2020年05月23日

tp-link RE505X Wi-Fi6対応中継器

恐らく日本で唯一売られているWi-Fi6対応の無線LAN中継器、tp-linkのRE505X

20200523_090003.jpg

コンセントに直接差し込むタイプです。

20200523_090237.jpg

設定アプリがなかなか秀逸

Screenshot_20200523-092320_Tether.jpg

中継器として売られていますが、有線LANポートが一つあって、アクセスポイントとしても使用可能

Screenshot_20200523-093403_Tether.jpg

なかなか面白い機械です。最適な位置出しで半日遊べました。

Screenshot_20200523-092112_Tether.jpg

Screenshot_20200523-092524_Tether.jpg

「ハイスピードモード」というのがあり、親機-中継器間の通信を5GHzに固定し、中継器−端末間の通信を2.4GHzに固定するか、その反対で固定するかのモードが選べるのですが、何れにしても2.4GHz帯を使ってしまうので、私の場合は有効にしない方が高速で通信することができました。
posted by fclife.tokyo at 13:52| Comment(0) | モバイル・PC

2020年05月05日

ASUS Zen AiO 27 Z272SDにCloudReadyを入れる

あまりに暇なので、今度はデスクトップPCにVMwareを使ってCloudReadyを入れてみました。

ASUS Zen AiO 27 Z272SD
Windows 10 Home
27型ワイド, 3,840×2,160 ドット (QFHD)
インテル Core i7 8700T
NVIDIA GeForce GTX 1050
メインメモリ 16GB DDR4-2400
SSD 512GB (PCI Express 3.0)

4KモニターなのでVMwareを最高解像度にしてもこの大きさです。

無題.jpg

デスクトップPCでスペックに余裕があるのと、有線LANなのでCloudReadyも爆速ですが、windows10を立ち上げてからCloudReadyを立ち上げるメリットは正直ありません(^^;) すでにノートPCで経験を積んでいるので小一時間の暇つぶしにしかなりませんでした。
posted by fclife.tokyo at 12:28| Comment(0) | モバイル・PC

2020年05月03日

Windows10の上でCloudReady

CloudReadyの上でWindows10を走らせたり、USBブートでCloudReadyを運用したりと色々パソコンで遊んで来ましたが、今日は最後のお遊び、Windows10の上でCloudReadyを動かします(ソレニナンノイミガアルノカ……)笑

VirtualBoxではCloudReadyは動かないので、今回仮想マシンソフトはVMware Workstation 15 Playerを使用、Windows10にインストールして、CloudReadyの仮想マシンデータ(CloudReadyのHPからダウンロードしたOVAファイル)を読み込むだけなので超簡単。

20200503_134638.jpg

20200503_134837.jpg

20200503_160625.jpg

実際には読み込んだ後の各種設定で丸一日遊ぶことができました。VMwareはVirtualBoxより使いやすい印象。バッテリー情報をゲストOSに引き渡すオプションがあり、CloudReadyでもしっかりバッテリー残量が表示されます。

20200503_161447.jpg

USBメモリーを挿すとホストかゲストのどちらにマウントするか聞いてきてくれる親切さ。

20200503_161656.jpg

最終的にメモリー8GB、CPU 4スレッド、ディスク32GB(可変の上限)、ビデオメモリー2GBをCloudReadyに割り当てました。もちろんWindows10の上でもサクサク動きます。

20200503_173016.jpg

ワイドの全画面表示にも対応し(ホストマシンのディスプレイドライバを使用)、サウンドカードはデフォルトでは設定されていないので、これもホストマシンのサウンドカードを使用するように設定すれば完璧です。

