fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

EDOX CHRONOMETER POWERRESERVE

EDOXといえば、ある年齢以上の方には認知度が高いと思います。デジタル・クオーツ全盛になる前に日本でも相当流通していたスイスのメーカーですが、ある時期以降すっかり影を潜めてしまいました。また最近数年間で大復活を遂げたようですが、昔の面影の欠片もない、結構派手なスポーツウォッチを作っています。昔は数万円の機械式が中心でしたが、いまは数十万中心。ブランドを買収して復興してくれるのは良いのですが、イメージがこれほど変わった例は少ないと思います(一部の雲上ブランドを除いて、現在の機械式時計メーカーのほとんどが一度衰退したブランドを誰かが買い取って復興したものです)。

EDOX CHRONOMETER POWERRESERVE

ケース素材 不明 (恐らくSS)

風防素材 不明 (恐らくサファイアクリスタル)

ケース径 34mm

ケース厚  9mm

ムーブメント ETA2892A2

自動巻き

公認クロノメーター

パワーリザーブインジケータ付

防水性能不明(恐らく日常生活用防水)

クロコダイルストラップ

シースルーケースバック

edox.JPG

サイズも含めてクラシカルで地味な時計ですが、公認クロノメーター、パワーリザーブインジケータ、シースルーバックと、時計好きのツボをおさえた時計です。機械式時計の精度証明(ムーブメント1個1個テストされます)は、クロノメーター検定とジュネーブシールが有名ですが、ジュネーブシールは超高級メーカー御用達なので今までご縁がありません。クロノメーター検定は比較的安価な機械式時計でも受検していることがあるので、何個か持ったことがあり、現在も持っているのですが、受検していない機械式時計よりも精度が良く安心できます。