fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

イギリスからの届き物 CANM8-TALK

  イギリスのNCS-SYSTEMS社から、無事にCANM8-TALKが届きました。CANM8-TALKは、現在EOSで使用しているBluetoothハンズフリーキット「NOKIA CK-7W」を、純正マルチファンクションステアリングスイッチの電話ボタンとボリュームUP/DOWNボタンで操作する為のサードパーティー製ツールです。このツールを使用すれば、NOKIA CK-7Wに付属の有線コントローラーをインストールする必要はありません。本体139.95+送料7.5=147.45ポンド。少々お高いです。こんなツールがあるくらいですから、NOKIA CK-7Wは欧州では余程メジャーなBluetoothハンズフリーなんですね。 さて、届いたCANM8-TALKです。 cantalk01.JPG 届いて説明書を読んでみて初めてわかったのですが、CANM8-TALKNOKIA CK-7WとParrot CK-3000の両メジャーハンズフリーキットに対応すべく、両方にコンパチブルなハーネスが付属しています。 cantalk02.JPG コンパチブルハーネスのうち、Parrot CK-3000にしか使用しない部分は邪魔なので外します。 cantalk03.JPG さて、配線要領ですが、 ①付属ハーネスの12PコネクタをCANM8-TALKに差し込む ②付属ハーネスから出ているCK-7Wコントローラジャック(RJ)をCK-7Wのコントローラ端子に差し込む ③付属ハーネスの下記リード線を結線する  (1)赤:常時電源へ  (2)黒:アースへ  (3)青:CAN+へ  (4)白:CAN-へ  (5)黄:オーディオ等のミュート端子へ ④付属ハーネスから出ている4ピンコネクタをCK-7Wのパワー端子に差し込む。CK-7Wへは付属ハーネスから常時電源、ACC電源、アース、ミュートが供給されるので、CK-7W側では何の結線も必要なし。面白いのはACC電源で、上記③の通りCANM8-TALKには車体からACC電源を供給しないが、CANM8-TALKが自分でCAN信号からACC信号(Max 1A)を取り出してCK-7Wに供給してくれる。また今回使用しないが車速信号の取り出しラインも付属。残念ながらイルミ信号やリバース信号の取り出しはないので、CAN-BUSアダプタの完全な代わりにはならない。 ⑤CANM8-TALKはCK-7Wの音声出力には介在しないので、音声スピーカーはCK-7Wと直接繋げる。 車体への取付は、できれば今週末を予定。