fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

カメラ

LEICA R-ADAPTER M

LEICA R-ADAPTER Mが来ました。 LEICA RレンズをM型ライカに流用するアダプターは中華製を初めとして多々ありますが、純正には6bitコードが装備されています。 M10はR-ADAPTER Mを自動的に検出 21種類のRレンズリストの中から該当レンズを選択すると 電源を…

LEICA MACRO-ELMARIT-R 60mm F2.8 第3バージョン 11253 とMACRO-ADAPTER-R 14256

改めまして、LEICA MACRO-ELMARIT-R 60mm F2.8がやってきました。型式番号11253、1990年製の第3バージョンです。 昨日届いた型式番号11205、1977年製の第1バージョンとは光学設計は同じですが、マウント部とレンズ先端が少し違います。 世の中探したらあるも…

LEICA MACRO-ELMARIT-R 60mm F2.8 第1バージョン 11205

カメラを買ったのではなく、レンズを買ったらカメラが付いてきたのです(カメラはほぼ無価値)。 私にありがちなことですが、このレンズをメルカリで落とした後でレンズの研究をさらに進めたら、程度極上の玉を別に見つけてしまいました。同じレンズでも第1…

妙覚寺の紫陽花

今日は被写体を求めてご近所散歩。近くにも行ったことがない場所がたくさんあります。 LEICA M10-R / APO-SUMMICRON 75mm F2

銀座 奥野ビル モノクロ

昨日行った奥野ビルをモノクロで現像してみました。 LEICA M10-R / APO-SUMMICRON 50mm F2(1枚目のみELMAR-M 24mm F3.8)

銀座 奥野ビル

知り合いの方が銀座で画の個展を開かれるということで、1932年(昭和7年)竣工の奥野ビルに行ってきました。皆さんと一緒に素晴らしい画を楽しく拝見したあとはビル探訪。このビルを目的にカメラを持っていらっしゃる方も多いようです。6階から各階を周りな…

LEICA APO-TELYT-M 135mm F3.4

今朝届いたレンズは、LEICA APO-TELYT-M F3.4/135mm、Mマウントレンズで最長の焦点距離を持つ望遠レンズです。相変わらず香港のライカ屋さんは注文した翌々日に届きます。 Mマウントの135mmはLEICA TELE-ELMAR F4と宮崎さんのMS-Optics FLUORITE APORIS F2.4…

LEICA APO-SUMMICRON-M 90mm F2 ASPH.

今朝届いたレンズは LEICA APO-SUMMICRON-M 90mm F2 ASPH.、Mマウントのアポズミクロンの中では一番最初に出たレンズで今も現行モデルとして販売されています。 私の手元にやってきたのはシリアルナンバーから調べて1998年製。その年代であれば本来レンズ識…

LEICA APO-SUMMICRON-M 75mm F2 ASPH.

距離計だけを使っていたときはまるでダメだった中望遠ですが、EVFを使うようになってすっかり好きな画角になりました。 今朝届いたのは、LEICA APO-SUMMICRON-M 75mm F2 ASPH. 50mmと比べると一回り以上大きく重くなってしまいますが、操作系とフード内蔵が…

やっと来た!CANON PRO-S1

待ちに待ったプリンタ、CANON PRO-S1をセットアップ。 最後の最後まで顔料と染料で迷い、写真しか印刷しないので最終的に発色と精細に優れる染料インクに決めました。 用意した用紙はCANON純正の光沢プロ・クリスタルグレードとプレミアムファインアート・ラ…

LEICA ELMAR-M 24mm F3.8 ASPH.

旅行に行ったとき、広い景色を収めたいとか、建物の全景を撮りたいというとき、35mmでは狭すぎ、28mmでなるべく後ろに下がってもまだ足りないことが多く、24mmが私の定番になっています。21mmやそれ以上の超広角になると、歪みやパースの付きすぎで実際の景…

LEICA FOTOSは使える

LEICAボディを離れた期間9ヶ月ですが、スマホアプリ「Leica FOTOS」が使えるレベルになっています。M10-RのRAWファイル(50MB程度)でも、スマホへの転送が比較的スムーズで実用可能。やはり無線でカメラ→スマホ→Adobe Creative Cloudのフローは最高です。

LEICA M10-RとApo-Summicron M 50mmの組み合わせでは周辺に青がぶりしない

以前、fp LとLeica Apo-Summicron M 50mmの組み合わせで周辺に青がぶり(周辺減光)が発生すると書きました。 M10-Rがやってきたので早速テスト 撮影日が違うので厳密な比較ではありませんが、fp LとApo-Summicron 50mm 開放の組み合わせで周辺に出ていた青…

LEICA M10 IS BACK

先日のANA修行の雲の上で木村伊兵衛のエッセイ集を読んでいたのが悪かったのです。 気がついたらM10 is back。以前は24MPのM10-Pでしたが、今回は40MPのM10-Rになって帰ってきました。 ちょっと前に、APO-SUMMICRON M 50mm F2.0を買ったのも大いに影響してい…

