fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

S40スピーカー交換準備

  S40に装着したJBL P662Sが今ひとつ気に入らないので悶々としていましたが、結局交換を決意。全く我慢が足りない自分が情けない。。。 すっかりJBL P662Sを取り外して元通り(笑)いつものようにコーキングを全て取り去るのに四苦八苦(笑) 今回は大きなスピーカーを取り付けるので、事情が許す限り大きなインナーバッフルにしたいということで、真面目に型を取りました。サウンドウェーブメイワさん、またまた宜しくお願い致します。左右の型紙は1枚を裏表にしただけで、完全に左右対称です。 s40newbaffle01.JPGs40newbaffle02.JPGs40newbaffle03.JPG 次に純正ツイーター部の詳細調査。ツイーターカバーはグリル部分が出っ張っている独特のデザイン。カバーを取り去るとツイーターのお出ましです。ボンド等で固定されているわけでなく、複数のツメで止まっているだけなので、細いマイナスドライバーでツメを押して外します。 s40tweeter13.jpgs40tweeter06.JPGs40tweeter07.JPG 純正ツイーターはこんな感じです。このコンデンサだと、どのくらいの周波数でローカットしていることになるんですかね? s40tweeter11.JPGs40tweeter12.JPG ツイーター取付ホールの直径は40mm。しかしツイーターのすぐ奥にサイドベンチレーション用ダクトが通っていて、一番余裕のない場所で奥行9mmしかありません。 s40tweeter08.JPGs40tweeter09.JPGs40tweeter10.JPG さて今回選択したスピーカーは、HERTZのMLK165 2way System、MILLEシリーズの中でもコストパフォーマンスを重視したシステムです。日本語ページはこちらml_165.jpg HERTZ/MLK165 定価(1ペア) 77,700円 スピーカータイプ 2Way ML28+ML165+MLCX20 再生周波数帯域 35Hz~25kHz 定格入力 150w 入力インピーダンス 4Ω 出力音圧レベル 92.0dB クロスオーバー周波数 2.5KHz:12/12dB/oct ウーハー取付穴口径 144mm ウーハー取付奥行 76mm ツイーター取付穴口径 38.5mm ツイーター取付奥行 17mm(big chamber) 9mm(small chamber) コストパフォーマンス重視とは言っても、ミッドバスML165のV型コーンは、EOSに装着しているML1600のコーンと全く同じもの。ML165のV型コーンはEOSに付けたML1600とは色が違う(シルバー)。本国ページで調べるとML165は「The cone fiber made from cellulose」と書いてあり、ML1600の「Water repellent pressed paper」とは違うよう。アルミダイキャストフレーム全く同じで、唯一マグネットがML1600のネオジウムに対してフェライトになっているだけ。そのせいで、ユニット重量はML1600の1220gに対して1700gと超弩級です。ツイーターML28は、コットンとシルクをある割合で混ぜた素材の28mmドーム。スモールチャンバーとビッグチャンバーを付属し、1kHz前後から再生可能なワイドレンジツイーター。クロスオーバーも2.5kHzと相当低めです。ネットワークはバイアンプに対応し、上下とも12/12dB/octでカットする本格的なもの。面白いのは、HERTZ特有のHFC(High Frequency Contour)という機能。リスナー側スピーカーとリスナーとの間の角度(近い方のスピーカーは自分に対する角度が大きくなるので、特に高音域が減衰する)による音の減衰を補正してくれるようです。S40は私一人で乗ることが殆どで、尚かつ細かな調整機能を持たない純正ヘッドを使うので、この機能による効果が非常に楽しみです。更にHERTZのハイエンドMLK2やMLK3に付属する巨大ネットワークになると、TAD (Time Alignment Device)というタイムアライメント補正機能までついているのですが、このMLK165システムにはありません。何れにしても、このMLK165システムのコストパフォーマンスは非常に高いのではと思います(同等内容のFOCALなら10万円弱)。 さてS40にこんな大柄なスピーカーを取り付けて大丈夫か?ということですが、たぶん大丈夫です。 ミッドバス(バッフルはアピトン×2層 36mm) ☆ドア内部側クリアランス(45mm→今日測ったら50mmくらいはありそう)   76mm(ML165取付奥行)-36mm(バッフル厚)=40mm<45mm ☆内張側クリアランス(47mm)   36mm(バッフル厚)+80mm(ML165全長)-76mm(ML165取付奥行)=40mm<47mm ☆スピーカー取付穴径(140mm)   車体側スピーカーホールが140mmに対してML165の外径は144mmだが、バッフルで嵩上げする分、外径が小さくなるので140mmのホールでも収まる。 ツイーター ☆純正ツイーターホール 40mm>38.5mm(ML28取付穴口径) ☆ツイーター奥行クリアランス 9mm=9mm(ML28 small chamber) 奥行が少し微妙なのと、ML28のグリルが純正ツイーターカバーの内側に当たらないかどうかはやってみないとわかりません。 スピーカーはサウンドウェーブメイワさんに発注済み。今日作成した型紙を元に再度MLK165と現物合わせでバッフルを作成して頂きます。