fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

EOS roof control module ** PRO ** 装着&インプレです。

今日、アメリからEOS roof control module ** PRO ** が届きましたので早速取り付けました。 途中、配線作業に夢中になっていて写真が抜けていますが、大体の装着手順は以下の通りです。 (1)床板の取り外し   これは固定されていません。持ち上げるのみ。 (2)ラゲッジコンパートメントカバーの取り外し   左側の軸受けを横にスライドさせて手間に引けば外れます。 (3)三角表示板が付いている部分の取り外し   三角表示板の裏に隠れているプラネジ×2個を取り外せば外れます。ただし荷室照明の配線が裏で繋がっているので引きちぎらないように注意しましょう。    (4)向かって左側内張の取り外し   写真のプラネジ×4個とゴムキャップ+トルクスネジ1個を外します。ラゲッジコンパートメントカバーの軸受部もトルクスネジを1個外します。内側にラゲッジコンパートメントカバー検知スイッチが装着されているので引きちぎらないように外します。カバーを外した写真にはバックカメラの電源ボックスや配線も写っていますので標準の状態ではありません。 (5)EOS roof control module ** PRO ** 配線   車体のルーフコントロールモジュールにEOS roof control module ** PRO ** の配線を割り込ませます。ここで、純正のコントロールユニットに刺さっているプラグから4本の配線ピンを引き抜くのですが、下手くそな私の場合どうしてもピンを引き抜くことができず、無理に引っ張って断線するのが怖かったので、純正の配線4本をすべて途中で切断してギボシ端子を使ってroof control moduleを割り込ませました。 (6)roof control module 電源配線・リバース配線・アース配線   これは指示された位置から取るだけなので簡単です。 (7)試運転&内装を元通りにする module1.JPGmodule2.JPGmodule3.JPGmodule4.JPG module5.JPGmodule6.JPGmodule7.JPGmodule8.JPG module9.JPGmodule10.JPGmodule11.JPGmodule12.JPG module13.JPGmodule14.JPGmodule15.JPGmodule16.JPG 価格の割に非常に素朴なEOS roof control module ** PRO ** module17.JPG いきなり完成の図。下手くそでお恥ずかしい。 module18.JPG もう開けることがないことを願ってプラネジは新品に交換! module19.JPG さあ、早速セットアップ&機能の確認です。 正しく配線されていればこんなウェルカムメッセージが出ます。 module20.JPG ルーフコントロールモジュールのセットアップ画面です。 module21.JPGmodule22.JPGmodule23.JPGmodule24.JPG module25.JPGmodule26.JPGmodule27.JPGmodule28.JPG module29.JPGmodule30.JPGmodule31.JPGmodule32.JPG (1) open the roof while driving (up to 40 mp/h or 65 km/h)   セットアップ画面で SPEED IN kmh を選択しても、SPEED IS の最高値はマイルでの最高値の41のまま変化なし。まあ良いかということで41に設定しました。実際に30~40キロくらいで走りながらルーフ開閉してみましたが全く問題なく開閉完了しました。もちろん止まっているときにルーフ開閉動作を開始した後に走行を開始しても開閉動作は止まらずに完了します。走行中にルーフ動作を開始することもできます。 (2) one-touch open or close the roof (by holding the button for 1 sec.)   約1秒間操作するだけでルーフ開閉動作を自動で最後まで完結してくれます。やはりこれはこのモジュールの一番素敵な機能ですね。これだけで嬉しくなってしまいます。 (3) decide whether you want the windows to stay down or not on roof opening   ROOF MODE を MODE1もしくはMODE2に設定すると、ルーフオープン後に自動ですべての窓を閉じてくれます。MODE1+とMODE2+では、ルーフオープン後に窓を閉じません。    (4)open or close the roof with the factory key RF-remotes   なんと私の車ではROOF REMOTEをどの設定にしてもリモートキーからルーフ開閉動作をすることができません。これはL-C-Tに要確認です。 (5)locks the doors automatically if the roof is closed via the remote   リモートキーからの開閉ができないので確認不能です。 (6)allows you to invert the interior roof operation button   ルーフ操作スイッチは見事に逆になりました。逆になってしかもワンタッチなのでもう迷うこともありません。ただセットアップメニューをいじくっていたら、突然スイッチが純正方向と同じに戻ってしまうことが1回ありました。しばらくしたら戻っていました。不思議な機械です。なおサンルーフボタンは逆になってくれません。 (7)allows you to start opening the roof via the remote then start the engine while the roof is still operating   リモートキーでルーフ操作ができないので確認不能です。 (8)allows you to operate the roof with running engine, then remove the key while the roof will finish its operation   ルーフ開閉動作中にエンジンを切ってカギを抜いても最後まで動作を完了しました。 (9)flashing the indicator lights or sounding the horn while reversing   バック時にホーンをならしたり、ウィンカーを左右交互に点滅させたり、その両方を行ったりします。あまり必要のない機能ですが働くことは確認できました。 (10)adjustable Mirror Park Assist pro   助手席側ミラーが後退時に自動で下がり、ギアをリバースから戻すと自動でもとの位置に戻ることを確認しました。ミラー標準位置の調整もできました。ただし私の車の場合、この機能を働かせるには(9)の機能を有効にする必要があり、(10)の機能だけを単独で有効にすることができません。困ったもんです。L-C-T(^^;) (11)with PDC installed the Roof Remote can be automatically disabled   私の車にはPDCがついていないので確認不能です。 (12)Brake Light Assist   私より先に装着されたkaishiさんの情報によると緊急ブレーキ時の自動ハザードらしいのですが、確認困難のためOFFです。 (13)displays current boost pressure on the MFD with 2.0t engines   面白いことにセットアップの SPEED INで kmh を選択するとブースト圧はmbarミリバール表示となり、マイルを選択するとpsi表示となります。日本人にはmbarの方がわかりやすいと思いますが、この機能まず使わないでしょう。 (14)allows you to define the comfort blinks from 2-6 (rather than the factory limit of 1 or 3)   純正の機能をOFFにすると、ここで設定した回数だけウィンカーが点滅してくれます。 EOS roof control module ** PRO ** の独断評価 ・ワンタッチオープン&クローズができる ・走行中でもルーフ操作ができる ・スイッチが逆になる という私のメインの希望が叶えられたので概ね満足しています。が、 ・リモコンキーからの開閉ができない ・パーキングアシストが、リバース時の indicator lights and/or sounding the horn をONにしないと動作しない。 という私の車特有?の不具合があり、信頼性の面では少し??なところもあります。 しかし、いままで信号待ちで怖くてルーフ操作できなかったのができるようになったり、駐車時にルーフを閉めている途中でエンジンを停止して車外に出たり、今までできなかったことができるようになった喜びと便利さは他に代え難いものがあります。 結論: 付けて良かった。でも完全に** standard ** バージョンで良かったな。。。。 参考までルーフ動作中はこんなメッセージが表示されます。 module33.JPGmodule34.JPGmodule36.JPGmodule37.JPG