2019年12月29日

山中湖から道志村ドライブ

今日は久しぶりに「山道を走ってみよう」と思い立ち、山中湖までドライブ。
L1001651.jpg

ドライブ目的のドライブなんて何年ぶり?(笑)
あいにくの雲&半逆光でした。
L1001656-2.jpg

帰りは413号線で道志村に立ち寄り、ちょっとだけスナップ。
L1001661-2.jpg

L1001666.jpg

昔なら、消火栓の写真を撮っている人がいたら見て見ぬ振りをしました。いまは自分が撮っています。
L1001668.jpg

あちこちに雪が残っていました。
L1001671.jpg
posted by fclife.tokyo at 18:04| Comment(0) | オフ会・ツーリング

2019年12月28日

改造SOMKYの威力

固定鏡胴ズミクロンは最短1mまでしか被写体に寄ることができません。
L1001638.jpg

しかし、私が改造したSOMKYであればここまで寄ることができます(約40cm弱)。
L1001639.jpg

なお、SOMKYを付けた場合の最遠撮影距離に触れたサイトがあまりないのですが、これはSOMKYを付けない場合の最短撮影距離である1mと同じです。1m以遠にはピントが合いませんので用途は近接撮影に限られることになります。しかし、メガネ無しSOMKY+UOORFと固定鏡胴ズミクロンを持ち歩きさえすれば、ズミクロンのレンズ部分だけを取り外してSOMKY+UOORFに取り付ければ簡単に近接撮影ができますので、M10でDRズミクロンを使用するよりも使い勝手はかなり良いと言えます。
L1010480.jpg
posted by fclife.tokyo at 23:18| Comment(0) | カメラ

LEICA 50mmオールドレンズでテーブルフォトを撮る

SOMKY-M(SOMKY + UOORF)が今日ドイツから届いたので、LEICA 50mmオールドレンズでテーブルフォトを撮るための三つの方法を比較してみることにしました。
L1010460.jpg

まずADVOOはフィルターのようにねじ込むだけの虫眼鏡、一番簡単です。
L1010463.jpg

次に中華KIPON製接写リング、レンズとマウントの間に入れて8.1mm鏡胴をかさ上げします。
L1010466.jpg

そして最後がSOMKY、Summicron 50mmとElmar 50mmの両沈胴レンズ(MでもLでも可)をM型ライカに取り付ける接写用ヘリコイドです。また、UOORFを使うと固定鏡胴Summicronのレンズ部分をSOMKYに装着することもできます。
L1010467.jpg

まずは見た目対決(笑)
ADVOOはフィルターより少し厚みがあるだけで違和感ありません、ブルーのラインが新鮮です。
L1010462.jpg

中華KIPON製接写リングはデザイン的には使いたくありません。
L1010465.jpg

そしてSOMKYと沈胴ズミ。フリーになっているヘリコイド部分が前後に動くのと、絞りリングがとても回しにくくなります。
L1010474.jpg

それに対して固定ズミはレンズ部分だけを分離して使うので、とても軽くすっきりしています。変態的なメガネは別にして、見た目対決は固定ズミクロン+SOMKY+UOORFの勝ちです。
L1010471.jpg

さて肝心のテーブルフォトは撮れるのか?

ADVOO
L1001618.jpg

SOMKY
L1001629.jpg

両ライカ純正アクセサリーは結果的にほぼ同じくらいの最短撮影距離(45cm程度)になりました。

そして中華製KIPON接写リングは更に5cm以上近づくことができる印象です。
L1001620.jpg

お皿いっぱい撮れる中華製に軍配が上がってしまいましたが、デザイン的にはできれば使いたくありません。

なぜLEICAのアタッチメントが中華製より寄れないのか。
ADVOOは虫眼鏡なので別にして、SOMKYは距離計連動を考慮して繰り出し量に限界を設けてあるからです。

さてその距離計ですが、少なくとも私のM10では「メガネ」を通しても距離計でピントを合わせることはできません(二重像を合致させても実際にはピントが合っていない)。重いのに加えてピントも合わないならメガネを着けておく理由がありません。
L1010469.jpg

