fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

超小型PC OQO model01+到着

  kaishiさんから教えて頂いてこちらの香港のeXpansysという日本語サイトから購入した超小型windowsパソコン、OQO model01+が到着しました。23日(土)に発注し、25日(月)に注文が処理され、28日(木)に到着です。輸入消費税は取られませんでした。 私が発注した時点(2月23日)では72,160円でした。売り出し当時は25万円以上していたので破格の値落ちなのですが、この記事を書いている時点で更に値引きされ、67,810円になっています(笑) 残り115個だそうです。 OQO model01+の前身モデルであるmodel01は2004年10月に販売スタート、その1年後の2005年10月頃にマイナーチェンジ版であるmodel01+が発売されました。既にフルモデルチェンジした後継モデルmodel02が2007年1月あたりから販売されているので、model01+は大量在庫処分中(笑)というわけです。ちなみにまだmodel01もeXpansysで買うことができます。model02(ちなみに453g)は日本ではBRULÉという会社が販売元のようですが、一番安いので249,800円 (1.2GHz, 40GB HD, 512mb RAM, Windows XP Pro)、一番高いので444,800円(1.6GHz, 64GB SSD, 1GB RAM, Windows XP Pro)ととても手が出る価格ではありません。eXpansysでは152,790円~売っていますので買うならこちらでしょう。 oqo22.jpg スペック一覧表 oqo23.GIF 東芝リブレットや富士通LOOX以来久しぶりの超小型PCです(小型の程度が違いますが)。到着してひとしきり眺めます。アメリカ製品に対しては「どうせアメリカ製」という偏見がありまして(笑)、到着するまで少々心配だったのですが、少なくとも外見は文句なしに高品質です。これでフルスペックのPC?と驚く小ささと、スライドすると現れる意外に押しやすいキーボードににんまり。 事前に購入しておいた周辺機器と、パッケージ付属品 oqo19.JPGoqo20.JPG さてPC本体の出来(外見)には感心したのですが、付属品については感心できない点もあります。感心できない順に、、、 (1)ACアダプター  ・でかすぎます(笑)  ・ACアダプタ~PC間のケーブルが長すぎます。ケーブルの取り外しも出来ません。  ・ACアダプタ~コンセントのケーブルが無用に長すぎます。 (2)ドッキングケーブル  ・巨大です。太くて長くて硬いです(笑)  ・でかすぎて持ち歩きは不可能です(その必要もありませんが) (3)デスクトップスタンド  ・スタンドのゴムパッドとバッテリー背面との摩擦のみで留める仕組みなのですが、重力で自然と落ちてきます(笑) まあご愛敬ということで。 事前に用意した周辺機器 (1)ダイヤテック アジャスタブルACケーブルPLSACC2  到着してから巻取部がでかすぎるとわかった(笑)のでモバイル専科の短いACケーブルに買い直しました。 (2)Kensington SlimBlade Trackball Mouse  この商品、日本では今年の2月15日に売り出されたばかりですが、・Bluetooth接続・スイッチ操作でマウスとしてもトラックボールとしても使える・マウスモード時はボールで縦横両方スクロールできる、、、とまさに夢のようなマウスです。輸入元直販では11,900円と少々高価なので並行版を買いました(売り切れた模様)。デザインもすごく格好良くて相当気に入りました。UMPCは画面が小さいので横スクロールは特に助かります。 (3)ThinkOutside Stowaway Universal Bluetooth Keyboard  これはkaishiさんのblogを参考にさせて頂きました。十分タッチタイプできますね。OQOを立てかけることも出来ます。 (4)アイ・オー・データ USB 2.0/1.1対応 100BASE-TX/10BASE-T LANアダプター  これはOQOの有線LANポートがドッキングケーブルにしかないことに対応するためのものです。USB2.0対応でもっと小さいものがあれば良いんですが。USB1.1ならBUFFALOのLUA-KTXがあります。ケーブル式でコンパクトなGREEN HOUSEのGH-USB200Rを試しに発注しています。 (5)GREEN HOUSE LANメジャーケーブル GH-CBM-LAN  これは以前から持っている巻き取り式のLANケーブルです。 次は初期設定作業です。いきなりSSD(Solid State Drive)に交換します。私は内蔵HDDにプリインストールされている英語版WindowsXPを一回も起動しないままSSDに換装してしまいますが、換装にはワランティーシールを剥がす作業を伴いますので本当は一度立ち上げてみてPC本体が故障していないかを確かめた方が良いかも知れません(^^;)