fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

S40 BSR PPC Tuning System

人が真面目に仕事をしているときに限ってメールをしてくるCで始まるハンドルネームの方がいらっしゃいまして。その方が、eBay.ie (Ireland)にこんなのが出てるよ!と紹介して下さったのが、スウェーデンにあるBSR社の PPC Tuning System。日本ではVOLVO用に限ってBitte横浜さんで一律13万円。 私のS40はAKTIVという廉価バージョン。同じ2400CCのN.A.エンジンなのに、上級グレードの2.4iが170ps/23.5kgmに対して、AKTIVは140ps/22.4kgmにデチューンされています。しかもデチューンはECUのみで、他に何も変わるところなし。ならばECUをチューンして2.4i並の出力を得てもリスクは非常に少ない。BSR社のホームページの VIN decoder に自分の車のVINコードを入力すると、PPC Tuningの適合がわかります。私のS40は178ps/240Nm(24.5kgm)までチューニングできる模様!やるっきゃない!下のチャートを見ると、オリジナルがトルクをECUで絞っているのがよくわかります。 s40chart.png ということで4月9日に発注。ebayは怖いのでBSR社に直接ネットで発注しました。発注して暫くすると決済用フォームが送られてくるので、VISAカードなどで支払いを済ませます。するとユーザーIDとパスワードがメールで送られてきて専用ユーザーページにログインできる状態になります。商品構成はPPCユニット本体、OBD2ポートケーブル、USBケーブル、取扱説明書。 bsrppc01.JPG PPC Tuning Systemの面白いところは、ユーザーがパソコンとPPCユニットをUSBケーブルで繋いで"sync"すること。syncすることによって、最新のプログラムがPPCユニットにダウンロードされ、必要に応じて車両側の情報がBSRのサーバーにアップロードされます。 購入直後のPPCには、VINコードから予想されるチューニングファイルが2通り収められています。このまま車両に繋げてチューニングしても良いのですが、一応パソコンに繋げてPPCの内容をアップデートします。syncするにはPPC syncというオリジナルソフトをインストールします。自分の車両情報やsync履歴、プログラムナンバーなどは全て専用ユーザーページにログインして確認することができます。 bsrppc02.JPG PPCのアップデートが終われば車両に接続。OBD2ポートはS40の場合、運転席のダッシュボード右下部にあり、付属のOBD2ケーブルでPPCを接続します。チューニングするにはエンジンを掛けずIGN ON状態にします。もしPPCの中に予め入っている2個のプログラムナンバーの内どちらかが適合すると、チューニングするかどうか聞いてくるので、ENTERで開始。しかし私の場合、適合しない場合に出てくる"Read car"メッセージが出ました。この場合、車両側のソフトウェアをPPCに取り込んで(Read carして)、それをパソコンでsyncしてPPCのサーバーに送ります。通常1~5日でメール通知が来て適合プログラムのsyncが可能になるとのこと。今日のところはパワーアップを体感できませんでした。因みに車両側プログラムの読み取り時間は約2分でした。 bsrppc03.JPG 私の知る限り、通常チップチューニングディーラーでする作業が自宅のPCでできるのはこのPPCのみです。自分の車に適合したプログラムが改変された場合もメールで通知がきて無料でダウンロード&インストールすることができます。なかなかスマートなシステムです。もちろんこのPPCユニットを使って、いつでもノーマルプログラムに戻すことができます。これで352ユーロ(約4万6千円)は安いです(送料59ユーロ)。適合プログラムが待ち遠しいです。