そこで、改造です(笑)
メガネを外すと同時に最大繰り出し量を増やす細工を施しました。

L1010488.jpg

L1010486.jpg

L1010487.jpg

中華製と同じくらい(40cm弱)まで寄れるようになりました。
L1001634.jpg

固定ズミクロン+メガネ無しSOMKY+UOORFで210グラム、沈胴ズミクロン+メガネ無しSOMKYで277グラム、メガネがないので持ち歩きもとても簡単そうです。
L1010482.jpg

L1010481.jpg
posted by fclife.tokyo at 18:43| Comment(0) | カメラ

2019年12月23日

ライカ 後ろ玉突出兄弟用リアキャップ

LEICA ELMARIT M 28mm 1stと、SUPER-ANGULON M 21mmは、後ろ玉が異様に飛び出している兄弟として有名です。

後ろ玉が突出しているので、リアキャップは他のMマウントレンズ用キャップと違って、とても深い特殊形状。キャップ自体がとても希少なことに加え、使っているうちに噛み合いが緩くなることでも知られています。

そこで、中華製ですが互換キャップを買ってみました。
L1010456.jpg

安い中華製ですが、金属製で見た目も作りもしっかりしていて、純正よりむしろしっかり嵌まります。
L1010457.jpg

ebayでブラックとシルバーが購入できます。
posted by fclife.tokyo at 20:12| Comment(0) | カメラ

2019年12月21日

911(991-1型)ステアリング修正〜エアバッグエラー消去 Creader6011

先日911のステアリングを自分で交換したのですが、センターが3度ほど右にズレてしまっていたので修正します。
20191220_123750.jpg

センターボルトは再利用不可ですが幸い予備あり。
20191220_124644.jpg

ズレを修正して元のボルトで仮固定し、試運転でセンターが出ていることを確認してから新しいボルトで本締めしました。
20191220_124034.jpg

しかしここで失態、私としたことがエアバッグ警告灯を点灯させてしまいました。そういえば前回はバッテリーの端子を外してから20分ほど放電を待ってエアバッグを外しましたが、今回は10分経っていなかったかも(^^;) ルノーなら原因が解消すれば警告灯は消えますが、VW系は原因が解消してもシステムでエラーを消去しないかぎり点灯し続けます。
L1010444.jpg

さてエアバッグ警告灯をどうやって消すか。車両テスターを持っているディーラーか修理店に出向けば消去できます。しかし私はこの車を中古で買ってからまだ一度もディーラーに行っていません。さすがに「はじめまして。自分でステアリング交換をしたときにエアバッグ警告灯を点灯させてしまったので消してください」では、これから長い付き合いになるディーラーに警戒されてしまいます。そこで、ポルシェセンターに払うエラー消し料金と同じくらいの費用で簡易テスターLaunch Creader6011(CR6011)を購入しました。
L1010429.jpg

L1010432.jpg

エアバッグ警告灯を消すには「SRS System」に対応したテスターが必要ですが、ネット上で安く売られている商品の大半は対応していないので要注意です。CR6011はSRSに対応するもののなかで最も入手しやすいと思います。
L1010431.jpg

L1010430.jpg

念のためCR6011のファームウェアとメーカー別データをすべて最新にアップデートします。まずこのページにアクセスし、左下の Update Toolsをダウンロードしてインストールします。
L1010433.jpg

インストールしたツールを立ち上げるとシリアル番号の入力を求められますので、CR6011背面に貼付されている番号を入力します。
L1010434.jpg

サーバへの登録が求められます。レジスターコードは、CR6011をUSBケーブルで電源に接続して立ち上げると、設定メニューの中で確認できます。
L1010435.jpg

登録が終わるとアップデートに移ります(このとき、CR6011に挿入されているMicroSDカードを付属のUSBリーダーに挿入してPCに接続します)。私は欲張ってすべてのアップデーターを選択したので、2時間ちょっと掛かってしまいました。自分が使うクルマのメーカーのみダウンロードすると時間が短縮できます。
L1010439-2.jpg

