅行

2019年05月05日

王宮礼拝堂日曜ミサ ウィーン少年合唱団

旅の最後のちょうど日曜日、ウィーン少年合唱団の歌声を聴きに日曜礼拝にやって来ました。

ホーフブルク王宮の中の礼拝堂で毎週日曜日に行われるミサにウィーン少年合唱団とウィーンフィルのメンバーが参加します。
59203914_2202483869832061_7010333143374757888_n.jpg

59589168_2202483969832051_4073128545784692736_n.jpg

メインはもちろんミサであって合唱ではありません。演奏は礼拝堂最上階の誰からも見えない場所で行われますが、ミサ終了後に少年合唱団が礼拝堂の土間に出てきてくれて顔を見せてくれました。
59700868_2202484009832047_8408249680013557760_n.jpg
posted by fclife.tokyo at 09:00| Comment(0) | 音楽

2019年05月03日

ウィーン国立歌劇場 Wiener Staatsoper バレエ『海賊』-LE CORSAIRE-

ブダペストからウィーンに戻り、バレエ「海賊」(1856 パリオペラ座初演)を鑑賞
59389848_2199866683427113_4247409969239949312_n.jpg

58926187_2199866720093776_6322893356720455680_n.jpg

58994522_2199866776760437_7019849206059761664_n.jpg

第一ソリストの橋本清香さんが準主役で出演され、見事な演技を披露されていました。
59705475_2199866823427099_2008416141713604608_n.jpg

ウィーン国立歌劇場管弦楽団の演奏も素晴らしかったです。
59138271_2199866866760428_2807961549820395520_n.jpg
posted by fclife.tokyo at 20:00| Comment(0) | 音楽

2019年05月02日

チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 ドヴォルザークホール

令和最初のコンサートはプラハにあるドヴォルザークホールでチェコ・フィルハーモニー管弦楽団
58691881_2196052943808487_550316590587969536_n.jpg

このホール、初めて来ましたが今まで来たホールのなかで一番美しいと思います。
59129499_2196053113808470_2985436964360028160_n.jpg

58784827_2196053210475127_7748227169280589824_n.jpg

58570630_2196053393808442_7784385515398103040_n.jpg

59617296_2196053287141786_5500129935232073728_n.jpg

演目は、
ドヴォルザークのスラブ舞曲
ヤナーチェクのラシュスコ舞曲
ブラームスのハンガリー舞曲
ボロディンの韃靼人の踊り、舞曲縛り(^^)
58818403_2196053480475100_6361936890068729856_n.jpg

素晴らしい演奏とホールでした。
posted by fclife.tokyo at 20:00| Comment(0) | 音楽