20200503_161424.jpg
posted by fclife.tokyo at 21:18| Comment(0) | モバイル・PC

2020年05月02日

Samsung DUO Plus MUF-128DB/EC

先日買ったSamsungのUSBメモリーFIT Plusがとても速かったので普段持ち用にもSamsungを買ってみました。

20200502_162146.jpg

20200502_162253.jpg

こちらのDUO-Plusシリーズが面白いのは、スマホや最近のPCに使えるUSB TYPE-C端子のメモリーにTYPE-A変換コネクターが一体化されていること。

20200502_162333.jpg

TYPE-A変換コネクターには向きがあるので注意しましょう。
20200502_162431.jpg

20200502_164725.jpg

試しにDISK性能を計測してみたら、おそらくFIT Plusと中身は同じはずなのに少しだけ遅い結果が出ました(それでも超高速です)。TYPE-Aで繋いだときとTYPE-Cで繋いだときの差はありません。半導体製品はBUFFALOやELECOMなどどんな半導体が入っているかわからないものより、最初からSamsungを買っておけば間違いないことがわかりました。

A.png

C.jpg
posted by fclife.tokyo at 17:23| Comment(0) | モバイル・PC

2020年05月01日

CloudReadyをインストールする爆速USB

CloudReadyを内蔵SSDにインストールして遊んだあとすっかり元通りにwindows10に戻ったノートパソコンですが、普段はむしろChrome OSを使いたいので、CloudReadyを格納するUSBメモリを物色。何個か買ってみましたが、USB3.1、USB3.0などの規格に関係なく、激遅なUSBメモリが数多く存在することがわかり、規格に合致していれば良いというものではないことがわかりました(USBの性能表示はほぼシーケンシャルリードしか載っていない)。

94889872_2939694089444365_3378284544749731840_n.jpg

94919754_2939694096111031_2152712117847851008_n.jpg

青.jpg

USBブートしたCloudReadyがサクサク動くかどうかは、写真の赤で囲ったランダムライトの性能が大きく関わっています。。。そしてPCIe接続の内蔵SSDはやはりとんでもない速さです。

95029865_2939694086111032_3330203953534074880_n.jpg

ということで、超本命USBメモリがやってきました。

20200501_100320.jpg

SamsungのFIT Plus MUF-128AB/ECです。このシリーズには32/64/128/256GBの種類があります。CloudReadyをインストールするには32GBで十分なのですが、128/256GBの方が高性能なようなので128GBを選択しました。

20200501_100523.jpg

速度を計測したところ、CloudReadyがそこそこサクサク動いていたUSBと比べても、まるで比較にならないランダムライト速度です。おそらくこのUSBより速いものを見つけるのは不可能かも、と思わせるくらいの結果です。

無題.jpg

しかもパソコンに挿しっぱなしにしても気にならない超小型で色味も合っています。

20200501_100615.jpg

20200501_104049.jpg

CloudReadyのインストールも、これまで使ったどのUSBメモリとも比較にならない速さで終了。実際の使用もサクサクです。これならUSBメモリベースでのOS運用に支障ありません。相変わらず、このバージョン(80.3.17 Home Build stable-channel 64-bit)ではバッテリー残量が見られませんが(^^;)

20200501_120854.jpg

もちろん内蔵PCIe-SSDにインストールするのが一番速いのですが、CloudReadyがデュアルブートに対応していないので、現時点ではこれが最良の運用だと思います。しかしこのPCだとWindows10もサクサクなのでCloudReadyを使う意味があるのかどうか微妙です(笑)

※ディスク速度計測はPC-GN1863YAF(Corei7-8565U/16GB/PCIe512GB SSD)で行っています。
 
posted by fclife.tokyo at 12:59| Comment(0) | モバイル・PC

2020年04月28日

WX6000HP バンドステアリングONで最新パソコンのWi-Fi速度低下

我が家の環境

・NTT東日本フレッツひかりファミリーギガライン(1Gbps)+v6オプション
・biglobe+v6オプション
・NTT東日本ひかり電話ルーター PR-S300HI
・有線LANで通常450Mbps程度

上記にブリッジモードのWX6000HPを接続しました(ファームウェアバージョン1.2.0)

以下、fast.comの同じ日時のダウンロード速度計測結果です。
(何回実行しても誤差しかでません)

速いグループ
2015年製NEC PC-J22TGSNN Wi-Fi 5  :140〜180Mbps
Galaxy Note10+/S10+/S10 Wi-Fi 6 :140〜180Mbps

遅いグループ
2020年製NEC Lavie Direct PM Wi-Fi 5 :10〜30Mbps
2020年製ASUS Zen AiO Z272SDK Wi-Fi 5 :10〜30Mbps
2020年製DynaBook GZ73/M Wi-Fi 6 :10〜30Mbps

速いグループと遅いグループでくっきりと差が出て困りました。遅いグループのWi-Fiチップは、Wi-Fi5がIntel Wireless AC-9560でWi-Fi6がIntel Wi-Fi6 AX200です。インテルの比較的新しい、あるいは最新のWi-Fiチップだと速度がでないのか??