アップデートが完了したらSDカードをCR6011本体に戻し、USBケーブルで電源を供給して立ち上げます。ダウンロードしたアップデーターにより本体がアップデートされます。
L1010440.jpg

L1010441.jpg

一応日本語メニューもダウンロードしましたが、とても微妙なので英語の方がわかりやすいと思います。
L1010442.jpg

いざ、OBD2ポートに接続。イグニッションONでエンジンはOFFです。
L1010445.jpg

初期メニューからSCANを選択し、メーカーを選びます。
L1010454.jpg

次に車種を選びます。まだ992には対応していない模様。
L1010449.jpg

エアバッグを選択
L1010450.jpg

「エアバッグが外れているよ」というエラーが表示されました。
L1010451.jpg

エラーを消去します。
L1010452.jpg

エンジンを掛けてエアバッグ警告灯の消灯を確認
L1010455.jpg

CANになって以降のほぼすべてのメーカー・車種に対応しています(^^)
posted by fclife.tokyo at 17:38| Comment(0) | PORSCHE 911

2019年12月20日

カメラバッグ Oberwerth Wetzlar

欧米ではライカストアで販売されているOberwerthのカメラバッグ。Leica Q用に小型の"Frankfurt"というモデルを持っており、M型でも十分使えますが、交換レンズや身の回りの品が増えると入りきらないことがあるので、兄貴分の"Wetzlar"を購入しました。
79538955_2650616328352144_4957430640942252032_n.jpg

メーカー欠品で輸入元も欠品なのでニュルンベルクのライカストアで購入。価格交渉したら正規輸入価格の60%ほどになりました。
80792475_2650616391685471_8749489268381974528_n.jpg

"Wetzlar"は"Frankfurt"と違ってポケットが多く(フロント2、サイド2、リア1、内部2)、インナーケース方式になっています。
79499318_2650616148352162_424719407411888128_n.jpg

80729182_2650616095018834_2828708672811565056_n.jpg

79015814_2650616268352150_2846821194143891456_n.jpg

試しに詰め込んでみたところ、フード付きSummicron50mmを装着したM10-Pと、135mm、90mm、テレ90mm、50mm、35mm、35mmの計6本の交換レンズを飲み込みました。
81111663_2650616218352155_4801944986511736832_n.jpg

望遠がなければ8本いけそうです。こんなに持ち歩くことはありませんが(笑)
79680125_2650616438352133_3474192302635745280_n.jpg
posted by fclife.tokyo at 21:48| Comment(0) | カメラ

2019年12月15日

カメラ散歩(近所)

今日もカメラを持ってご近所散歩。暖かい12月で、暮れのような感じがしません。Elmarit 28mm f/2.8 1stとTele-Elmar 135mm f/4 1stを持ち出しました。

Elmarit 28mm f/2.8 1st 逆光でもそこそこいけます。
L1001502.jpg

L1001505-2.jpg

Elmarit 28mm f/2.8 1st パリッパリに解像します。
L1001518.jpg

Elmarit 28mm f/2.8 1st 金属の質感がたまりません。
L1001607.jpg

Elmarit 28mm f/2.8 1st のどか
L1001551.jpg

Tele-Elmar 135mm f/4 1st やはりピントには少々苦労します
L1001565-2.jpg

Tele-Elmar 135mm f/4 1st 遠くから
L1001567-2.jpg

Elmarit 28mm f/2.8 1stですが、やはりM10-Pの取説での注意書きに反してライブビューモードでなくてもAE撮影100%可能でした。また後ろ玉が極端にセンサーに近い広角レンズなのにマゼンタかぶりは発生しません。ボディに取り付けたときのバランスも良く、28mmの常用レンズとしてM10で普通に使用可能です。
posted by fclife.tokyo at 17:42| Comment(0) | カメラ

2019年12月14日

タンバール散歩

今日はタンバールを連れてカメラ散歩
L1001383.jpg

・ソフトフォーカスレンズでもピントはばっちり合わせないとダメ
・戦前のノンコートレンズなのでカラーの発色は淡く逆光はダメ
・後ろボケがガチャガチャになるケースがありその条件がわからない(基本的に前ボケ構図が吉)
・開放だとソフトすぎるケースが多く1〜2段絞った方がよい