「今週の一枚」掲示用 木製マグネットボード

リビングに写真を掲示するスペースを設けました。 https://www.creema.jp/item/1921465/detail https://www.creema.jp/item/1916593/detail A2サイズまで掲示できる大型タイプのマグネットボードです。 今まで、撮影した写真はPCで見るだけで印刷することは…

モニター作業用色空間と印刷確認用色空間

Adobe RGBの白色点の色温度は6500Kが基準となっているので、モニターを6500Kでキャリブレーションしましたが(輝度はモニター推奨の160cd)、印刷写真を扱うとなると別の考え方が必要です。 印刷された写真はそれ自体が発光せず反射光を見ることになりますが…

ASUS ProArt PA32UCX-P 返品からのハードウェアキャリブレーション

詳しい友人に教えていただき、モニターのキャリブレーションをするために、Datacolor SpyderX Proを導入。 しかし、問題発生。ASUS ProArt PA32UCX-PとASUS ProArt Calibration ver2.1.5ソフトウェアが通信するためには、モニターとPCをUSBケーブルで接続し…

Leica純正 L-Mアダプターリング

Leica純正のL-Mアダプターリングを購入、無限遠ストッパー用の切り欠きがないタイプ。今までkenko製を使っていましたが、純正はこの程度の部品でも、何となく所有感があります。

宍戸園シグブラ

成城学園前駅からバスで数分、世田谷の住宅街の中にあるバラと蜂蜜の農園、宍戸園に行ってきました。 周りはとても良い香りに包まれています。今は収穫の真っ最中。 ミツバチたちも大忙しです。 併設されているオシャレなカフェ 珈琲と焼きたてのスコーンを…

本郷シグブラ

昨日、SIGMA 28-70mm F2.8 DG DNを携えて谷中を散歩したのですが、どうも写真のヌケ感に満足がいかず、今日は単焦点を持ってリベンジです。 CONTAX G Sonnar T* 90mm F2.8 Mマウント改 LEICA APO-SUMMICRON M 50mm F2

谷中シグブラ

今日は谷中をシネマ調でSIGMA fp L / SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN

fp LとLeica Apo-Summicron M 50mmの組み合わせで周辺に青がぶり

CANON系YouTuberさんが最近fp Lを購入してインプレされている中に、fp LとLeica Apo-Summicron M 50mmの組み合わせで周辺に青がぶり(=周辺光量落ち)が出るとレポートされていましたので、実際に検証してみました。F2開放では確かに周辺光量落ちが見られま…

SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN 帰還

初期不良でリコールになっていた、SIGMA 28-70mm F2.8が新品になって帰ってきました。どこにも行きませんが、GW前に帰ってきて良かった。

fpとfp Lで中華ボディキャップレンズの写りはどう違うのか

fpとfp Lで中華ボディキャップレンズの写りはどう違うのか① まずは、絞りF8固定、ピント固定のFUNLEADER CAP LENS 18mm f8 L-Mountです。 構図も日も違うのでアレですが、6100万画素のお陰でfp Lの方がハッキリクッキリ写る一方で、一画素が小さいので周辺セ…

SIGMA fp Lの二丁拳銃

6100万画素のSIGMA fp Lを買うときに、使い分けを想定して2400万画素のfpを残しておきましたが、しばらくfp Lを使ってみて、敢えてfpを使わなければならないケースが私にはないことがわかりました。よって、fpを質入れしてfp Lをもう一台購入。二丁拳銃です…

SIGMA fp L + LEICA APO-SUMMICRON M 1:2/50mm

今日は、SIGMA fp LにLEICA APO-SUMMICRON M 1:2/50mmを付けて調布の深大寺に行ってきました。 手にぶら下げたカメラを顔の前に構え、EVFを覗き、レンズのピントを合わせ、シャッターを押す。この一連の動作が、fp LのEVFとアポズミのお陰で格段に速くなりま…

調布深大寺シグブラ

調布の深大寺に行ってきました。SIGMA fp LLEICA APO-SUMMICRON M f2/50mm

Leica APO-SUMMICRON M 1:2/50mm ASPH. と SIGMA fp L

アポズミを付けるなら中華製マウントアダプターは似合わないということで、お高いLeica純正 L用Mレンズアダプター(M-Adapter L 18771)を用意しました。 中華製と違うのは、Mレンズの6bitコードを読みとるセンサーと、ボディに情報を受け渡す電子接点を備え…

6100万画素のfp LだからこそLeica APO-SUMMICRON 1:2/50mm ASPH.

6100万画素のボディだからこそ欲しくなってしまったレンズが到着。しかし、いつものことながら香港のレンズ屋さんの発送は速く、4月19日(月)21時45分に発注して4月21日(水)15時に到着ですよ。国内通販並みです。

デュオトーン遊び

神楽坂裏通り散歩(デュオトーン) SIGMA fp L / SIGMA 65mm F2 DG DN Contemporary 神楽坂裏通り散歩(デュオトーン・モノクロ)SIGMA fp L / LEICA Summicron 35mm 3rd