そこで問題切り分けのためにバンドステアリング機能をOFFにしてみたところ(デフォルトはOFFですが私はON)、遅いグループでも、2.4GHz帯で100Mps、5Ghz帯では160〜180Mbpsでるようになりました。不思議なのは、バンドステアリングをONにすると、2.4GHz帯の速度どころか、もっと極端な速度低下を招くことです。(一部の最新パソコンにおいてのみですが)

バンドステアリング機能は、SSIDはひとつで済みますし、家の中を移動すると勝手に周波数帯を変えてくれるので便利なことこの上ないのですが、最新パソコンで極端な速度低下を招くとは思いもしませんでした。

何が問題なのかは専門家ではない私にはわかりませんが、NECのファームウェアとインテルのドライバーで
将来調整が進むと、とてもありがたいと思います。
posted by fclife.tokyo at 00:38| Comment(0) | モバイル・PC

2020年04月25日

LTE内蔵Chromebook完成

さて、脅されながらもハードディスクにCloudReadyをインストール、この時点でwindowは消えています(もちろん再セットアップメディアで元に戻せますが)。そこで重大な不具合を発見、Chrome OSがバッテリーを認識していません。バッテリー残量表示アイコンが消えています。デバイスメニューにもバッテリーの状態が表示されません。つまり私はバッテリー残量を知ることができません(笑)
94424738_2930808453666262_5785197682150604800_n.jpg

ネット上にも情報がなく、半ば諦めかけていたら、CloudReadyにはいま使っているstable channelバージョンの他に、いち早く最新カーネルを取り込んだdev channelバージョン(4/24更新)があることを知り、一か八かstableからdevに変更してみたら、無事バッテリー残量が表示されました。
94262521_2930838720329902_4467241509439143936_n.jpg

94221470_2930838573663250_6858400483459989504_n.jpg

95281871_2930838623663245_4559950092215255040_n.jpg

デスクトップを整えて、現時点で最高性能のLTE内蔵Chromebookが完成です。異様なサクサク加減です(^^)
94324922_2930838680329906_466842737254072320_n.jpg

VirualBoxの設定

ディスクは上限を348GBとして可変ボリュームに
20200426_222540.jpg

メモリは16GBのうち半分の8GB
20200426_124417.jpg

CPUは8スレッドのうち半分の4スレッドを割り当てました。
20200426_192729.jpg

ビデオメモリは256MB、これが最大です。
20200426_194856.jpg

これくらいあれば仮想マシンでもサクサク動きます。さて、いっぱい遊んだので、そろそろ工場出荷状態に戻します(笑)
posted by fclife.tokyo at 22:58| Comment(0) | モバイル・PC

CloudReadyのインストール(LTEの接続を確立)

さて、私はwindowを使うためにPCを買ったわけではありません。現時点で最高性能のChromebookを作ることが目的です。ただし、内蔵LTEをChrome OSが認識せずLTE接続できなければ普通にwindowで使おうと決めていました。

まずはUSBに入れたCloudReadyからブートします。初期設定の画面でいきなりLTEモデムを認識していて小躍り、しかし通信が確立できません。
94128523_2930808533666254_4636844356299390976_n.jpg

これは計算内で、docomoのspmodeには対応しておらず、mopera Uの契約(月額220円)が必要らしい。

my docomoでmopera Uを申し込み完了と同時に接続が確立しました。
94720227_2930808293666278_6553235274598449152_n.jpg

