2020年02月06日

最新のスマホにAdobeさんがついてきてくれない

最新のスマホにAdobeさんがついてきてくれません。Lightroomがキャリブレーションを済ませたGalaxyはS9シリーズ、NOTE9シリーズまで、発売から登録まで1年半ほどかかります。1年半以内に次のスマホを買ったら一生追いつきません。Lightroomが対応すれば、Lightroom内蔵カメラで3:2のフォーマットでDNG(RAW)のみの撮影ができ、ローカルに保存せずに直接Adobe Cloudに上げてくれて超便利なんですが。(厳密には現在でもできるが、ソフトがレンズにキャリブレーションされていないので写真が眠い)

85118453_2754023538011422_255853448090615808_o.jpg
posted by fclife.tokyo at 19:00| Comment(0) | モバイル・PC

S10+とNOTE10+がandroid10に

Galaxyが続々android10に移行しており、私のS10+とNOTE10+もandroid10になりました。
無題.jpg

@カメラの撮影モードの「前回使用モード固定」がなくなり、毎回「写真」に戻ってしまうようになった。私はRAWで保存できる「プロ」モードしか使わないので不便→対策なし。

Awindows10の「スマホ同期」アプリと接続できなくなった。→いったん接続設定をすべて消去し、最初からやり直したら繋がった。

BFlashAirの画像保存先をSDカードに設定している場合、Lightroomのファイル自動追加機能(クラウドへの自動アップロード)がSDカード上のFlashAirフォルダをクロールしなくなった。おそらくSDカード上の特定フォルダへのアクセスセキュリティ強化と思われ対処法がわからないので、FlashAirの保存先を内部ストレージに変更した。

などマイナー不具合ありますが、そのうち改善されるでしょう。
posted by fclife.tokyo at 18:35| Comment(0) | モバイル・PC

スキンシール Galaxy Tab S6 【木目調・マホガニー】PDA工房

タブレットに木目のスキンを貼ってみました。
L1010742.jpg

スキンシール Galaxy Tab S6 【木目調・マホガニー】PDA工房
L1010741.jpg

酔っ払っていても貼れるくらい簡単な3Mのスキン。実は海外から何種類も取り寄せましたが、国内モノでないと品質的にダメでした。
L1010747.jpg
posted by fclife.tokyo at 10:03| Comment(0) | モバイル・PC

2020年02月02日

予備を買うということは

コレで決まりということ。
L1010732.jpg

すでに毎日仕事でバリバリ使っていますが、何の不具合も不足もありません。
posted by fclife.tokyo at 17:59| Comment(0) | モバイル・PC

2020年01月31日

NOREVE レザーケース Samsung Galaxy Tab S6

タブレットケースも散々色んなものを集めましたが、究極と言えるものにやっと辿り着きました。

数年前にマルセイユからレンタカーを飛ばして訪れた、サントロペにあるNOREVEという革製品専門店
L1010721.jpg

NOREVE レザーケース Samsung Galaxy Tab S6 Tradition C 91142TC33/f
L1010724.jpg

箱からしてオシャレすぎます。
L1010722.jpg

革はAmbitionというグレインレザーでカラーはIndigo(Pantone 303U)を選択、重さが169gと革のわりに軽量です。
L1010731.jpg

Galaxy Tab S6専用ケースだけあって、まさにレトロフィット
L1010730.jpg

これ以上にシンプルでミニマルかつ、所有感を満たすケースがあるでしょうか。
L1010725.jpg

独立したペンホルダーポケットがついていますが、ちょっと抜きにくい位置にあります。
L1010727.jpg

タブレットケース探しの旅も、これでやっと終えることができました。
posted by fclife.tokyo at 16:58| Comment(0) | モバイル・PC

2020年01月30日

サンワサプライ Bluetooth IRセンサーマウス MA-BTIR116BK

以前からモバイル用にはMicrosoft Arc Mouseを愛用しています。しかし、Arc Mouseは一つの機器としかペアリングできないので複数の機器で同じマウスを使うには不適です。
L1010543.jpg