なかなかの難敵です。

L1001382.jpg

L1001394.jpg

L1001400-2.jpg

L1001405.jpg

L1001460.jpg

L1001484.jpg

L1001486.jpg

L1001496.jpg
posted by fclife.tokyo at 17:46| Comment(0) | カメラ

1975年製 LEICA TELE-ELMAR 135mm f4.0

今回のレンズ爆買い最終バッターとなったのは、M型最長焦点距離の135mmテレエルマーです。
L1010414.jpg

来たる東京オリンピックのために買いました(笑) といってもたった135mmですが。

本体はレンズ部分とヘリコイド部分に分かれ、それぞれに同じ製造番号がふってあります(これが合っていないとピントが合わなかったりするらしい)。
L1010409.jpg

L1010415.jpg

L1010411.jpg

また、レンズ部分には組み立て調整した職人さんの落書きらしきものが見られ、手作りを感じられます。
L1010413.jpg

L1010412.jpg

フードは90mmと共通のIUFOO、これを着けると変態的に長くなりますが、不思議と持ちにくさはなく普通に撮影できます。
L1010417.jpg

ライカの135mmは中古市場で人気がありませんが(このレンズもすべての手持ちレンズの中で極端に安い)、その作りは他の焦点距離と変わることはないので、とても満足感が高いと思います。

ELMARIT 28mmとTELE-ELMAR 135mmの画角を比較してみました。

28mm
L1001354.jpg

135mm(逆光)
L1001378.jpg

これくらい違うとオリンピックでも活躍してくれそうです。
テレエルマーはf/4からf/11まで比較撮影してみましたが、絞っても画質の変化がなさそうなので、明るければ絞り、暗ければ開放でOKだと思います。
posted by fclife.tokyo at 12:47| Comment(0) | カメラ

2019年12月13日

1936年製 LEICA THAMBAR 90mm f/2.2

イタリアはモデナ在住のコレクター、メディチさんからタンバールが届きました。
L1010401.jpg

外観は83年の年月を感じさせますが良い状態を保っており、特にレンズ群はどれも驚くほどクリアです。
L1010408.jpg

オリジナルのレンズフード
L1010403.jpg

ソフト効果フィルターも完備
L1010402.jpg

タンバールはいわゆるソフトフォーカスレンズで、わざとレンズ収差を残し、被写体をふわっと描写するライカ唯一のレンズです。さっそく我が家の熊を撮影してみました。

最短撮影距離1m付近から、開放f/2.2でフィルター無し
L1001367.jpg

同じくフィルター有り
L1001373.jpg

絞りf/6.3。絞ると普通の90mmとして使えますね。
L1001369.jpg

ポートレート用途主体のレンズですが、私は外に持ち出して色んなものを撮ってみたいと思います。HEKTOR 28mm f/6.3 1937年を上回り、我が家で一番古いレンズになりました。
posted by fclife.tokyo at 22:57| Comment(0) | カメラ

2019年12月12日

1969年製 ELMARIT 28mm f2.8 1st

M10-Pの取扱説明書において「ライブビューモードでのみ測光できるレンズ」に分類されているエルマリートM 28mm f/2.8がニューヨーク近郊からやってきました。
L1010391.jpg

ELMARIT 28mmは製造番号2314921までが初代、2314922からはまったく同じ鏡胴のまま第2世代初期になるので要注意。今回手に入れたものは2314874なので初代の最後期です。
L1010393.jpg

初代の特徴はスーパーアンギュロンと同じく後ろ玉の極端な飛び出しで、第2世代初期は鏡胴は同じでも後ろ玉が飛び出していません。
L1010392.jpg

届いたレンズは驚くほどキレイなまさにミントコンディション。無限遠は例のパチッという音で一杯飲めるタイプです。
L1010394.jpg

L1010395.jpg

L1010396.jpg

もう日が落ちていましたが早速ベランダから試写。試しにLVを起動せず撮影してみましたが、あっさり測光できてしまってびっくり、そしてマゼンタ被りがまったく出ません。
L1001354.jpg

