2009年11月22日

EOSフロントグリル下部マットブラック化

 
私のEOSのフロントグリルは、2.0T標準→V6グリル2.0T標準グリルにin-proクローム貼付V6グリルのマットシルバー塗装と変遷しています。今回は、今年本国で売り出されたGT SPORTなる企画車のグリルを参考に、ロウアーグリルのブラック化を行いました。

作業前
eosblackgrill00.JPG

GT SPORTでは、ロウアーグリルのデコラティブフレームがクロームからマットブラックへ、フォグライト部分のグリルカバーがボディ同色から艶有りブラック塗装に変更されています。
gtsport01.jpggtsport02.jpggtsport03.jpg

さて、作業開始。まずはフロントバンパーを降ろします。ヘッドライトの交換や、グリルモディファイで何度か降ろしていますから、作業は滞りなく進みます。アッパーグリルを4本のビスで外したあと、ホイールアーチ内両側で8本、バンパー下部に7本、上部に4本の計19本のビスと、左右フェンダー内にあるスライドロックレバーを外します。フォグライトのハーネスや、ヘッドライトウォッシャーの配管に注意。バンパーが外れたら、裏側からロウアーグリルのツメをリリースして前に引き抜きます。ツメがたくさんあるので、バンパーを外さずに表側から抜くのは無理だと思います。
eosblackgrill01.JPGeosblackgrill02.JPG

次に、フォグライト部分のグリルカバーを外すのですが、裏側からツメをリリースするのが非常に難しいです。かなり硬いですが、前から引っ張った方が簡単かも知れません。恐らくツメを1個も破損せずに外すのは至難の業。再び使用しない場合は思い切って引っ張ればOKです。ロウアーグリルの下部に装着されているデコラティブフレーム(マットシルバー塗装)も外します。このデコラティブフレームも、たくさんのツメでロウアーグリルに固定されているので、バンパーにロウアーグリルをはめたままで前から取り外すのは無理だと思います(リペアマニュアルにもそのように記載されています)。
eosblackgrill03.JPGeosblackgrill04.JPGeosblackgrill05.JPGeosblackgrill06.JPG

maniacsさんから届いた、フォグライト部分のグリルカバー左右とデコラティブフレームです。GT SPORTでは、先述のように、フォグライト部分のグリルカバーが艶有りブラック塗装、デコラティブフレームがマットブラックなのですが、私の場合、テカテカ光るのがイヤなので、両方ともマットブラックで塗装して頂きました。
eosblackgrill07.JPGeosblackgrill08.JPGeosblackgrill09.JPGeosblackgrill10.JPG

いつものように、クリスタルガード・プロを乾式施工してから、各パーツをバンパーへ嵌め込みました。当たり前ですが、外すのと違って、はめるのは非常に簡単です。
eosblackgrill11.JPGeosblackgrill12.JPGeosblackgrill13.JPG

完成です。
eosblackgrill14.JPGeosblackgrill15.JPGeosblackgrill16.JPG

比較写真
eosblackgrill17.JPG

よく見ないとわかりませんかね(笑) ちょっとスッキリした顔になったと思います。いじった感がないので、自分なりに満足度大きいです。
posted by fclife.tokyo at 16:47| Comment(10) | VW Eos
この記事へのコメント
素敵です。
顔が締まった感じになりますね。
今日は寒かったので、美味しいもので温まって下さい。
Posted by rompapa at 2009年11月22日 20:47
実は私のEOSのフォグライトグリルカバーもブラック化してます。


…嘘です。単に元々ボディカラーが黒なだけです(^^;)。
Posted by kaishi at 2009年11月22日 22:17
フォグライト部分のグリルカバーは、以前のオフ会で、例えばシルバー(レッド)とブラックの車体のパーツをお互いに交換しあおうかと、冗談で話したことがあります?!
Posted by CESAR at 2009年11月22日 23:53
今日は暗く寒い日でしたが、予報よりも雨が降らなくて、快調に作業できました。午後からはゴロゴロしながら、大学野球vsプロ野球U26を見て、夜は鍋を突いて一杯やりました。

このモディファイは塗装色が黒の車には全く無意味ですね(笑)脱クロームワッペングリルな方がいらっしゃれば参考になるかと思います。

グリルカバーをツメ無傷で取り外すのは相当難しいので、交換は危険ですね(笑) この部分は、プライマー(塗装下地)状態でのパーツ供給なので、塗るのは簡単です。ですが、デコラティブフレームのほうは、GT SPORTのマットブラック版がETKAでどうしても見つからず、今回もクロームメッキの新品を取って、その上からマットブラック塗装してもらいました。メッキの上からの塗装は剥げやすいので、その点が気がかりです。
Posted by 永尾 at 2009年11月23日 00:16
ワッペンなしブラックグリルでルーフの一部もブラックにしてホイートベージューナイト仕様なんてカッコイイんじゃ?
ピットの前を通ったけど気がつきませんでした。
テント張って子供達が大勢で何か催しやってましたネ。
Posted by panF at 2009年11月23日 08:22
昨日は催し物があったようで、今日に変更して正解でした。
私は見た目やんちゃ仕様がダメなので、目立たぬよう目立たぬようにドレスダウンしています(笑)
Posted by 永尾 at 2009年11月23日 11:54
顔が締まって見えますね!

カッコイイです!!
Posted by Grgo at 2009年11月23日 18:33
ありがとうございます!
自分では、これでもちょっと艶があるので、もうちょっと樹脂のマットさに似せた方が良かったなと少し後悔。というのも、maniacsさんに塗装をお願いしたときに、1.樹脂のチタンブラックに似せたツヤ消しブラック塗装 2.更に樹脂のザラザラ感まで表現したツヤ消しブラック塗装 の2種類から選択をしなければならなかったのですが、樹脂のザラザラ感を表現した2.の方は、1.に比べて傷つきやすいということだったので、1.のフラットな塗装を選びました。
Posted by 永尾 at 2009年11月23日 19:02
コメントが遅いですが^^;

コレ、絶対に下が黒色の方が絞まって見えてカッコ良いです(> <)bこういうのが個性に繋がっていくんですよねっ♪

PS
少しEosで教えて欲しい事が有るんですが・・・
自分、Eosをあまりマジマジ見た事が無かったんですが、先日ディーラーで見たEosのポジション球?にはキラキラしたバルブが使用されていました。あれって初期Eosからキラキラのバルブだったんですか?光ると白いんですか???
Posted by ポン太ちん at 2009年11月27日 22:46
ポン太ちんさん、ご無沙汰しております。そしてありがとうございます!

EOSのポジション球は虹色にピカピカしていますが(初期モデルから)、光ると普通の白黄色です。白ではありません。なのでこの部分を白いのに交換する人が多いようですよ。私は、ありとあらゆる部分を弄くりたいほうなのですが、なぜか灯火類にだけは全く興味がなく、リアをチェリーレッドテールレンズにしたのと、ヘッドライトを左側通行用にしたことくらいです。あとはノータッチです。
Posted by 永尾 at 2009年11月28日 00:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。