fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

浮気は本気になるか?アンプ

  現在、Bewith R-407を修理に出しているわけですが、その間、ちょっと浮気をしてみました。 ARC AUDIO KS300.4 定格出力(RMS) 90 x 4 WATTS @ 80A Eff.75% (4Ω) 175 x 4 WATTS @ 113A Eff.68% (2Ω) 350 x 2 WATTS @ 132A Eff.53% (4Ω) BRIDGED 周波数特性 7Hz~68KHz S/N比 >98dB クロスオーバー 55Hz~5.5KHz バスブースト 0~15dB@45Hz ダンピングファクター >800 寸法 205mm×335mm×60mm 入力インピーダンス 13KΩ 入力感度 0.25~4.0V k300401.JPG いくら私でも、さすがに修理期間中のためだけにアンプを買うことはありません。S40で使っているKS125.2 Miniが、小さいのにとても良い音がして、たいそう気に入っているので、同じARC AUDIOのアンプを試してみて、もしR-407よりも気に入れば、修理から上がってきたR-407を売ってしまおうという算段です。KS300.4は、今回ヤフオクで定価の半額を大きく下回る価格で、プロショップのデモボードでしか使用していない極上ものをゲットできたので、やっぱりR-407の方が良いということになれば、ほとんど損せず転売できる見込み。これを、「ヤフオクで買った程度の良い中古品はヤフオクで売れば損しない法則」と呼んでいます(笑) ということで、とりあえず暫定接続。サイズはほぼR-407と同じでコンパクトです。 k300402.JPG 仕事の移動中に1時間ほど聞いてみましたが、基本的にS40と同傾向の音で、アメリカ製品の割には音圧志向ではなく音質志向です。R-407が正確で繊細な音という感じなのに対して、KS300.4は良い言葉で書くと肩の力が抜けている感じ、悪い言葉で書くと大雑把。音の厚みはKS300.4の勝ちですが、R-407は音量を上げていくと、音の粒一つ一つの大きさは変わらずに粒の数が増える感じで、もっと音量を上げたくなる一方で、KS300.4は音の粒自体が大きくなる感じで、うるさくなります。今のところ、普及帯のKS300.4に対して、相応にR-407の勝ちかも知れません。