fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

ホイール&タイヤ換装(ホイール決定編)

  納車前にわざわざ17インチホイール(Le Mans)&タイヤ(235/45R17 Continental SportContact2)を日本仕様のパサート2.0に標準の16インチホイール(Milwaukee)&タイヤ(215/55R16 BRIDGESTONE ER300 後に MICHLIN PILOT PRIMACY)に換装し、本国標準仕様の乗り心地を確保したのですが、早くも方針変更。 アントワープ港のEOS(左17インチ)と納車後のEOS(右16インチ) Antwerp-eos1.jpg4eosside.JPG 今まで主張してきたこと、、、 ・タイヤが細い方が乗り心地が良いからインチダウン! ・ノーマルサスなので本国標準の16インチがベストマッチ! ・扁平率は55くらいが乗り心地と操縦性のバランスがちょうど良い! ・ホイールが大きくなりタイヤが太くなると重量が増えてバタバタするのとパワーを食われるからダメ! ・そして燃費が悪くなる! などなど、、、 少し前まで16インチを変えることなんか考えられなかったのですが、何もかも悪いのはREVOのせいです(^^;) 今すぐではありませんが、何れREVO化するに際し現状の16インチ&コンフォート系タイヤではチョット辛いと。215巾でもワインディングロードを普通に走るに問題はありませんが、ちょっと飛ばすとサスペンションは結構ノーマル仕様でも粘るのに、タイヤが先に泣いてしまっていました。 以前試乗させて頂いたKaishiさんの17インチ、そしてpoohさんの18インチが意外と乗り心地が良いのにも後押しされました。 ということで目指すは1インチアップの17インチ、パサート2.0Tに標準装備のWESTWOOD(BBS製)がお気に入りです。かつては私のパサート2.0Tに装着されていたのですが、こちらも16インチにインチダウンしているので最早手元にはなし。計画性が全くありません。 Westwood.jpg16_17.JPG WESTWOODはごくごく稀にYahooオークションに出品されることがあります。WESTWOOD&タイヤを新品で買いそろえると35万円を超えてしまいますでの、オークション相場の15万円前後で走行少の中古が見つかればしめたモノ。オークションアラートを設定して待ちに待っていたところ出ました。走行1500キロのWESTWOOD&CONTINENTAL。私はRE050Aの方が好みではありますが、この際そんなことは言っておれないと15万円で即入札し、即決ではなかったのでオークション終了まで待つことにしました。そしていざ終了の日が来たのですが、私以外まったく入札する気配がないので、すっかり油断し、テレビなどに見入っているうちにオークション終了直前に入札された他の方が151,000円で落札されました。すっかりWESTWOODを入手できたつもりで交換の段取りまで考えていたもんですから、それから2日間くらいショックが取れませんでした(笑)。 しかし落札しそこねて余計にインチアップ熱は高まり、色んなサイトでホイールを物色する毎日。純正ホイールに関する情報なんかも整理しながら色々と考えましたが、純正は高価なのと入手が困難なことから諦め、社外ホイールを装着することに決定しました。 社外品ホイールのなかから選定するに際し、条件となったのは、、、 ・純正ホイールと同じリム巾でオフセット数値も極めて近いこと ・デザイン的に純正然としていること(シンプルで落ち着いたデザイン) ・信頼できるメーカーの品であること ・センターキャップをVWマークに交換できる可能性があること 一番参考にしたのがフジ・コーポレーションのサイトです。このサイトでは車種とインチを選択すると装着可能な候補が出てきて、タイヤとの組み合わせ価格も非常に多くの種類が表示されます。ホイール&タイヤショップの中ではこのサイトが図抜けていますね。 私が一番気に入ったホイールは、BORBET TYPE LS というもので、近くのオートバックスが偶々BORBET PRO SHOPだったことから実物展示もしてあって、じっくりとデザインを確かめることもできました。もうこれしかないというくらい気に入ってしまいました。色はクリスタルシルバー(左)とポリッシュ/ブラック(中)、ポリッシュ/グラファイト(右)の3種類です。後ろの2種類は表面部はポリッシュ仕上げのアルミカラー、内面やスポークの側面にグラファイト(灰色)やブラックの塗装がしてあります。私の好みはシンプルイズベストですからクリスタルシルバーしかありません。 LS_cristal_silver.jpgLS_bkpo.jpgLS_grpo.jpg 更にその場でBORBETのセンターキャップを外して売り場の方に外径の実測もしてもらい(55~56ミリの間です)、キャップの取付内面の形状なんかも観察することが出来ました。BORBETのキャップはホイールセンターにパチッと嵌め込む土台の部分に両面テープでBORBETのロゴ入りプレートが貼り付けてあります。これならロゴ入りプレートを剥がして適当な大きさのVWエンブレムを貼り付ければOKと計算。 信頼性という意味ではドイツ車純正ホイールの多くはBORBET製ですし(Le MansもMilwaukeeもBORBET製)、BORBETのホイールは比較的リーズナブルな価格で売られているのも好条件。あとはピッタリサイズがあるかどうか。。。 フジ・コーポレーションのサイトで、EOS-17インチを選択するとBORBET LS も選択候補の中に出てきます。しかしサイズを見ると7J-17です。純正ホイールは7.5J-17です。一方で装着するタイヤは235/45R17ですが、このタイヤ、どのメーカーでも推奨リム巾は8で、許容リム巾は7.5~9です。従ってリム巾7では細すぎます。装着できないことはありませんが、サイドが膨れてドーナツみたいなタイヤになっては台無しです。LSにはリム巾7.5はラインアップされていませんでした。ん~ダメか。デザインは最高に気に入っているのに、、、とひとしきり思案して、、、18インチに行っちゃうか!!LSは18インチであれば8J-18でEOSの純正18インチと同サイズです。またBORBETの本国サイトによるとオフセットも45ミリが用意されていて、純正の44ミリに極めて近く、しかも1ミリ内側なのではみ出す心配がありません。 ということで、気に入ったデザインのホイールを装着するということを優先して、一気に16インチから18インチへ2インチアップし、BORBET TYPE LS 18インチ 8J-18 ET45 Cristal Silverに決定しました。 最終決定したBORBET LS LS_cristal_silver.jpg