2019年06月12日

LEICA Mでテーブルフォトが撮りたい!中華製8mm厚 接写リング

LEICA Mはピント合わせの構造上、被写体に寄れません(正確にはレンジファインダーのピント合わせ限界距離よりも合焦可能距離の短いレンズを基本的に作っていない)。現代のLEICA製レンズは最短撮影距離がだいたい70cmですから、テーブルフォトを撮る場合は椅子から立たねばならず、35mm広角レンズだとお皿が小さくなります。
L1000031.jpg

無理矢理座ったままの距離で撮影すると当たり前ですがボケボケ(笑)
L1000030.jpg

これを解決するのが「接写リング」、LEICA Mマウント用には中華製8mm厚と10mm厚がサードパーティーから販売されています。10mmでは恐らく近付きすぎると予想し、8mmを試しに買ってみました。
P1050613.jpg

こんな感じで中華感があります(笑)
P1050614.jpg

装着自体はカチッとしていて問題なし!
P1050617.jpg

さて結果は。。。近すぎました。最も絞っても、お皿の中央がアップになるくらいまで接近しないと合焦しません。
L1000032.jpg

引いてお皿全体を写そうとすると最早合焦ポイントなし。
L1000035.jpg

接写リングを装着するとレンジファインダーが使えませんから背面モニター(ライブビュー)でピント合わせするのですが、リングを装着すると自動フォーカスズームしてくれません。ボディとカメラが連結していないのだから当たり前ですね。しかし、ボディ前面のフォーカスボタンを押すと手動ズームしてくれて、ピーキング表示も行われます。
20190612_235121.jpg

F1.4でフォーカスを無限遠にして合焦するポイント
L1000039.jpg

F16でフォーカスを無限遠にして合焦するポイント(これくらいまでしか引けません)
L1000037.jpg

接写リングというのは気軽にテーブルフォトを撮影するのに向かない(あくまで「接写」用ですね)ということがわかりました。ただし、このリングと50mmレンズならもう少し引けそうではあるので、まだ試す価値はあると思います。また、サードパーティから50cmまで寄れるMマウントのレンズも出ているようなので要検討です。
posted by fclife.tokyo at 18:35| Comment(0) | カメラ

Adobe LightroomCCで一元管理

先日、JPGはGoogleフォトとOnedrive、RAWはAdobe LightroomCCで管理と書きましたが、Adobeのクラウド(CC)がとても使いやすいので、すべてのJPGとRAWファイルをAdobeに移行しました(20時間ほどかかりました、汗)
無題.jpg

今後は各カメラで撮影→Flashairでスマホに転送→Android版LightroomがJPGとRAWを自動でAdobeクラウドに追加、となります。Googleフォトは無料なので継続、Onedriveは無料枠の5GB以内でドュメントのみ同期させます。
posted by fclife.tokyo at 16:56| Comment(0) | カメラ

512GBのmicroSDをS10+に

512GBのmicroSDをS10+に投入、SAMSUNGのスマホにSAMSUNGのmicroSDは正しい(笑)
P1050611.jpg

システムからは477GBと認識されます。
P1050612.jpg

Amazonには1TBのmicroSDが何種類か出品されていますが現時点では詐欺出品だと思われますのでご注意を。
posted by fclife.tokyo at 16:22| Comment(0) | モバイル・PC

LEICA M10-P Tシャツ

LEICAのことで色々と相談に乗っていただいているA師匠からLEICA M10-P Tシャツをいただきました。
P1050608.jpg

素晴らしい仕上がり(^^)
P1050609.jpg

ありがとうございますm(_ _)m
P1050610.jpg
posted by fclife.tokyo at 16:19| Comment(0) | カメラ

2019年06月10日

M10-PのRAW&JPGファイル管理

M10-PはあくまでRAWが主でJPGを従にしたいので、記録形式はRAW+JPG(最低解像度の6MP)にしました。

撮影するとFlashAirによってRAWとJPGがスマートフォンに転送され、自動でOneDriveとGoogleフォトにバックアップされる設定にしています。低解像度のJPGはSNSなどでさっと使いたいときに便利。
Screenshot_20190610-170135_FlashAir.jpg