95093528_2930808323666275_6868136491420221440_n.jpg

LTEが使えるならUSBブートで使い続ける理由はありません。ハードディスクが全部消えまっせ!と脅されながらも果敢にCloudReadyをハードディスクにインストールしました。
94571155_2930808393666268_3660769435775401984_n.jpg
posted by fclife.tokyo at 17:52| Comment(0) | モバイル・PC

NEC Lavie Direct PM

週末のオモチャがやって来ました。
94778096_2929904497089991_2209564883412844544_o.jpg

この中で私が買ったのは左下のパソコン本体だけ。マウス2個、USBメモリー32GB、Wi-Fiルーター、花柄のポーチとPCケース、スキンシールは全部タダで付いてきたもの(笑) ありがたく頂戴します。

タダで付いてきたWi-Fiルーター(テレワーク応援キャンペーンらしい)を中継器モードで娘の部屋に設置してやったら電波強度が最強になって娘大喜び。
94281424_2930107393736368_2420465902408433664_n.jpg

バッテリー持ち20時間級のLTE内蔵PCで世界最軽量(自分調べ)のNEC Lavie Direct PMです。
94625781_2930778867002554_1210188764580675584_n.jpg

94203379_2930778820335892_1975353384684748800_n.jpg

バッテリー10時間級でLTEがつかないものなら富士通から698グラムが出ていますが私のは実測843グラム(Core i7-8565U/16GBメモリ/PCIe SSD 512GB/LTE/13.3FHD)でした。
94691664_2930778933669214_6244790390054977536_n.jpg

直販サイトのナイトセールで税込20万円を切ります。サクッとwindow10をセットアップして再セットアップメディアを作成。タダで付いてきたピンクのUSBメモリー32GBが役に立ちました(^^)
95183323_2930778907002550_7032477968983130112_n.jpg
posted by fclife.tokyo at 12:00| Comment(0) | モバイル・PC

USB PD充電器 AUKEY OMNIA MIX(オムニアミックス)

昨日発売されたAUKEYの充電器OMNIA MIX(オムニアミックス)をゲット。
94871194_2930342423712865_4195806336610467840_n.jpg

AUKEYの充電器OMNIA MIXとNECの純正充電器との比較。
94652267_2930342467046194_8497849234748342272_n.jpg

94483879_2930342540379520_5382938621529554944_n.jpg

公平を期すためにUSB TYPE-Cケーブルと一緒に量りました。単独では102グラムです。
94331238_2930342503712857_6338740488962572288_n.jpg

どちらもUSB PDですが、大きさも重さもAUKEYの圧勝、しかも純正は45WでOMNIAは65W、OMNIAは同時にスマートフォンやタブレットも充電できます(単独で65WのUSB PD、45WのUSB PD充電と12W USBの同時充電が可能)。
posted by fclife.tokyo at 10:00| Comment(0) | モバイル・PC

2020年04月22日

Chrome OSでATOK

Chrome OSにはATOKがインストールできませんが、ATOKのキー操作をエミュレートするモードを発見しました。
94427439_2921850887895352_485560449543176192_n.jpg

これだけで入力効率が大きく違います。
93913318_2921850821228692_9060531019001626624_n.jpg
posted by fclife.tokyo at 02:06| Comment(2) | モバイル・PC

2020年04月21日

Lenovo X1 Presenter Mouse

さて今日ご紹介するLenovo X1 Presenter Mouseは控え目に言って最高です。
20200421_113639.jpg

胴体をクルッと180度回転させると、くの字に折れてモバイルマウス(DPIカウンター3段階切替スイッチ&DPIインジケータ付)
20200421_123824.jpg

胴体をまっすぐにすると赤いLEDで矢印が現れ、プレゼンターに早変わり。
20200421_122036.jpg

プレゼンテーションのポインター(大きさ無段階調整、色を自由にカスタマイズ)
20200421_124334.jpg

拡大表示(ON/OFF、拡大率3段階調整)
20200421_124354.jpg

プレゼンテーションの開始・終了操作が可能です。(プレゼンターとして使用するには要専用アプリ)
20200421_122213.jpg

本体内蔵のジャイロセンサーを使用したバーチャルポインターですが、投映先ではなく投映元のPC画面を見ながら操作するとスムーズです。充電は最新のTYPE-Cで標準的使用で2ヶ月持続。指紋が付かない艶消しブラックに薄型本体は持ち運ぶのに最適。接続はBluetoothと専用USB無線機の2通りですが、残念ながらマルチペアリングには対応していません。
20200421_125250.jpg