特段手ぶれ等に注意を払って撮影していませんが、遠くの橋のコンクリートの質感をしっかり解像していて驚きました。ちょっとやばいレンズを手に入れたような気がします。
L1001354-2.jpg

M10-Pで「ライブビューモードでのみ測光可能なレンズ」兄弟であるエルマリートM 28 f/2.8とスーパーアンギュロンM 21 f3.4を並べてみました。
L1010397.jpg

両者は後ろ玉の出っ張りがそっくりでフードも共用です。
L1010399.jpg

フードは 12501と12501M。MありとMなしで何が違うのかよく見比べてみましたがロゴ等の印字位置が違うだけでした。
L1010398.jpg

スーパーアンギュロンは取説通りLVモードでしか測光できず、広角ならではのマゼンタ被りが深刻です。兄弟レンズでもかなり違いますね。

M10-Pの取扱説明書抜粋
無題.jpg
posted by fclife.tokyo at 18:23| Comment(2) | カメラ

シュペールサンク クラッチ交換

ひと月ぶりに赤サンクが帰ってきました。
20191212_105720.jpg

主な整備はクラッチ交換でしたが、どうせエンジンを降ろすならと、マウントを含む様々な消耗部品を一気に交換。
L1010387.jpg

擦り切れていたペダルラバーも新品になっていました。
20191212_110258.jpg

すべての整備メニューは工場長におまかせ(^^)
L1010388.jpg

新たな要整備箇所が3ヶ所増えましたが、それも追々実施します。クラッチは軽く、節度あるものになり、マウントやスタビブッシュが新品になったせいで緩かったサンクがビシッとしてしまった感がありますが、またそのうち緩くなってくるでしょう。走行39017マイル。

シュペールサンクが帰ってきたので、先日知り合いの方からもらったキーホルダーを装着(^^)

L1010390.jpg
posted by fclife.tokyo at 13:59| Comment(0) | RENAULT SUPER 5

2019年12月09日

【Arte di mano】 Leica M10/M10-P half case with Battery Access Door

M10/M10-Pのライカ純正ケースは、底蓋の上から嵌めるタイプでバッテリーアクセスが悪い(&無駄な背面液晶カバーも付属する)ので、しばらく裸で運用していました。しかし、リストストラップだけ着けてカメラを握って移動することが多い私としては、ケースに入れた方が指掛かりができて持ち運びやすいと考え、物色を開始。

要件は、
・ケースを外さなくてもバッテリーにアクセスできる
・純正サムレストが装着できる
・カメラの肩の部分でホック留めは見栄えが悪いので不可
・背面液晶カバー固定用のホックなどの突起物が付いているものは不可
・ブラッククロームM10-Pのボディに対してステルス的に目立たない革と色が選べる

私が探した限り、上記要件に合うものは、おとなり韓国の Arte di mano Leica M10/M10-P half case with Battery Access Door しかありませんでした。

2019年11月13日に発注し、1ヶ月弱の本日到着、まずはカメラに装着する前に観察します。

荷姿です。
L1010366.jpg

目立たないという要件に適した、大きなシボも型押しもない革「Buttero(ブッテーロ)」のブラックにブラックステッチ(標準は生成りステッチ)にしました。
L1010369-2.jpg

バッテリーアクセス部分が良くできています。引っ掛かりを指の腹で軽く引っ張ると蓋が開きます。
L1010371.jpg

閉めるときはマグネットで静かにパチンと閉まります。
L1010372.jpg

三脚ネジ穴がついた固定ネジを装着するために少し厚底になっています。
L1010370.jpg

カメラに装着するには裏蓋を外し、付属の専用ネジで三脚穴に留めます。ネジ底部に三脚穴が切ってあるので、ケースに入れたまま三脚使用可能です。
L1010373.jpg

