fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

COX フロント&リア スタビライザー装着

  RED先輩、マタさん、kaishiさんが既に装着済みで好評な強化スタビライザー。私は今まで乗り心地に及ぼす影響が心配で手を出せずにいましたが、皆さんのレポートを読んで、とうとう我慢できなくなってしまいました。 向かったのは、GOLF FUNの企画でお馴染みのGARAGE BLUEさん。 私もはなまるさんも大好きな、東名下り御殿場手前の右コースで、ノーマルスタビの最後の感触を確かめつつ、富士川SAで休憩。あんな事故があったばかりですが、今年一番綺麗な富士山です。 coxstabi01.JPGcoxstabi02.JPG GARAGE BLUEさんは、東名清水インターを降りて3分と、非常に便利なところにあります。GOLF5 GTIのCUP CARや、GTI化されたⅢのワゴンがありますが、レース専門ということでなく、とても気さくなプロショップです。 coxstabi03.JPGcoxstabi04.JPGcoxstabi05.JPG さて、今回選んだのはCOXのスタビライザー。COXを選ぶ過程で、GARAGE BLUEの山田オーナーに色々相談していたのですが、COXのスタビには下記の特長があることを教えて頂きました。 ・太さは純正装着スタビと同じ。ただし、純正が中空パイプであるのに対して、COX製は中実になっている。VW RACINGブランドでディーラーオプション設定されているスタビと全く同じもの(ただし単品販売されていないCOXコンプリートカー専用スタビは一回り太い)。 ・中空の強化型に比べると、中実のCOXの方が多少柔らかく、太い中空スタビの方がスタビを強化した感は得られやすい。逆に言うとCOXの方がマイルド。 ・社外スタビの中で、COXのみ純正のゴムブッシュを再使用する。GOLF4以前の純正スタビとGOLF5以降の純正スタビはブッシュの使い方が変わっていて、GOLF4以前はブッシュの中でスタビが動くが、GOLF5以降はゴム製のブッシュとスタビが密着していて動かない。その代わり、ゴム製ブッシュがたわむことによってスタビが動く。純正およびCOXでは、ブッシュとスタビが密着して動かないことが前提なので、ブッシュには絶対に給脂や潤滑剤塗布をしてはいけない(交換のためにブッシュから純正スタビを抜くときも、決してブッシュ内面に石けん水や潤滑剤をつけないようにとの注意書きあり)。 coxstabi07.JPG ということで、作業開始です。まずは元COXの熊沢チーフがショップの周りを一回り試運転。「ROMチューンしていますね。速いのに扱いやすい良いROMチューンですね。乗り心地が良いのにしっかりと踏ん張るから、帰ってきて見てみたら足変えてましたね。スタビ要らないのでは?」。お客様(私)、すっかり気を良くしてしまいました(笑) フロントを熊沢チーフ、リアを山田オーナーに担当して頂きました。非常に手際よく作業が進みます。 coxstabi06.JPGcoxstabi08.JPG リアのスタビを抜くときに、多少知恵の輪状態になっていたようですが、特に何も外すことなく知恵の輪が解けたようです。リアの純正とCOXを並べてみましたが、見た目には殆ど一緒。違いはCOXに3段階調整用の穴があることと、商品シールが貼ってあることくらい。リアは3段階の真ん中(ミディアム)に設定しました。ほとんどの方がこの位置らしいです。因みにスタビリンクは以前から装着しているNEUSPEED製。 coxstabi09.JPGcoxstabi10.JPGcoxstabi12.JPG リアの純正ゴムブッシュは流用簡単。 coxstabi11.JPGcoxstabi13.JPG フロントスタビですが、GARAGE BLUEさんではサブフレームを完全には降ろしてしまわないようです。中央の写真の位置まで下げて抜いていました。ついでにマタさんが切削加工されたアンダーカバー。山田オーナー曰く「補強を兼ねてますね」。 coxstabi15.JPGcoxstabi16.JPGcoxstabi14.JPG 問題はフロントのブッシュ&ブラケット流用。リアがゴムブッシュの上から被せるブラケットのみであるのに対して、フロントのブラケットは被せる方とベース側の2ピースで、この2ピースが特殊なナットでカシメられています。このカシメナットを取り外して純正スタビを抜き、COXスタビを挟んでから、再度カシメなければなりません。この作業を嫌がるショップが多く、また工賃を高く設定しているケースも多いそうです。また再カシメに失敗して、ブラケット同士を溶接しているケースもあるとのこと。因みにGARAGE BLUEさんでは、慣れているので専用ブッシュに交換するタイプのスタビと同じ工賃(しかもそれが安い)でやってくれます。フロントは写真を撮り損ねましたが、2段階のうちソフトに設定。ほとんどのGOLF5 GTIユーザーはフロントをハードに設定するそうですが、私はEOSなのでソフトにしました。 coxstabi17.JPG 作業時間は2時間。そのうち半分弱はフロントブラケットの再カシメに掛かっていました。ホント大変そうです。帰宅後、GARAGE BLUEさんのblogを覗いたら、すでに作業風景が掲載されていました。「メカニック泣かせ」だそうです(笑)。逆に言うと、メカニック泣かせの作業を強いてまで純正ブッシュを流用するところに、何らかの考えがあるんでしょうね。 さて、12時過ぎにGARAGE BLUEさんをあとにして東名高速でテスト。いやー、明らかに安定しています。全然ちがいます。結構な速度でのレーンチェンジにも全く不安がありません。グラッと来ません。これはマズイぞ(笑) そして、御殿場ICで降りて、いつもの山坂道に持ってきました(笑) いやー全然ちがう。マタさん、kaishiさんも書かれていたとおり、まさにオンザレイル感覚。あまりにも簡単にスッと頭が入って、少ないロールで曲がっていくので、調子に乗っていると飛んでいくかも知れません。まあ、楽しいの何の。乗り心地は良路では全く変化なし。荒れた路面で左右に揺すぶられる感覚が増えたり、ステアリングに入ってくる振動が増えましたが、突き上げられるような乗り心地の悪化は全くなし。ショックの減衰力をソフト側に変えようという考えも浮かびませんでしたので、F11/R12のままで今のところ問題ありません。まあ、まだ興奮中なので、後日忘れた頃に「硬いな」と思うかもしれませんが。 coxstabi18.JPG こんなに楽しくなるんだったら、もっと早くやっておけば良かった、そんな感じです。