fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

続 クリスタルガード・プロ

 

最初はドアミラーカバーのみ施工するつもりが、勢い余ってボディー全体に施工しました。

(1)水を流しながらタオルでボディーの汚れを除去

(2)同梱されているクリスタルガード ウォッシュ・ワンとマイクロファイバータオルで洗車

(3)マイクロファイバークロスで水分を拭き取り

(4)濡らしたスポンジにクリスタルガード・プロを2~3プッシュしてボディーに塗り込み(鉄板・樹脂・ライトなどガラス以外全部)

(5)そのまま30分~2時間以上放置(私の場合は4時間放置)

(6)水を流しながらマイクロファイバータオルで浮いた成分を拭き取り

(7)マイクロファイバークロスで水分を拭き取り

さすがにボディー全体に施工すると丸一日作業ですが、自分で丁寧に洗っていると愛着が湧いてきますね。丸一日とはいえ、洗車も塗り込みも拭き取りも、とにかく「力を入れるな」と説明書に書いてあるので、それほどの重労働感はありません。水は大量に消費しますが。

肝心の仕上がりですが、私としては想像以上の艶で驚きました。プロショップにコーティングを頼んで完成した直後の艶と言えば言い過ぎでしょうが、それに匹敵するくらいの完成度があります。従来品のクリスタルガード・ワンとは次元が違います。

あと驚いたのが、サイドウィンドウの下のクロームメッキされたモールの雨染みが見事に消えてしまっていることです。ウォッシュ・ワンはカーシャンプーと言うよりはヌルヌルした界面活性剤(泡立ちません)だったので、これで洗ったときに取れたのだと思います。それにしても、特にモールを意識して洗ったわけではなく、「力を入れるな」に従って殆ど力も入れていないのにこんなに落ちるなんて驚きです。

艶がわかるように頑張って撮った写真

crystalguardpro01.JPGcrystalguardpro02.JPG

面倒ですが、やった甲斐がある商品だと思います。ガラス皮膜は施工後24時間で完全に硬化するらしいので、また来週末に同じ工程で皮膜を育てたいと思います。あと2回くらいは施工できる残量があります。