しかしそれを差し引いても最高です。プレゼンテーションする機会が多い方には特にお勧め。単なるモバイルマウスとしても最優秀です。現在、Lenovo直販サイトで割引販売中!
posted by fclife.tokyo at 14:32| Comment(0) | モバイル・PC

2020年04月20日

CloudReadyのUSBブート速度はUSB性能に大きく依存する

CloudReadyをUSBブートで使うならUSBメモリーはなるべく小さい方が良いと考え、超小型USBメモリーを買いました。
94223043_2918763574870750_4168024216102240256_n.jpg

いざ立ち上げてみるとCloudReadyの動作がやたら遅い(体感20倍)。改めてパッケージを見ると109MB/sの超激遅USBでした(爆)
93520838_2918763664870741_2382468120582291456_n.jpg

青いのはUSB3.1 gen1のUSB(理論値5GB/s)でサクサクです。
94311000_2918763728204068_988207352731664384_n.jpg

USB3.1 gen2(理論値10GB/s)のメモリーを対応パソコンで使えば更に爆速になるでしょう。(いまはまだ対応USBメモリーが売っていないようですが)
posted by fclife.tokyo at 15:00| Comment(0) | モバイル・PC

2020年04月19日

CloudReadyはUSBブートで十分爆速

CloudReady(Chrome OSの一種)をPCにインストールせずにUSBブートで動作させるとどれくらいのスピードなのかをもう一度確かめたくて、一からブートUSBを作成し、PCに挿入して立ち上げました。そうしたら何と、Googleアカウントにログインしただけで、私が昨日作ったデスクトップやOSの設定が一瞬で再現されました。つまりCloudReadyの設定はGoogleアカウントに紐つけられてグラウド保存されていることになります。驚きました。だからCloudReadyという名前なのか(笑) そしてCloudReadyはPCにインストールしなくてもUSBブートで十分爆速であることが確認できたので、超小型USBメモリを買ってブートUSBを作成し、USBを挿して起動すればCloudReady、抜いて起動すればwindows10の簡易デュアルブートで使うことにしました。8GB以上のUSBメモリさえ持っていれば、どのPCも一瞬で自分仕様のChrome OSにしてしまうCloudReady。作った人は頭が良すぎます。

20200419_021120.jpg
posted by fclife.tokyo at 02:38| Comment(0) | モバイル・PC

2020年04月18日

Chrome OS上に仮想マシンを作ってWindows10をインストール

Oracle VM VirtualBox(無料)を使って、Chrome OS上に仮想マシンを作ってWindows10をインストールしました。
93173480_2909287322485042_1901724468271644672_n.jpg

ほとんどはChrome OSで事足りますが、どうしてもWindowsが必要な時だけ立ち上げます。
93863572_2909287379151703_6442696023423844352_n.jpg

ホストのリソースの一部をWindowsに割り当てるので動作はモッサリしますが、パフォーマンス最優先に設定してグラフィックやアニメーションなどを削ぎ落としたので、そこそこちゃんと動きます。WindowsなのでOfficeもATOKももちろんOK(^^)
93221171_2909287272485047_7063975687173963776_n.jpg

とりあえず遊んだあとはパソコンを元のwindows10に戻しました(笑)会社のパソコンなので会社に戻します(爆)
93429692_2913562715390836_5520680503339909120_o.jpg

ここ数日、とても良い暇つぶしになりました。Chrome OS上でwindows10を走らせるにはかなりのマシンパワーが必要なので(主にメモリ)、現在PCをネットで物色中(^^)
posted by fclife.tokyo at 14:26| Comment(4) | モバイル・PC

2020年04月16日

PC-VP-BP105→PC-VP-BP106

昨日セットアップしたChromebookがあまりに使いやすくて、Windowsパソコンを開く気になりません(笑) 普段使うアプリをシェルフ(Windowsで言うタスクバー)に全部格納してみました。
93481584_2908667592547015_8548757439158157312_o.jpg