探せばあるもの、サンワサプライ Bluetooth IRセンサーマウス MA-BTIR116BKをゲット
L1010716.jpg

このサンワサプライのマウスはスイッチ切替で三つの機器とBluetooth接続可、スマホ・タブレット・PCで同じマウスを使用できます。
L1010719.jpg

曲げてスイッチオン、伸ばしてオフはArc Mouseのパクりか(笑)
L1010717.jpg

L1010718.jpg

収納時の薄さはArc Mouseと同等で長さは少し短く、何より31g軽い50gで、持ち運んでも苦にならなくなりました。
L1010720.jpg
posted by fclife.tokyo at 13:13| Comment(0) | モバイル・PC

2020年01月28日

Bluetoothキーボード 最終決定はLG KBB-710

実はまだ続いていたBluetoothキーボード探しの旅、もう何個買ったのか憶えていません(笑)
やっと、これなら持ち歩いても良いと思える究極のキーボードに出会いました。

LG KBB-710です。3年以上前の発売で既にディスコンのようなのですが、何とか新品をゲット。クルクル巻くタイプのキーボードで断面は五角形、パッケージも五角形、docomoセレクトだったのですね!
L1010702.jpg

Galaxy Tab S6とササッとペアリング(3個の機器とペアリングしてワンタッチで切換可)

クルクルッと拡げると自動で電源オン・接続完了が気持ちよい!
L1010708.jpg

もちろんクルクルッと収納すると自動で電源オフ・切断されます。マグネットで留まっているので勝手に開くことはありません。
L1010706.jpg

何と実測158g(カタログ161g)はBluetoothキーボードの中で最軽量級です!
L1010714.jpg

そしてその軽量コンパクトボディにスマートフォン・タブレットスタンドまで内蔵!
L1010709.jpg

10.5インチのGalaxy Tab S6を楽勝で立てることができます。
L1010710.jpg

縦置きも十分可能です。
L1010712.jpg

Galaxy Tab S6(DeXモード)とLG KBB-710とSurface Arc Mouseで完璧PCスタイルです。
L1010713.jpg

重要なことを書き忘れました。
このキーボードは「日本語キーボード」です。海外製のBluetoothキーボードにはUS配列が多いのですが、これは純然たる日本語配列、ATOK Proのハードウェアキーボードを日本語に設定すれば、打てないキーは皆無、すべてキーに表示の通り入力できます。完璧、感動です。
posted by fclife.tokyo at 15:53| Comment(0) | モバイル・PC

2020年01月25日

第二弾【Arte di mano】 Leica M10/M10-P half case with Battery Access Door

Arte di mano Leica M10/M10-P half case with Battery Access Doorの第二弾が到着、正月を挟んだせいか納期1.5ヶ月でした。
L1010688.jpg

前回はButteroという半ツヤ革のBlack leather / Black stitchでしたが、今回はPuebloという表面が少し荒らされた革で、エイジングによって革が寝てツヤが出るそうです。
L1010696-2.jpg

今回も色はBlack leather / Black stitchですが、標準のbuild-in grip無しでオーダーしました。このカメラにはグリップがないほうがすっきりして良さそうです。(40ドルをリファンドしてくれます)
L1010690-2.jpg

L1010689-2.jpg

アジャスティグマとも絶妙に干渉しません。
L1010694-2.jpg

バッテリーアクセスドアはこの通り。
L1010693-2.jpg

L1010692.jpg

Arte di manoのケースは本当に正確に作られています。
L1010691-2.jpg
posted by fclife.tokyo at 11:42| Comment(0) | カメラ

2020年01月22日

DeXモードで他社製キーボードが使えるようになるか?