一方でRAWは自動でAdobe Creative Cloudに追加されるよう設定しました。そのままAndroid版Lightroomで現像作業をすることもできますし、PCのLightroomに現像作業を引き継ぐこともできます。Andorid版Lightroomで現像したJPGをスマートフォンに保存すると、自動でOneDriveとGoogleフォトにバックアップされます。ここまでは全自動です。
Screenshot_20190610-170231_Lightroom.jpg

さて、問題はファイル容量の大きいRAWがスマートフォンに残ってしまうことです。ワンカットにつきRAWは2個保存されます。一つはFlashAirからコピーされたRAW、もう一つはAdobe Creative Cloudに写真が自動追加されたときに生成されるRAWのコピーファイルです(Originalsというフォルダに生成)。前者はGoogleフォトにバックアップされたRAWを削除することでスマートフォンのローカルからも自動削除されます。後者はLightroomアプリのメニューから「キャッシュをクリア」を実行することによって削除することができます。「スマートプレビューのみ保存」はON、アルバムの「ローカルに保存」はOFFにしておきます。このRAW消し作業がちょっと面倒ではありますが、RAWの元データはAdobe Cloud上に保存されていますから、スマートフォンやPCに保存しておくのはスペースの無駄です。

JPGにはOneDriveやGoogleフォトでアクセスし、RAWはAdobe Creative Cloud上でどの端末からも編集・現像できます。世の中便利になったものです。

posted by fclife.tokyo at 19:26| Comment(0) | カメラ

2019年06月09日

フライングブルー修行を楽にするには

先日のプーケット2往復修行がすべてアカウントに反映されました。なぜか一区間だけ自動的に反映されませんでしたが、フライングブルーのウェブサイトから航空券番号などの情報を送信すると瞬時に反映されました。急ぐときは手動反映もありです。さて、シルバーの維持にあと20XP、ゴールド昇格まであと100XP。次はプーケットよりさらにコストパフォーマンスの良い78XP修行に励む予定。しかし、プーケット往復が23時間で完結するのに対して、次のルート往復には25時間55分掛かるので、成田で1時間トランジットして2往復目に突入するのは無理なルートです。

無題.jpg

さて、私に「また乗りたい」とまで思わせる中国東方航空(笑) そこには「真実の瞬間」(真実の瞬間ーSAS スカンジナビア航空のサービス戦略はなぜ成功したかーヤン・カールソン著を参照)がありました。深夜のフライトで睡眠から目覚めた途端に白湯を持って来てくれること2回。たったそれだけで次も中国東方航空で修行しようと思ってしまうものです。しかもCAさんが美(以下省略)。さて修行とはいえ楽に越したことはありません。その苦楽を決めるのは機材選び。上海−成田間を1日3往復している中国東方航空ですが、うち1便がAirbus A330-300、残る2便がAirbus A321。A321はちょっと古めの小型機で、ビジネスでも2+2の普通のシート、見知らぬ中国人が隣で足を前の座席の背もたれに押しつけたり、スマホから音を出して動画を見たり、やたらCAさんを呼びつけて何やら主張したり雑談したりします。それがA330-300だと最新のスタッガード(千鳥)式ですから1+2+1の座席配置で、窓側を選ぶととても快適。

img_2.jpg
(写真はすべてネットで拾ってきました)

どんな格安チケットでも航空券番号さえあれば中国東方航空のウェブサイトから無料で座席指定ができ、奇数列を選ぶとスタッガードの窓寄りの席になって隔離性がさらに高まります。

img_0.jpg

そこはもはや修行というよりメシ付き、飲みもの付きの極楽読書ルーム兼フルフラットベット。使いませんでしたがWi-Fiも無料。上海−成田便は意識してA330-300を選ぶことをお勧めいたします。
posted by fclife.tokyo at 12:47| Comment(0) | マイル・クレジットカード