もちろん裏蓋を外して装着してもこのエラーはでません。
L1010378.jpg

いざ装着。芯革でグリップが作ってありますが、デザイン的にはないほうがすっきりすると思います。実用的にはあった方が持ちやすいはずです。
L1010374.jpg

革の厚さやフィット具合は申し分ありません。
L1010375.jpg

遠目には装着していることがわからず、とても良いです。
L1010376.jpg

背面液晶カバーはオプションで用意されていますが、私はLVを多用するので必要なし。アジャスティグマ(視度補正ファインダーアタッチメント)との干渉もありません。純正サムレストも装着できます。
L1010377.jpg

さて、肝心のバッテリーアクセスは
L1010381.jpg

完璧です。
L1010379.jpg

実は、同じ Butteroを使って Comodo F/L(Full Lining) hand strap for RF も作ったのですが、私には少々ゴツかったので却下して、ライカ純正ストラップを着けています。
L1010383.jpg

そして、ごくたまにネックストラップを装着するときには、リストストラップを外さずに装着できるよう、ナスカン NA-102-S-12という金具を使ってこんな感じで装着しています。
L1010380.jpg

Arte di mano は最近何かと仲の悪いおとなり韓国のブランドではありますが、殊このM10/M10-P用ケースについては、なかなか他社のケースにないポイントを突いてきていると思います。発注の際、大量の革の種類と色柄の中から自分好みを選び出す作業はとても大変ですが、それもまた一興でしょう。革の切断面(コバ)が手塗りなので剥げてくるでしょうが、革がどんなエイジングをするか今から楽しみです。
 
posted by fclife.tokyo at 16:25| Comment(0) | カメラ

2019年12月08日

カメラ散歩(都立桜ヶ丘公園)

昨日とは打って変わって穏やかな日曜日、近所をカメラ散歩してきました。

M10-P LEICA SUMMICRON 50mm f2 1st Rigid 後期
L1001261-2.jpg

M10-P MS-Optics Apoqualia-G 35mm f1.4 F.MC
L1001283-2.jpg

とても仲良くバドミントンを楽しむご家族の様子を木の陰からさりげなく。暖かい空気があふれていました。
M10-P MS-Optics Apoqualia-G 35mm f1.4 F.MC
L1001288-2.jpg

M10-P MS-Optics Apoqualia-G 35mm f1.4 F.MC
L1001291-2.jpg

M10-P MS-Optics Apoqualia-G 35mm f1.4 F.MC
L1001300-2.jpg

遠くにお父さんと小さなお嬢さんが見えたので、昔の自分を見るようで、思わずテレエルマリートで引き寄せました。
M10-P LEICA TELE-ELMARIT 90mm f2.8 1st Chrome
L1001310-2.jpg

今の冬は昔の晩秋くらいでしょうか。
M10-P MS-OPTICS APOQUALIA-G 28mm f2 ULTRA THIN
L1001326-2.jpg

M10-P MS-OPTICS APOQUALIA-G 28mm f2 ULTRA THIN
L1001341-2.jpg
posted by fclife.tokyo at 16:21| Comment(0) | カメラ

2019年12月05日

Adjustigma(アジャスティグマ)

カメラにメガネを着けました(^^)

先日、メガネ21早稲田店さんで、カメラのファインダーを裸眼で覗けるようにフレームごとポップアップするメガネを二本作りました。

Fit-UPTII
L1010330.jpg

Fit-UPTE
L1010331.jpg

しかし、裸眼でファインダーを覗いても目が悪いので当然ながら何も見えません。そこでファインダー側にメガネを着けてやろうという逆転の発想、東京都あきる野市にある「メガネのソムリエ・オプトオオノ」さんのアジャスティグマ(特許)導入です。
L1010363.jpg

カメラによっては視度補正機能があったり、メーカーが視度補正レンズを用意していたりしますが、アジャスティグマがすごいのは、自分の視力にあった補正がピンポイントでできること、何より乱視の補正ができることです。メガネでできる補正はすべてアジャスティグマでもできます。私の右目は近視-5.75の乱視-1.50です。このデータをお送りしてジャストな補正レンズを組み込んだアジャスティグマを作製していただきました。オーダーメイドで納期約40日です。
L1010362.jpg

