2019年04月27日

ブルノ国立フィルハーモニー管弦楽団 楽友協会大ホール

ウィーンフィルの定期演奏会に引き続き、夜の部はチェコ国立ブルーノ交響楽団の楽友協会公演で再び黄金の間
59295074_2191129854300796_8259457087868764160_n.jpg

今度は一番ステージに近い二席(Parterre-Loge Links 1列1番2版)すぐ隣が第一バイオリンです。
59295860_2188541321226316_118088579615293440_n.jpg

ブルノ国立フィルハーモニー管弦楽団
指揮:Dennis Russell Davies
バスバリトン:Martin Achrainer
ピアノ:Maki Namekawa
<プログラム>
F・シューベルト / H・ヴィンベック:嵐の人生
A・ドヴォルザーク:交響曲第1番ハ短調 op. 3「ズロニツェの鐘」

独在住の滑川真希さんのピアノがすばらしかったです。
posted by fclife.tokyo at 20:00| Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。