fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

一番欲しいセダン

  今日仕事で首都高を走っているとシトロエンC5に出会いました。 街で見かけること数回ですが、見るたびに「やられた~」と思ってしまいます。 c5_03.jpgc5_01.jpgc5_02.jpg 今日見かけたのは写真と同じ「マティ ボワール」というベージュ系外装。私の好みの色です。写真よりも実物の方が遙かに格好良く、数ある輸入車セダンの中から敢えてBMW3やメルセデスCを選ばずにこの車を選ぶ人はどんな人だろうと運転者を観察してしまいます。 この車を選ぶ積極的理由は、デザイン(インテリアも含めて)と充実の装備、そして何といってもハイドラクティブIIIプラスサスペンションでしょうか。逆に選べない理由は、未だにナビの取付が全く考慮されていないインパネやオーディオをいじるのが難しそうなところ、そして最大の難点はパワートレイン。2.0NAと4AT、3.0NAと6ATの2グレードですが、どちらも古いエンジンでパワーはもちろん燃費も不利。まあ本国ではディーゼル主体なので、ガソリンはおまけ扱い(笑)なのでしょうか。この車にVWの2.0TSIが載っていれば。。。(笑) 選べない理由はあるものの、ルノーラグナクーペ同様に、このデザインに惚れたら買うしかない!って感じですが。いつか手に入れたいものです。 ディーゼルといえば、全然知らなかったのですが、日本で買えるALPINAに3シリーズのディーゼルが用意されているんですね。 限定150台で。 ・D3 Biturbo Limousine 左ハンドル6MT/左ハンドル6AT/右ハンドル6AT ・D3 Biturbo Touring 左ハンドル6AT/右ハンドル6AT ・D3 Biturbo Coupe 左ハンドル6MT エンジンは全て2リッターディーゼルツインターボ 214PS/45.9kgm。0→100km/h 6.9秒 最高速度244km/h。速いです(^^;) このトルクに6ATの組み合わせ、魅力的ですね~。さすがにMT好きの私でもディーゼルエンジンをMTで走らせようとは思いません。 家族車には小排気量で大トルクの最新クリーンディーゼルが欲しいなと思っているのですが、日本で買えるようになる日は来るのか。。。