fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

EOS右だけアウトバーンミラー装着

  メガーヌ、グランセニックで愛用しているアウトバーンミラー(AUTBAHNミラー)をEOSにも装着してみました。とはいえ、EOSのドアミラーは運転席側に自動防眩機能が備わっており、これを無駄にするのは忍びないので、助手席側(私の場合は右側)のみの装着です。通常アルファプログレスさんでは片側だけの販売は行っていませんが、そこは既に2台装着の実績から、無理言って片側だけ半額で販売してもらいました(笑) eosautbahn1.JPG EOSの適合は型番「GL08」です。GOLF5/3C PASSAT用と共通です。選んだ色はもちろん「シルバー」純正色です。 いつものようにミラーの裏側に付属の両面テープを貼り付けます。ミラーのギリギリまで貼ってしまうとはみ出ることがありますから、少し内側に貼り付けます。両面テープは水分を含むとゴム状に変化する外装用テープなので脱落等の心配はありません。逆に一度取り付けると綺麗に外すことはまず不可能でしょう。私の場合は一度もないですが、あまり強い力で押しつけると割れる可能性もあるので注意が必要です。力を入れて押さなくとも強力に接着します。 eosautbahn2.jpgeosautbahn3.JPG 張り直しがきかないので、いつものことですがかなり緊張しながら貼り付けます。 さて、装着前装着後の比較ですが、元々のミラー面積が小さくないので視野の広がり効果も大きいです。左右方向にも確実に広がっていますが縦方向への広がりが大きく、今まで見えなかったものが見えています。EOSはそもそもクーペ形状であることや、ルーフ収納スペースの必要性からリアに行くに従ってウエストラインがかなり上がっているので、助手席側後方視界が狭くて気を使います。日本ではどうしても右側に合流・車線変更する機会が多いので、左ハンドルの私のEOSでは結構怖い思いをしました。現在は助手席側サイドバックビューカメラ&モニターを装着しているので合流・車線変更が非常に楽になりましたが、アウトバーンミラーは更にミラー自体の視界を広げてくれるので安心感が高まります。 eosautbahn4.JPG バックする際に助手席側ミラーが自動的に下を向く機能(私の場合は2007年モデルなのでsmartTOPの機能で実現)を使っているのですが、ミラーが下を向いてしまうと後ろ方向が見えないので、自分の頭を下げて後ろ方向を見たりしていました。しかしアウトバーンミラーを付けると縦方向の視界がかなり広がるので、ミラーは下に向いていても後ろ方向を見ることができます。これは結構便利ですよ。