fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

小ネタ OSIR ZERO SQUARE for the Square Key

  小ネタシリーズも今回が最終回。純正リモコンキーのスイッチ部と交換装着するOSIR ZERO SQUARE for the Square Key を購入してみました。maniacsさんで販売しているOSIR ZERO SQUARE には2種類あって、Set-A がクロームとダーククロームSet-B がシルバーとダーククロームのスイッチ部装飾カバーが同梱されています。買ってから気が付いたのですが、装飾カバーは2種類入っていますが、肝心のスイッチ部が1個しか入っていないので、2個のキーに2種類のカバーを装着することはできません。メインキーとサブキー両方に装着する場合を考慮してスイッチパーツを2個入れてくれても良いのでは?と強く思います。あるいは、3色カバー+スイッチパーツ2個or3個のセットがあれば完璧です。 ということで、私の場合メイン、サブともにスイッチ部を交換したかったことと、3色全部を手にとってみたかったので、仕方なくSet-A とSet-B の両方を購入しました。スイッチパーツx2、シルバーx1、クロームx1、ダーククロームx2の構成です。交換は純正のスイッチ部(ゴム製)を剥がして、OSIR ZERO SQUAREをはめるだけ。 zero201.JPGzero202.JPGzero203.JPG 「はめるだけ」と書きましたが、私の場合、純正リモコンキー2個ともに、OSIR ZERO SQUAREの装飾カバーをはめるのに結構な労力を使いました。というのも、私の指の力では装飾カバーがうまく最後まではまりきらないで、どうしても少し浮いてしまうのです。カバーが浮いていると相対的にスイッチが奥まってしまい、うまく押すことができません。なので、まず装飾カバーを指で力一杯押し込んだ状態で、マスキングテープを装飾カバーの上からグルグル巻き付けました。更に在庫で持っている市販のクッションシート(5mm厚くらい)を巻き付けました。そして、刃の部分をビニールテープでグルグルに養生したペンチで装飾カバー部分を挟んで力を入れて押し込みました。ペンチで挟んではクッションシートやマスキングテープを一度はがして装飾カバーの入り具合をチェックし、また巻いて挟んでの繰り返し。最終的にはほぼツライチまで押し込むことができましたが、涙ぐましい努力でした。これはキースイッチ部の個体差なのか、私の指の力が弱いのか。。。なおこの方法はペンチで装飾カバーを傷つけることのないようにと考えた方法ですが、それでも傷が付かないとは限りませんのでご注意を。 左:シルバー  中央:クローム  右:ダーククローム zero204.JPGzero205.JPGzero206.JPG 横から見た装飾カバーの盛り上がり。クロームとダーククロームは写真では違いの再現が難しいです。 zero207.JPGzero208.JPG 最終的に一番のお気に入りは文句なしにダーククローム(メインキーに)、次点がクローム(サブキーに)でした。でもなんか両方ともすぐ傷つきそうですね。シルバーが一番傷には強そうでしたが、ちょっとインパクトが足りないかな。