fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

ホイール&タイヤ換装(センターキャップ換装編)

  ホイールは社外品のBORBET TYPE LS 18インチ 8J-18 ET45 Cristal Silver、タイヤはヨコハマ ADVAN SPORT 235/40 ZR18 95Yに決定しました。 pic_V103_01.jpgLS_cristal_silver.jpg 純正然(笑)にこだわる私としては、BORBETのホイールセンターキャップをそのまま使用するわけにはいきません。ホイールセンターキャップはホイールを車体に装着してしまう前に確定して嵌めてしまわなければ面倒です。急げ! BORBETのキャップは土台の上にオーナメントが貼り付けてある構造になっています。 borbetcap.JPG このBORBETオーナメントの直径が約55ミリですから、これを剥がしてVWのエンブレムを貼り付ければOK。スパイラルオートさんで直径54ミリのMotor-Technik社製エンブレムを販売されていたので、これを4枚購入しました。 到着した商品 emblem.JPG ん~平板すぎます。横から見ると最厚部で2ミリくらいの厚さはあるものの、VWマークも完全にプリントで凹凸がありません。これをせっかくのホイールの中心部に貼る気にはなりません。他に使い道があるかもしれませんが、、、ホイールには却下。 さて、挫折したので最初から探し直しです。 55ミリ前後のVWマークのホイールキャップを探していると、Second WindさんでR-Lineホイールセンターキャップとブルー/ホワイトホイールセンターキャップを販売されているのを見つけました。サイズも55ミリと表記されており、これはピッタリでは?!でも普通のVWマークがいいなぁと思いながらも、R-Lineホイールセンターキャップを一応発注。突然ブルー/ホワイトっていうのもおかしいので。 到着した商品 wr.JPG ん~、Motor-Technik社製エンブレムほどの寂しさはありませんでしたが、テカテカしたプラスチックで質感はあまり高いとは言えません。ツヤ消しのブラックだったらいいんですが。最終決着には弱すぎる。 さてそんな折、以前マニアックスさんのブログでホイールキャップ換装にまつわる記事があったことを思い出しました。社外ホイール(ABT)に装着してあったGOLF4 GTI用純正ホイールセンターキャップを、GOLF4 R32純正ホイールセンターキャップに換装するというものです。またR-Lineホイールセンターキャップに関しては、マニアックスさんのホームページに詳細な記事があることを知っていました。もしかしてこれは繋がったかな?と思い、マニアックスさんのブログでサイズを質問すると、GOLF4 R32純正ホイールセンターキャップの寸法(エンブレム部分以外)はR-Lineホイールセンターキャップと全く同じとのこと。GOLF4 GTI純正キャップ=GOLF4 R32純正キャップ=R-Lineキャップということが判明しました。従って、R-Lineキャップを嵌めるくらいならVW純正キャップを嵌めた方が純正化の目的が達成できるということでR-Lineキャップは却下となりました。 マニアックスさんのブログに、平板なGTI用に比べてR32用は丸みと高級感があり貫禄が違うという評価がありましたので迷わずR32用を発注。発注したのはこちらのお店です。この中の「VW Wheel Center Cap by Volkswagen AG (A)Type:ホイルハブ径52m/m用・R32純正品4pcs/1set」です。実はこのお店には以前メールで「BORBETのセンターキャップに換装できるVWキャップはありますか?」とメールで質問して「ありません」という回答を頂いていました。そもそもR-LineホイールセンターキャップがBORBETに嵌るという保証がないのですからR32用が嵌るかどうかもわかりません。見込発注でございます。 到着した商品 r32.JPGwcpackage.JPG はい。文句なしです。質感最高です。丸くなっていて凹凸がきちんとあってガンメタで、これ以外のモノは考えられません。 一応裏側をR-Lineキャップと並べて比較しましたが完璧に同サイズです。両方ともBBS製純正ホイール用なので当たりまえですが。ちなみに両方ともイタリア製です。 reverse2.JPGreverse1.JPG 幸いヨコハマ ADVAN SPORTが91Yなら在庫があるが95Yは欠品中ということで入荷が遅れていたので、フジ・コーポレーション相模原店にはBORBETのホイールだけが到着している状態。早速GOLF4 R32用純正キャップを持って急行。まずはBORBETのキャップを外して比べてみました。 r32borbet1.JPGr32borbet2.JPGr32borbet3.JPG サイズ的にはほとんど同じに見えます。やったー! ということで実際にホイールに嵌め込んでみました。パチンという音がしてピッタリ嵌ります。思わず店員さんにも私にも笑みが。しかし。。。裏から指で押すとすぐに外れることがわかりました。よく見ると、裏側のツメの高さが違います。このツメの突起で固定されるわけですから高さが足りないので引っかからないのです。またオーナメント部分の外径はほぼ同じですが、ツメ部の外径がR32の方がほんの少し小さいようです。 r32borbet4.JPG そこでオートバックスで6ミリ巾の外装用両面テープを購入し、R32用キャップのツメ部外周部に1周巻き付けました。この両面テープは厚さが0.45ミリなので直径で0.9ミリ大きくすることが出来ます。 r32borbet5.JPGr32borbet6.JPG そうこうするうちにショップに予定外に早くヨコハマ ADVAN SPORTが到着してしまい、キャップに両面テープを巻き付けたりしている間にホイールにタイヤを組み付けてもらいました。いつものように窒素充填。フジ・コーポレーションでは、窒素を充填してから一度全部抜いて、もう一回充填するそうです。効果のほどはわかりませんが。空気圧は全輪2.4に設定。 さて組み上がったホイールに、両面テープを施したR32キャップを自分で嵌めます。念のためホイール側の油を脱脂してから嵌めましたが、適度な抵抗感とともにキャップが穴にしっかりと嵌りました。今度は裏側から押してもビクともしません。熱でどうなるかわかりませんが取り敢えず大成功です。例えばEOSでスタッドレス用にBORBETのTYPE CB・CA・CFなどを選択されたら、同じ方法で純正ホイール然にできると思います(裏は取っていませんがCB・CA・CF・LSがセンターホイールキャップ共通のようです。他にもあるかも知れません)。 完成の図 vwcap1.JPGvwcap2.JPG あとはクリスタルガードワンでお手製ホイールコーティングをします。ガラス皮膜を形成するコーティング材で、10時間くらい間をあけて3回ほど重ね塗りすれば完璧でしょう。 WHEEL_2.JPG 走行感などのインプレはまだ殆ど走っていませんので別途ということで。 今回用意したホイールセンターキャップ候補フルキャスト allcast.JPG