LEICA M10-Pを恐る恐る触りはじめました

今日はLEICA M10-Pで遊ぶ日
62126177_2263850840362030_2671507462414139392_o.jpg

レンジファインダーの感動的なピント合わせのしやすさと楽しさ、被写体深度を決めてシャッタースピードとISO感度を決めて(嘘をつきました、今日はどちらもオートです、笑)、シャッターを押し下げる愉悦、このカメラはQとは異次元の楽しさがありますね。背中を押してくれたA氏に感謝しきりです。

さて、現像はAdobe Lightroom CC。カメラが吐き出すJPGと、LightroomでM10プロファイル(カラー/白黒)を当てただけのJPGを比べてみました。私としてはRAWにM10プロファイルを当てただけで十分満足です。そのうち自分好みにも挑戦したいと思います。

カメラJPG
62202257_2265688026844978_8216789478295994368_o.jpg

Adobe Lightroom CC M10カラープロファイルを当てて現像
62388193_2265688023511645_7633818573479084032_o.jpg

Adobe Lightroom CC M10白黒プロファイルを当てて現像
62462775_2265688006844980_222569706404446208_o.jpg

CCはクラウドですからスマートフォンでも現像ができます。PCとスマートフォンでそれぞれ同じプロファイルを当てた出力結果を比較すると、当たり前ですがまったく同じJPGが出てきました。スマートフォンでも安心して現像することができるので出先で重宝しそうです。
LRM_EXPORT_45586198239328_20190610_155013233.jpeg
posted by fclife.tokyo at 10:00| Comment(0) | カメラ

2019年06月08日

LEICA M10-P 開封

LEICA M10-P開封
62099712_2263850737028707_7884524258452307968_o.jpg

最初のレンズは SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.を選びました。
61935333_2263850590362055_1556142607837429760_o.jpg

まだ何も理解していませんが、何だか楽しいことになる予感がします。
61992076_2263850797028701_4477186102486106112_o.jpg

ずっしりと重いですがコンパクトです。
62126177_2263850840362030_2671507462414139392_o.jpg

赤マル印はなく、上面に筆記体でLEICA
62115320_2263850707028710_5254796691705430016_o.jpg

後ろもシンプルです。
62134790_2263850790362035_3748022525322330112_o.jpg

LEICA Qで使っていたOberwerthのコンパクトなバッグにも無理なく入ります。
62012201_2263850697028711_7292359555231514624_o.jpg
posted by fclife.tokyo at 12:00| Comment(0) | カメラ

2019年06月06日

フライングブルー修行 アジアルートの有利さ

先日の修行がほぼ私のエールフランス フライングブルーのアカウントに反映されました。

無題.jpg

1回のプーケット往復(中国東方航空上海経由ビジネス)で得られるマイルは9,939マイル、経験ポイントは78XPでした。ちなみにAFで東京からパリにエコノミー正規割引運賃(閑散期)で往復した場合、4,218マイル/24XPです。両者の運賃はほぼ同額、フライト時間はプーケットが16時間、パリが23時間。アジアルートはAFのマイル・経験値獲得に効率が良すぎるので、そのうちルールが改悪される可能性があります。
posted by fclife.tokyo at 10:52| Comment(0) | マイル・クレジットカード

2019年06月05日

GALAXY S10+

予約していたS10+を取りに行って来ました。S9やS9+をお持ちの方は5Gまで待つのもアリだと思いますが、間違いなく現時点で最高性能のスマートフォンだと思います。

62059025_2258285410918573_524703265355464704_o.jpg
posted by fclife.tokyo at 00:00| Comment(0) | モバイル・PC