fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

通りがかりのプジョーのお店で

  たまたま都内を運転していたらプジョーのお店に207CCが飾ってあるのが目につき、興味が湧いて立ち寄ってみました。立ち寄ってみたら、以前私が307CCを購入したときのお店が立ち退きのために移転してきたとか。偶然です。 早速207CCを周囲からじっくり眺めてみました。 207cc1.JPG207cc2.JPG207cc3.JPG うん、これはこれで格好良いです。 絶対値としては車体は小さいのですが、206CCに比べると男性的に立派になった感じで、デザイン的にも色気のようなモノがありグーです。 室内の質感もかなり上がっています。 207cc4.JPG しかし私の評価としては、まだVWに比べると荒くてチャチな感じがします。とくにメーターパネルの装飾(太いクロームリング)は子供っぽい印象を受けました。但し、このグレーのボディーカラーにタンカラーの内装(ダッシュボード上面も革張りのお馴染み「インテグラルレザー」)の組み合わせはうらやましいです。まさに私が欲しかった組み合わせ。 207cc5.JPG 2枚屋根の宿命でフロントウィンドウ後端は、かなり顔に近いです。座ってみましたが圧迫あり。恐らくEOSの距離感に慣れているからでしょう。 207cc6.JPG 2枚屋根を普通に折り畳むやり方なので、トランクはオープン時には最小限です。2枚の屋根の間に何か積みたくなるくらい隙間が空いています。 色々部分的には不満点ありますが、外観デザインは結構気に入っています。また207CC GT(1600ターボ)は、307CC-S16なきあと、日本で唯一売っている4シーターオープンの正規輸入MT車であり、その意味ではプジョージャポンには敬意を表しています。ただ5MTなのが惜しいのと、後席は依然として人間は乗れません。 やはり真打ち308CCに期待ですね。 p.s.この4時間くらい後、全然違う場所のタイヤ&ホイール屋さんで全く同じ色の207CCを遭遇。売れているのかも。