2007年07月08日

純正アルミペダル&ジャケットハンガー到着

 
4月23日にマニアックスさんに問い合わせをして以来2ヶ月半、ようやく左ハンドル6MT用アルミペダルセットと助手席のヘッドレストに装着するジャケットハンガーが到着しました。

hunger_alupedal.JPG

日本ではアルミペダルが標準なので、すっかり本国仕様も2.0TにはアルミABCペダルがついてくるものと思いこんでいましたが(本国カタログには当たり前のように写真に写っているため)黒ペダルで納車された私のEOS。使用上何の問題もありませんが、ちょっと寂しいということでマニアックスさんにスペシャルオーダーで発注。ゴルフGTIの左ハンドル6MT車と全く同じ部品のようです。

やはり純正品だけあって質感は上々。ブレーキとクラッチは標準の樹脂ペダルを外して嵌め込むだけの簡単装着ですが、アクセルはオルガンペダルのユニットごと交換となります。これで3点セット21,000円は安い!!

alupedal1.JPGalupedal2.JPGalupedal3.JPGalupedal4.JPG

早速いつもお世話になっているフキデオートサービスさんに電話して、その日のうちに取り付けて頂きました(不精者なので。。。)。取付時間は約20分。工賃は約5千円。完成の図です。一応以前の図も。

alupedal_installed1.JPGalupedal_installed2.JPGdriverseat7.JPG

ん〜格好いい!!と自己満足。そして踏み心地も微妙に変化。何となく重厚感があるような。しかしクラッチの左にある巨大なフットレストだけが取り残されたような。。。この部分のアルミフットレストは黒内装のものはゴルフGTI用として取れるようなのですが、ベージュ内装のものは用意がナシ。まあしょうがないですね。

もう1個のハンガーですが、これは夏には私の場合必要がないので装着はお預けです。部品の箱にはしっかりと日本語表示もありますが、日本ではオプションとして用意されていません。一応開梱写真のみアップしておきます。5,775円也。

hunger1.JPGhunger2.JPG

さて、今日から私のEOSは前後スピーカーをa/d/sに換装するために入院しました。ショップの方からは「アルパインのAVナビ(45W×4)でa/d/sのスピーカーがまともに鳴るのか不安です」と言われてしまいましたが、まあ、もしまともに鳴らなかったら鳴らなかった時のこと。1週間後の完成予定です。
posted by fclife.tokyo at 18:05| Comment(17) | VW Eos
この記事へのコメント
45W×4とか50W×4で鳴らないと・・・アンプ追加ですか?
私もちょっとそれを心配しています
アルパインはボリューム大きめに調整しているようなので、多分大丈夫のような気がしますが・・・

ハンガーどうしようかな〜と悩んでいます
Posted by Sinna at 2007年07月09日 16:48
私自身としては鳴らないことはないと高をくくっております。

ただ純正スピーカーの最適ボリュームが私のアルパインナビで4〜5だったのが、エーモンのトレードインボックス(口径77ミリ)に交換した途端に10〜15に恐ろしくUPしたことを考えると鳴らない可能性もなきにしもあらず。

その場合のシート下にはいるような外部アンプ(荷室は嫌なので)ですが、今のところALTO mobile http://www.j-voxx.com/alto2.html というメーカーのADP304(定格75wx4)かADP204(定格50wx4)なら229x175x37(mm)で助手席シート下に何とかはいるかなと(実際に測って調べていないので推測)。アルパインナビの45wx4は定格ではなく最大出力みたいなので、これらのDクラスアンプでもナビ内蔵アンプよりはだいぶパワーアップできます。
Posted by 永尾 at 2007年07月10日 08:59
結果が楽しみですねぇ
私もならなかった場合に、アンプ追加ですね
コストもさることながら、
スペースの問題が頭痛いですね
トランク小さいし・・・
アンプル類はヤフオクとか結構出てますから、
安くそろえることは出来そうですが・・・
Posted by Sinna at 2007年07月10日 09:45
今のところ、このALTO mobileよりも小さな4chアンプは見つかっていません。特に厚み37ミリというのがEOSの床下にとってはありがたいです。シートのケーブル(シートヒータ用?パワーシート用?)が座面下にぶら下がっていまして、このケーブルがシートをスライドさせると一緒に動くので厚み方向に余裕がないのです。この37ミリは、今実際に運転席下に装着しているアルパインの地デジチューナーの36ミリに匹敵する薄さなので、まず大丈夫です。高性能よりは高効率をうたっているアンプですが。
Posted by 永尾 at 2007年07月10日 09:58
高効率→スペース効率なわけですね
シートヒータ用のケーブルですか、
曲者のようですね