アジャスティグマは使い始める前に乱視の軸角度を決める必要があります。まず、アジャスティグマをしっかりとファインダーにねじ込みます。私のM10-Pの場合、ちょうどロゴとロゴの間のネジが上面中央に来ました。
L1010361.jpg

アジャスティグマを付け外しする場合は毎回この位置で固定する必要があるので(乱視軸を一定にするため)ネジはとても良い目印になります。次にアイピース部を外して乱視レンズを一番見えやすい角度に調整して固定します。写真の黄色の目印は私が付けたもので、一目盛り10度ですから私の乱視軸は30度弱になります。
L1010353.jpg

乱視軸が固定できたらアイピースを戻して完成。できあがったアジャスティグマを覗くと、そこにはメガネ越しでは実現しなかったとてもクリアな視界がありました。
79011017_1835754629902840_6651707145140043776_o.jpg

信じられないくらい見やすいです。今までなんだったんだと。まったく比べものにならないほどピント合わせがしやすくなりました。また、背面液晶はメガネだと老眼で遠くに離さないと見えませんが、裸眼であれば近くで見ることができ、一挙両得です。
L1001236.jpg

さて、勘の良い方ならお気づきかも知れませんが、このまま縦構図で撮影すると乱視軸が90度ズレてしまいます。しかしこのアジャスティグマは90度ごとにクリックを伴って回転させることができます。従って縦構図のときにはアジャスティグマを90度回せば乱視軸はピッタリ合うのです。回転位置は白い指標で一目瞭然です。本当に良く考えられています。

アジャスティグマの導入によって、ファインダーで二重像を合わせるのがとても楽しくなりました。大野さん、本当にありがとうございました。感動です。
posted by fclife.tokyo at 23:00| Comment(0) | カメラ

ワレリー・ゲルギエフ マリインスキー歌劇場管弦楽団

今期最後のコンサートは、ゲルギエフのマリインスキー歌劇場。チャイコフスキーの悲愴で今年を締めくくります。
78202879_2617009708379473_3037048379470249984_o.jpg

ワレリー・ゲルギエフは爪楊枝のような短い指揮棒を人差し指と親指でつまみ、両手の指を使ってオーケストラ全体をビブラートさせるような特徴的な指揮が有名ですが(我が家ではそれを真似するのが流行っています)、さらに「息」を使って指揮をしていることがわかりました。チャイコフスキー交響曲6番「悲愴」で、スー、ハー、と客席にも息の音が聞こえます。もしライブ録音でもやっていようものならNGですが、それだけ熱が入っているということで、ステージと観客が一体になって興奮する感覚を味わうことができました。第3楽章の有名な行進の部分をロシアオケがやるといつも背中がゾクゾクします。ドイツのうまいオケがやると外人が演歌を唱っているような感じがするのですが、マリインスキー歌劇場とサンクトペテルブルク管弦楽団だけは違います。年末を素晴らしいロシアオケの公演で締めくくることができました。
posted by fclife.tokyo at 22:00| Comment(0) | 音楽

KED-60 Hakuba防湿庫

今までHakubaのKED-25という一番小さな防湿庫を使っていたのですが
20190603_175340.jpg

この度、ミドルクラスのKED-60に買い替えました。マウントやメーカーごとにプラスチックのカゴを使って分類しています(アイリスオーヤマ BOXコンテナ B-1.5 クリア)。
L1010360.jpg

まだまだ入りそうです(^^)
posted by fclife.tokyo at 17:00| Comment(0) | カメラ

2019年12月03日

2016年製 MS-Optics Apoqualia-G 35mm f/1.4 F.MC

今回、入手に最も苦労したのがこのレンズです。
L1010343.jpg

2016年に500本しか製作されず(うちブラックは200本)、とても評価が高く手放す方がとても少ないのです。
L1010345.jpg

千葉県船橋市の宮崎さんが製作されたレンズですが、何とイタリアはローマで捕獲しました(笑) ほぼ未使用の極上品です。標的はLEICA SUMMILUX 1stですが、こちらはわずか90グラム。
L1010347.jpg

