fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

VICSビーコン/ETCユニット/iPodケーブル移設

  先日の都筑オフ会で初めてお会いしたREDHEADさんが、ALPINEナビのVICSビーコンをバックミラー上部のスペースに上手に付けられていたのを見て早速真似してみました。 私のVICSビーコン移動は今回で2回目です。 納車時の最初の位置。。。あまりにもど真ん中 BECON1.jpg 次の位置は一番一般的(レーダーは現在のものと違います) BECON2.jpg 今回の移設・・・外から殆ど見えません。なかなかよい感じ。 BECON3.JPGBECON4.JPG この際、気になっていることを全部やってしまおうということでETCユニットとiPodケーブルの移設です。納車時からETCもiPodもグローブボックスに装着されています。私の家の近くに「中央道稲城」というインターがありまして、このインターに「稲城大橋有料道路」(200円)が接続しているのですが、この橋の料金所に未だにETCがなく、しかも上りは橋の料金所で中央道の料金を同時徴収されます。中央道の料金も取るんならETCレーンくらい用意しろよ!と思うのですが、そんなことは言わずに毎回にこやかにETCカードを取り出し、橋の回数券とともに渡しています。その際、グローブボックス内だと体を傾けないとカードを取り出せず、また差し込むときも手探りなのでやりにくいなぁと思っていました。これをステアリング左下(日本仕様なら右下)のダッシュボックスに移設しました。試してみたらiPodも収納可能なので一緒に移設しました。グローブボックスから何もなくなって気分スッキリ。ただしダッシュボックスにはカギが掛かりませんけど、まあいいか。グローブボックスにカギを掛けたことないし。 グローブボックスにある時のETC&iPodケーブル ETCIPOD1.jpg 移設後のETC&iPod ETCIPOD2.JPG ダッシュボックス内のETCユニット設置方法は色々と考えたのですが、側面に貼り付けるとETCユニットの奥行きの関係でフタが閉まりません。ボックスの上辺をETCユニットの分だけ切り取って上面からぶら下げて設置するという解もあるのですが、思ったよりも上面の平らな部分の面積が小さくて両面テープのみで取り付けるには少々心もとありません。ステーなどを用意して取り付けることは可能かも知れません。私の場合は下面に置くことにしましたが、下面は平らではありません。よって平らになるように金属のステーを加工して両面テープで装着しました。配線はETCユニット背後の面を四角くくり抜いて通しています。我ながら大満足。 その後、kaishiさんにやり方を教えてもらった光軸調整を買いたてのVAG-COMを使って実施した盛りだくさんの一日でした。