fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

続 EOSワイパー不調

  kaishiさんのアドバイスでレインライトセンサー(部品名「レインセンサー」)の取付具合を見てみました。朝まで待てませんでした(笑) 結論から言いますと、レインライトセンサーは恐ろしくしっかりとガラス面に張り付いていまして、取り外すのに非常に苦労しました。ほとんど力ずくです。取り外したあとの再利用はできません。レインライトセンサーへのアクセスはこちらに詳しく書いています。 さて取り外した部品を見ると、1K0 955 559 AB 。現在は 1K0 955 559 AF に代替されています。 rlsdamage01.JPG センサー面にはシリコンのような質感のパッドが装着されていて、このパッドがガラスに密着する仕組みなのですが、見ると大小の気泡跡がたくさんあります。またパッドの中には小さな白いツブツブが。恐らく気泡は装着時にできたもの(一度ガラス交換していますのでその時でしょう)だと思うのですが、シリコンの中のツブツブは明らかに表面ではなくシリコンの中に埋まっています。この気泡やツブツブにレインセンサーが反応していたと見て間違いないでしょう。 rlsdamage02.JPG Bentleyのリペアマニュアルにも「レインライトセンサーのパッドとガラスの間に気泡があってはいけない」と書いてあるので、不具合の原因はこれだと思います。 現在maniacsさんに最新のレインセンサーのスペシャルオーダー問い合わせ中。