fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

フロアデッドニングの効果体感

 

昨日、アンプを修理に出してしまったので、現在EOSは無音状態。そういえば、オープン時は無音にするときがあるものの、クローズド状態では滅多に無音で運転することがないので、とても新鮮な感じです。

carpet15.JPG

ということで、昨日の帰宅時と今朝の出社時に無音で乗ってみての感想。

・基本的にとても静か。時々ボディ(屋根)のきしみ音が出る程度。

・いろんな音が遠くから聞こえるよう。

・ミッションリンケージの変速時の音が、かなり静かになっている。

逆に何がうるさいかも特定できました。

・空調のフラップ?の「カッカッカ」という音

・空調のブロア音

・タイヤノイズ

空調の「カッカッカ」という音やブロアの音は、異常ではないだけに始末が悪いですね。高級車なら、殆ど音がしないような工夫がされているはずです。フラップ音は、最新のVW車では対策されているようですね。

センタートンネルは無理としても、床だけであればフロントシートを外して、サイドシルパネル一式を外せば、カーペットを全部剥がさなくても施工できるので、ノイズが気になる人には、ドアのデッドニングと併せてお勧めします。