fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

ラバーシールのメンテナンス

  過去の記録を調べてみると、 2007/4 納車 2007/12 ラバーシールメンテ実施(WAKO'S フッソオイル105) 2008/11 ニトフロンテープ施工 とラバーシールの本格メンテは1回しか実施していません。 最近屋根のガタピシ音が気になってきたので、純正LubricantのG052172A1を購入しました。30ml入りの液体タイプです。 G052172A101.JPG EOSのラバーシールというラバーシール全てに施工します。とにかくEOSにはラバーシールが多く、分割屋根部分はオープン動作中に止めないとアクセスできないラバーシールもあります。トランクまで含めて全部で2時間かかりました。徹底的に塗りました。ディーラーのメカニックも絶対に私ほど丁寧に施工しないと思います(笑)愛情のかけ方が違います(笑) 最初は写真のようにLubricantをラバーシールに適量つけて指で伸ばしていたのですが、やっている内に手に適量つけて伸ばすのが一番施工性がよいことがわかりました。EOSの全ラバーシールに施工して、30mlのちょうど半分を消費。スプレータイプよりも液体の方が飛び散らないので必要な量だけ使用できて施工性が良いと思います。 G052172A102.JPG さて施工後試運転。普通に走っている限り、屋根からの音は「無音」になります。本当に気持ちいいです。屋根からの音が気になってきた方に、この液体タイプの純正Lubricantがオススメです。30mlで1万円弱と高めですが、これで2回施工できます。