マウント面からの飛び出しも23mmしかありません。
L1010348.jpg

ラッパ型のレンズフードも味があって、実際に手にすると誰も手放さないのがわかります。
L1010344.jpg

ひと月ほど前に手に入れたMapCamera × MS-Optics REIROAL M 35mm f/1.4とは外装は違えど中身は同じ兄弟レンズ、今回手に入れた本家本元が一生手に入らないかもと思って買っておいたのですが、そちらはヤフオクに出したら一瞬で売れてしまいました(^^)

開放f/1.4で撮影したときの中心だけ解像して周辺がベールに包まれ減光していく様がたまりません。
L1001247.jpg

f/5.6まで絞ると普通に全体が解像します。
L1001248.jpg

コンパクトさといい写りといい、なかなか使い出がありそうです。

上の二枚は最短撮影距離の55cmくらいからライブビューでピント合わせをしていますが、このレンズは距離計連動が85cm以遠なので、90cm程度から開放f/1.4でレンジファインダーでピント合わせをしてみました。
L1001249.jpg

二重像の合致でキチンとピントがでています。
L1001249 (1).jpg

個体差があると聞いていましたが、この個体は当たりのようです。ちなみに兄弟レンズのマップカメラバージョンは完全にズレていました。ヤフオクの落札者の方は何も言って来ませんが、おそらくα7Vなどのミラーレスでお使いなんだと思います(笑)
posted by fclife.tokyo at 12:33| Comment(0) | カメラ

レンジファインダー考:M型派生ミラーレスモデルに期待

レンジファインダーによる正確で素早いピント合わせ、なんていう表現をライカ関連ムックなどで見かけますが、素早いは合っていますが、正確はボディとレンズが一対一で調整されている場合に限りますね。ライカ純正新品レンズとM10-Pの組み合わせだとあまり意識しなかったのですが、中古レンズや社外レンズを色んな種類試すと、レンジファインダーで二重像が重なっても撮影した写真はピントが外れているなんてことが結構あります(下手で外しているのもあるが、笑)。考えてみたら、バラバラに買うすべてのレンズと私のMボディの距離計が合っているわけがないのです。EVFを使うとこの問題は解決するのですが、あのでっかい外付けEVFをつけると一気に嵩ばるのと、第一美しくありません。
そこで、生粋のライカファンには怒られそうですが、いま噂されているEVF内蔵(距離計非搭載)のM型派生ミラーレスに大いに期待しています。ネイティブのMマウント、高精細有機ELファインダー、受光素子は今と同じくらいの画素数、ボディデザインはM型ライカの文法を踏襲、何なら背面液晶を省略して小型・軽量化してもらっても構いません。
従来のM型と、EVFのみのM型派生ミラーレスを使い分けるなんて理想的だと思いますが、いかがでしょうか。
posted by fclife.tokyo at 00:35| Comment(0) | カメラ

2019年12月02日

1961年製 SUMMICRON 50mm f2 固定胴鏡 後期 Mマウント

私のレンズ集めもそろそろ終盤です。

SUMMICRON 50mm f2は沈胴のスクリューマウントを持っていますが、同じレンズ構成でライツレンズの伝説にもなっている固定胴鏡をどうしても持っておきたい、しかも人気のある後期、しかも上物ともなるとなかなか出てきません。
L1010340.jpg

見つけたら販売済みを繰り返し、海外オークションでも想定外の高騰で敗北するなど、入手までかなり時間を要しました。最終的には灯台下暗しで新宿で手に入れたのですが(笑)

この時代のフードはIROOA
L1010334.jpg

使わないときは逆付けしてフードキャップを被すととてもコンパクトです。
L1010335.jpg

このフードキャップ14040は今でも新品で入手可能です。
L1010338.jpg

念願が叶いました。やはり沈胴より固定の方が使いやすいです。
L1010333.jpg

f5.6で撮影してみました。
L1001242.jpg

顔部分をクロップ。今どきのレンズとしては普通の解像ですが、これは1961年のレンズです。
L1001242-2.jpg

長い相棒になりそうです。
posted by fclife.tokyo at 22:21| Comment(0) | カメラ