fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

古人曰く「左ハンドル用正規部品多ければ憎しみ至る」。

 

久しぶりにkaishiさんに教えて頂いた勝手にブログ評論(α版)をやってみました。

------------------------------

古人曰く「左ハンドル用正規部品多ければ憎しみ至る」。

総合得点 68点

ハクライネットのようであるとも言える。とても興味深い。

シャンゼリゼ通りに続くコンコルド広場は、スピーカーであふれている。バッテリーなど、香港のネイザンロードあたりにいくらでもありそうなものだ。クッションなど、いずれウォルマートの店頭にならぶだろう二級品である。

スピーカーマイク一体型ハンズフリーはあきれるほどアルミニウムだ。

だれもが「ルーテシア」事件を歓迎はするまい。Panaviseマウントが欲しいなどというのは、要するに、田舎っぺなのだ。ボルトオンがそんなに大事なら、ヒュミドールにでも閉まっておけば良い。ナビパネルは悪くない。悪いのはアルミニウムである。これが例として相応しいかは解らないが、作者のウォールナットに賭ける情熱は、シャーロック・ホームズに勝るとも劣らないようだ。

少なくとも受発信先電話番号はあって欲しい。

古人曰く「1Q0 419 685 B 4U6 アルミシルバーコース変われどはステアリングスイッチ変わらず」。一度でもスピーカーマイク一体型ハンズフリーの魅力に取り付かれた事のある者ならば、誰もがハンズフリーの気持ちを共感できる。愛しているわけだ。2008年4月19日を。

さもありなん。