お門違いとは知りながらも日本のSamsungサポートに問い合わせて見ました。

私の問い合わせ--------------------------------
DeXモードでのキーボード選択 (2020-01-21)
Tab S6のDeXモードはPCライクでとても素晴らしい機能だと思いますが、なぜかDeXモードでは使いなれたIMEを使うことができず、Samsungキーボードしか選ぶことができません。例えばDeXモードでSamsungキーボード以外のGoogle日本語入力やATOKを使うことはできませんでしょうか?現在できなくても、将来的にできるようになる計画はありますでしょうか?この一点を除けば素晴らしい機能だと思います。よろしくお願いいたします。
Screenshot_20200122-001413_Settings.jpg

Samsungサポートからの回答---------------------
お問い合わせへの回答は次のとおりです。(2020-01-22)
日頃よりご愛顧を賜わり、厚く御礼申し上げます。ご不便おかけし、申し訳ございません。
併せまして、添付画像送付誠にありがとうございます。当窓口にて確認いたしました。誠に恐れ入りますが、お客様からご申告のSM-T865は日本国内でのお取り扱いのない端末でございます。なお、海外製品のGalaxy端末に関しましては、弊社サムスン電子ジャパンと海外のサムスンが別法人であるため、この度のお問い合わせにつきまして情報が無く、ご案内が出来かねる状況でございます。誠に申し訳ございませんが、海外製品の場合販売国のサムスンへご案内可能かも含めご相談をお願いいたします。ご要望にそったご案内にいたらず、誠に申し訳ございません。

なお、日本から発売している端末の場合、Samsungキーボード(日本ではGalaxyキーボード)のみしかご利用出来ないため、Google日本語入力やATOKを含め他社のキーボード設定は出来かねる状況でございました。また、今後他社のキーボードが設定出来るようになる情報もございませんでした。
※海外製サムスン製品につきましては、 弊社にて端末操作・製品情報・サポート・修理受付・修理対応など含め、相談可能な窓口は日本国内ございませんので、何卒ご理解くださいませ。(以下海外の窓口の案内)

====================

なお、非常に重要な点といたしまして、お客様が日本国内にて海外製端末をご利用いただいている場合、電波を発する機器に総務省が発行する技適マークの表示が必要かと存じます。(以下省略、笑)

====================

せっかくご連絡いただきましたところ、このようなご案内になり誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。担当:○○

----------------------------------------------------------------

残念ながらDexモードでSamsungキーボード(日本名Galaxyキーボード)以外のキーボードが使えるようになる可能性は今のところありませんが、何よりこのような不躾な問い合わせに対して、翌日に回答してくる日本法人の対応に感心し、これからもSamsung製品を使い続けようと思いました。
posted by fclife.tokyo at 19:26| Comment(0) | モバイル・PC

2020年01月19日

memumi Note10+ 0.3oスリムPPハードケース

究極的に薄くて軽いケースを探して辿り着きました。
20200119_145239.jpg

memumiという中華製PPハードケースで、スマホに装着してもわずか0.3oしか厚みが増えません。
L1010680.jpg

工作精度も完璧
L1010684.jpg

試しに重さを量ったら、6gと7gの間を行ったり来たり
20200119_145049.jpg

Samsung純正Protective Standing Coverは単体で49gもあるのです。
20200119_145158.jpg

純正カバーはスタンド付きなので、こちらもスマホスタンドと一緒に量って46g、こっちの方がまだ軽い(^^)
20200119_145121.jpg

装着状態でも量ってみました。
Samsung純正Protective Standing Cover
L1010676.jpg

memumi Note10+ 0.3oスリムPPハードケース
L1010677.jpg

この違いは大きい!!
まったくカバーを付けていないのと何ら変わらない印象です。その代わりスマホの保護についてはあまり期待できませんが(^^;) 裸族の娘もこれなら欲しいということで、娘と家内の分を追加で発注しました。

カメラ部分は0.5mm高くしてレンズを保護しているようです。
L1010687.jpg

Sペン挿入部のピッタリ具合がやばい!
L1010681.jpg

スイッチ部も見事にくり抜かれています。
L1010683.jpg

次からも絶対これですね。
posted by fclife.tokyo at 17:09| Comment(0) | モバイル・PC