TunerBoxとかはどの辺に置かれてますか?
Posted by Sinna at 2007年07月11日 09:35
地デジチューナーは運転席(日本仕様では助手席)のシート下に設置しています。EOSには後席用のヒーターダクトがフロントシート下に引かれており、シート下のスペースを思いっきり前後に分断しています。ダクトより後ろのスペースは狭いのと後席の足入れ性を考慮すると使えません。使えるのはダクトより前よりのスペースのみです。地デジチューナーはこのシート下のダクトより前のスペースに設置しています。こんどEOSが戻ってきたら実寸してみます。
Posted by 永尾 at 2007年07月11日 11:02
お手数かけます。お願いします
なにしろ実車がないモンで(笑)
Posted by Sinna at 2007年07月11日 13:52
テクニカルショップゴトウさんからEOSスピーカー交換が完了したとの連絡が来ました。明日取りに行ってきます。

後藤社長曰く、

・リアスピーカーは結構取付ギリギリだったとのこと。ネットワークは内張内部に固定し、ツイーターレベルは最小(-3db)で設定。
・フロントスピーカーはツイーターを純正MID部に固定し、レベルは標準で設定。ネットワークはリアと同じく内張内設置。

フロントツイーターのレベルを標準のままで行くか、最大(+3db)で行くかが微妙なので、明日取りに行く時に音を聞きながら調整した後で内張を固定してくれるとのこと。低音も結構ブリブリ出ているということで内蔵アンプでの駆動でも大丈夫そうでした。楽しみです!
Posted by 永尾 at 2007年07月13日 15:03
内臓アンプで大丈夫ですか<良かった
リアのスペースも結構きついとは・・・

いずれにせよ、楽しみですね〜
Posted by Sinna at 2007年07月13日 16:59
永尾さんのEosモディファイにかける気合って凄いですね!感心することしきりです。

もうモディファイというよりも重改装に近くなってくるんじゃないでしょうか。

一度機会があれば実車を拝見したいですね。
Posted by pooh at 2007年07月14日 13:51
poohさん、こんにちは。

とりあえず目先やることはなくなってしまいました。でもホイール&タイヤとルーフモジュールとスピーカーくらいのモディファイですから、重改装という感じでもないですよ。ボディーも内装もノーマルですし。。今気になっているのはrevo http://www.revotechnik.com/products/softwareProduct.aspx?pvID=982 というCPUチューンでユーザーがノーマルプログラムとチューンドプログラムを任意に選択できるところが魅力のポイントです。260psと200psを気分に応じて変更!!
Posted by 永尾 at 2007年07月14日 19:28
えっ、たしかオーディオ以外は内装系だけいじるはずでは・・・(笑)
CPUチューンは耐久性(エンジン)の問題とか出ないんでしょうかね?
チューン自体も効果ですが、壊れてエンジン載せ換えとか、怖いですね
Posted by Sinna at 2007年07月15日 00:08
・・・一応今のところ「面白そうだな」で食い止めています。

実は今乗っているメガーヌは「パワーシステム」http://www.g-shinwa.co.jp/powersystem/products/index.htmlというフランス製のサブコンを付けていますし、前に乗っていた307CC-S16も「superchips」というプログラムhttp://www.superchips.co.uk/models.php?model=107&make=26&fueltype=1&variant=1236&return=1を入れていましたし、V70も「hyper-chip」http://www.hyper-chip.jp/というプログラムを入れていました。CPUチューン常習犯です。

メガーヌと307CCはN.A.なので大したパワーアップはありません。気持ち程度です。V70は2400ccのターボで、チューニングはブーストアップがメインでしたからスゴイ効果がありました。カタログ200psはシャシダイでの実測で262psへ、トルク28.5kgmは41.7kgmを記録しました。エアクリーナーをダイレクトタイプにしてマフラーも交換し、点火コイルにプラズマダイレクト、プラグにBRISK、アーシング、マイクロロン、エアーインテイクパイプの中に入れる整流スクリュー、エアコン潤滑剤などなど数々の眉唾チューニングの結果ですが、殆どCPUチューニングの成果だと思います。エンジンブローになる前にCPUがブーストカットしますので壊れることはまずありません(高速でのブーストカットは、急に加速できなくなるので怖いですが。。。)

ですが、いまのパサートもEOSもそこそこパワーがあるのでCPUチューニングはまだ先ですね。

Bodyをオールペンしたい(本国のアイランドグレーパールエフェクト)欲求がありますがこれもまだまだ先ですね。
Posted by 永尾 at 2007年07月15日 09:26
poohさんへ

季節が良くなれば東京オフをやりませんか?
Posted by 永尾 at 2007年07月15日 09:28
このCPUチューン、凄いですね。

デジテックhttp://www.digi-tec.jp/product/product06.html
でも240psなのに260psですか!

ここまでいくとエンジンがぶっ壊れそうですね(笑)。

・・・でも実は興味津々です。
Posted by pooh at 2007年07月15日 09:30
デジテックや他のチューンとrevoの違うところは、ユーザーが任意にプログラムの入れ替えを行うことができるということです。通常はショップに持って行かないとできないですからね。
Posted by 永尾 at 2007年07月15日 10:09
うう〜情報が刺激的ですね
Posted by Sinna at 2007年07月15日 13:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。