そして裏蓋を開けてバッテリーの型番を確認して部品発注。
93494721_2908667639213677_8204587081071067136_o.jpg

こんな特殊なものが昨日頼んで今日届く便利な世の中。
93169915_2911428175604290_605310777775095808_o.jpg

重量が66グラム増えましたが、バッテリー容量は2倍に増えました。
93273953_2911428188937622_6715932466881757184_o.jpg

Chromebookでspeedtestを走らせた結果。チップはIntel Dual Band Wireless-AC7265なので802.11acでWi-Fi 5です。特にアップロードが爆速。
93521140_2908764095870698_511630059216306176_n.jpg
posted by fclife.tokyo at 11:00| Comment(0) | モバイル・PC

2020年04月15日

CloudReady Home Edition インストール

暇つぶしにやったノートPCのWindows10アップグレードがあまりにあっさり終わり、しかも結果は見慣れたWindow10なのでつまらない。ということで、初志貫徹でChrome OSを試してみることに(Chromebook化)。
93880125_2907000606047047_3373814377147793408_n.jpg

無料で使えるChrome OSの定番、CloudReady Home Editionは8GB以上のUSBメモリからブートして試すことができます。実際にやってみると、Chrome OSの何とサクサク軽く動くこと。そして私のようなGoogle/androidユーザーとは非常に親和性が高いOSです。
93566010_2907000679380373_22923524653973504_n.jpg

すっかり気に入ったので、Window10とChrome OSを内蔵SSDからデュアルブートしようとチャレンジしましたが現状できないことがわかって断念。Window10を消去して純粋なChromebookになりました。
93255289_2907000919380349_3372637216806273024_n.jpg

市販のChromebookは安さ重視で、スペックの低いCPUにプラスチックの重い筐体が使われることが多いなか、このChromebookは779グラムでCorei5の4GBメモリと、かなりハイスペックなChromebookになりました。
93315091_2907000802713694_8638250242480799744_n.jpg

androidユーザーでちょい古PCをお持ちの方に、特におすすめです。(ATOKが使えないことを除けば完璧)
93254355_2907000739380367_4429252214468378624_n.jpg
posted by fclife.tokyo at 19:00| Comment(0) | モバイル・PC

暇つぶしにwindows10アップグレード

自宅待機の暇つぶしに古いWindow7パソコン(2016年製)のアップグレード。NECのPC-VJ22TGSNNです。
93149840_2906191369461304_5586291218322554880_n.jpg

重さ779グラムの当時最軽量13.3インチウルトラモバイルノートで、画面はフルHDを超えるWQHD 2560×1440なのでお蔵入りは勿体ない。最初はChrome OSをインストールしようかなと考えましたが、思い止まって普通のWindow10Proにしました。マイクロソフトはいまだに無償アップグレードしてくれるのでありがたいです。
93579723_2906191312794643_3212845243481194496_n.jpg
posted by fclife.tokyo at 10:00| Comment(0) | モバイル・PC

2020年03月30日

Galaxy Buds+

スルー予定だったGalaxy Buds+を買ってみました。
91114367_2870101109736997_6051963873341210624_n.jpg

前のモデルではほぼ使えなかった外音取込機能が新型では確実に利いています。バッテリー持続時間が6時間から11時間にほぼ倍増し、スピーカーも変わっているらしいですが、そのあたりはこれから検証していきます。※外音取り込み機能を確認しました。前モデルから進化幅が大きく、この機能だけでも買う価値ありです。
91066368_2870101063070335_8163883066121519104_o.jpg
posted by fclife.tokyo at 12:09| Comment(0) | モバイル・PC

2020年03月16日

noreve Galaxy Note10+用カバー

またまたサントロペからnoreveが到着
L1010783.jpg

Galaxy Note10+用カバーです。
L1010784.jpg

革なのでどうしても厚手になってしまいますが、
L1010786.jpg

L1010785.jpg

タブレットケースとお揃い(^^)
L1010787.jpg
posted by fclife.tokyo at 23:00| Comment(0) | モバイル・PC