fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

EOS センタートリム「ブラック」

  日本で販売されなかった2006年式のEOSは、オーディオ&エアコン部分のトリム(便宜的にセンタートリムと呼びます)がブラックでした。2007年モデル以降は、ここがハイクローム(1Q0 858 069 F トリム オートエアコン L88 ハイクローム)に変わったので、日本に正規輸入されたEOSは全数ハイクロームになっているはずです。 さて、このハイクロームのトリムですが、特に気に入らないわけでもなく何の気なしに付き合ってきたのですが、先日川崎マリエンにて、ここをマットブラックに塗装されているtompapaさんのお車の実物を拝見する機会があり、木目内装とマットブラックのマッチングの渋さにやられてしまいました。しかし、私は塗装が大の苦手で、今までうまく行った試しがありません。ということで、2006年モデルに装着されていた1Q0 858 069 D トリム オートエアコン 1QB ブラック を調達です。日本のVWのパーツ在庫は時として面白いものまで在庫しており、日本で装着車両がないブラックのセンタートリムが日本で入手可能です。なのでmaniacsさんに発注してから3日で到着。9千円弱。因みに私のマルチファンクションウッドステアリングも日本で発売されていない仕様のPASSAT用なのですが、日本のパーツセンターで在庫されていました。この辺りの在庫方針が面白いですね。 ハイクロームのセンタートリム centertrim01.JPGcentertrim02.JPG ブラック化。ステアリングバッジもオリジナルのブラックに戻しました。 centertrim05.JPGcentertrim04.JPGcentertrim03.JPG 木目にはこっちの方がグッド!とご満悦です。 因みに、1Q0 858 069 F トリム オートエアコン B9A キャンディーホワイトなんてのもありますので、冒険家の方はどうぞ!