fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

どっちから見てLR?ロックプレート

  大変小さな部品を交換しました。グローブボックスのストッパーを受ける部分で、ロックプレートという部品名称です。実は、以前グローブボックスに、SONY CDX-M7810を装着していたとき、このヘッドユニットは奥行が相当長いので、どうしてもグローブボックスのフタにボリュームダイヤルが当たってしまいました。そこで、このロックプレートの部分を削って、フタが少々手前でロックされるようにしていたわけです。 写真はロックプレートを外した状態です。 lockplate02.JPG さて、先日SONY CDX-M7810をALPINEのDVA-9861Jiに交換したので、この奥行問題は解決しました。従って、加工したロックプレートを元に戻すために注文。 ロックプレートには4種類あります。 A:1K1 858 543 9B9 LH LHD(左ハンドルの左側用) B:1K1 858 544 9B9 RH LHD(左ハンドルの右側用) C:1K2 858 543 9B9 LH RHD(右ハンドルの左側用) D:1K2 858 544 9B9 RH RHD(右ハンドルの右側用) 私が加工したのは、グローブボックスを正面から見て左側のロックプレートなので、迷わずAを注文。しかし、到着したロックプレートは適合しません。ということは可能性としてはBが一番高いのですが、二度手間三度手間になっても面倒なので、A~Dを全部注文(笑) lockplate01.JPG 結局、グローブボックスに向かって左側のロックプレートがRH、右側のロックプレートがLHで、両方ともLHD用が私のEOSには適合しました。今まで無意識に「向かって右、左」で発注して失敗はなかったのですが、今回は全く逆。パーツリストの表記が間違っているのか、それともたまたまグローブボックスは裏から見るのが伝統なのかはわかりません(笑) 無事交換完了。右側は交換する必要はなかったのですが、せっかくなので新品に交換。 lockplate04.JPGlockplate03.JPG 右ハンドル用ロックプレート左右1セット余りましたので、この部分を交換したい方がいらっしゃれば差し上げます(笑)