fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

S40 HERTZ MLK165ネットワーク&ツイーター装着

  サウンドウェーブメイワさんに、MLK165のネットワークとツイーターのみ先に発送して頂きました。 mlk16501.JPG 一見して「ネットワークがでかい!」と思いました。このネットワークMLCX20ですが、私が探した限りネット上にサイズの情報がありません。スピーカーと一緒に写っている写真で大きいことはわかっていたのですが、実物は想像以上に大きく且つ重いです。作りは丁寧な感じで、この価格帯のシステム付属ネットワークとしては、なかなか良いものを奢っているのではないでしょうか。ツイーターレベル(0.0、-1.5、-3.0、-4.5dB 4段階調整)、モノアンプとバイアンプの切替、HFC (High Frequency Contour)機能のON/OFFは全て取っ手の付いた太いピンを差し替えて行います。 mlk16502.JPGmlk16503.JPG サイズは実測で縦18.5cm、横12.5cm、高さ4.5cmといったところです。 mlk16505.JPGmlk16506.JPGmlk16507.JPG 大きいのは大きいのですが、無理すればドア内張の中に装着することも可能だと思います。が、このなかなかやってくれそうなネットワークを見て、ドア内張の中に装着するのは少々もったいない感じがしてきました。明日S40を分解してみて可能であれば、純正ヘッドの少ない調整機能が有効に使えるように、このネットワークの特長を活かしたインストールにチャレンジしてみたいと思います。 ツイーターはスモールチャンバーとビッグチャンバーが付属。ビッグチャンバーの場合は穴をくり抜いてサーフェスマウントしないとダメそうですが、スモールチャンバーなら何とか純正位置には収まりそうな気がします。 mlk16504.JPG