fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

S40 ディスプレイ(とその後の調子)

  フローティングセンタースタックの上の方についている大型ディスプレイは、オーディオ情報(iPodメニュー含む)、エアコン情報、車両設定情報などあらゆる情報を統合的に表示します。インパネ形状と併せて、純正オーディオを交換できない大きな理由の一つですね。これとは別に燃費や航続可能距離などを表示するトリップコンピュータ(S40 aktivにはディーラーオプション)のディスプレイはメーターパネル内にあります。 この大型ディスプレイなのですが、昼の顔と夜の顔があります。 s40display02.JPGs40display01.JPG 写真を見てお気づきの通り、昼は白地に黒、夜は黒地に白(黒白は便宜的な表現で実際の色は白=薄い緑、黒=グレーです)で表示されます。まあここまでは普通なのですが、私はてっきりライトスイッチと連動して昼夜表示を切り替えるモンダと思いこんでいましたら、昨日トンネルでライトを付けていないのに夜画面になっていることに気がつきました。どうもライトではなくてエアコンの日照センサーと連動しているようです。芸が細かいですね。ついでにオートライトつけてくれや(注:関西弁 訳「恐れ入りますがつけて頂けませんでしょうか」)って感じですが。 ディスプレイについてついでに。。。このディスプレイにもメーター内のディスプレイにも日本語(カタカナ)が多用されているんですが、このカタカナが微妙なフォントの半角カタカナなんです。日本仕様なので日本語というのは正解ですが、正直ちょっと格好悪いです(笑)ディーラーで1万5千円くらい出せば英語のプログラムに入れ替えてくれるそうですが。なお日本語バージョンであっても、CD TEXTやiPodの日本語表示には対応していないので表示してくれません。 さてS40の車内表示やスイッチのライティングはすべて薄緑です。純正ディーラーオプションの楽ナビAVIC-HRV002にはハードキーの照明を32,767通り(笑)に変化させる機能があり、光の三原色(赤・緑・青)の混ぜ具合をそれぞれ0~31の32段階で調節することができます。しかし、いくらやってもS40の薄緑と全く同一にはなりませんで、、、難しいです。写真では白く写ってしまってますが、必死で合わせた結果です。肉眼では薄緑に見えます。 s40display03.JPG 納車後500キロほど走ったS40ですが、調子が出てきました。最初は新車特有のエンジンが焦げる何とも言えない臭いがすごかったのですが、それが消えた頃からエンジンの回転感覚が軽くなり、燃費も少し良くなってきました。私の身体が慣れてきたのもあるのでしょう。サスはまだ硬いです。これはもう少し馴染んでくれることに期待。あとスピーカーの音が比較的良い音に聞こえるようになって来ました。純正スピーカーにもエイジングが必要なんでしょうか。純正オーディオは確かALPINE製ですが、どんなスピーカーがついているのか開けて見てみたい気がします。ステアリングの重さには未だに慣れず。これが軽ければ、もっと楽に運転できるのに。。。