fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

フッソオイル105を全てのラバーシールに施工

 

前回、屋根周りを施工したところでスプレーが底を尽きたフッソオイル105kaishiさんのブログで純正品とは別に紹介されているものです。DuPont社のKrytox GPL105という潤滑成分を使用しているらしく雨漏りの防止や異音・ラバーの挟み込みの防止に役立つそうです。

前回の教訓は以下の通り。

・スプレーだと使いすぎる

・液だれする

・広く塗れない

・汚いまま施工した

今回はフッソオイル2缶と、カー用品店で入手したスポンジを準備して作業開始です。

fusso105oil.JPG

今回はEOSのラバーシールというラバーシールすべてにフッソオイルを施工します。まずはたっぷりの水ですべてのラバーシールを掃除します。このとき糸くずの出る布は避けた方が施工がしやすいと思います。掃除が終わったらいざ施工です。やり始めてすぐにスポンジの素晴らしさに感動しました(大袈裟かな)。きめの細かいスポンジで、スポンジ部分も薄く持ちやすい形状をしています。そして何と言ってもスプレーを塗り伸ばすことができるので、少量でまんべんなく施工できます。液だれを抑えることもできるし、垂れてきた液を塗り伸ばすこともできます。スプレーだけで施工するのに比べて何倍もやりやすいです。

約1.5時間くらいでトランクを含むすべてのラバーシールにフッソオイルを施工することができました。結構忘れがちな部分もありますが、今回は時間を掛けて全部見つけて施工しました。このフッソオイル(Krytox GPL105)ってスゴイですね。施工したら見る見るうちにラバーが柔らかくなっていきます。音もしなくなるわけです。

-----------------------------------------------------------

その後、洗車するために試運転してみましたが、kaishiさんがブログで「新車時より音がしない位」と書いてらっしゃるのに全く同感です。本当に静かになり、労力・価格と効果の対比において非常に満足度の高いメンテナンスです。皆さんにお勧めできると思います。フッソオイル(Krytox GPL105)本当にスゴイですよ!

因みに全てのラバーシールに施工するのに1.5缶使用しました。一本2,900円ですから4,350円です。