fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

シフトノブ前部の小物入れ

  ちょっと用があり、この部分を外しましたので記念撮影。 IMG_0061.JPGIMG_0062.JPGIMG_0063.JPGIMG_0064.JPGIMG_0065.JPG まずはシフトノブのカバーを内装剥がしツールなどを使って引っ張って外します。そうすると2本のトルクスが見えますので外し、シガライタやスイッチ部に来ている配線のコネクターを外せば、あとは手前に引張って引き出します。フタ部の木目カバーと周辺部の木目カバーも、手前にスライドさせると外れます。 灰皿は本国ではオプションで、私はオプションを選択しなかったので標準のフタ付き小物入れになっています。 さて、フタと周辺カバーはトリムと同じウォールナット柄なのですが、以前からこの部分のウォールナットだけ、他の部分と比べて色もツヤも異なるように感じていました。センターダッシュのアルミ調パネルと全く同じ色の方が良いような。 2.0Tで、ドアやダッシュのデコラティブパネルがアルミ調の場合、この灰皿部のパネルはアルミ調になっているのでしょうか?もしそうであれば、その部品を取り寄せればOKなのですが。 塗装してしまうことも含めてもう少し悩んでみる予定です。 CESARさんのリアウィンドウ ブラックアウト作戦代理レポート CESARさんから、リアウィンドウのフィルム施工レポートが届きました。写真を見ると本当に全部真っ黒という感じですね。実物が是非みたいものです。 EOS_BlackRearWindow_3.jpgEOS_BlackRearWindow_2.jpgEOS_BlackRearWindow_1.jpgEOS_BirdsEye_2.jpgEOS_BirdsEye_1.jpg ---------------------------- 永尾さん、 以前から気になっていた、リアウィンドーに黒いフィルムを昨日貼りました。 黒いルーフからリアへの流れの一体感が出たと思います。 写真を添付しますが、一番黒いフィルムにしたため、夜間は後部が良く見えなくなってしまいました! ---------------------------- 施工価格は all-in 1万円だそうです。