fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

RENAULT Clio RS フロントグリル考

  納車前なので妄想ネタばかりなのですが。。。 目に見える部分で、Clio RSがマイナーチェンジを境にして一番大きく変わったのは、フロントグリルまわりのデザインだと思います。この辺りは意見の分かれるところではありますが、私個人はマイチェン前のシンプルなデザインが好きです。スパルタンな外装が好みの方は、マイチェン後の方が攻撃的な感じで良いですね。ただし、少し「取って付けた」感は否めません。 マイチェン前/マイチェン後 2010Clio20th10.jpg2010Clio20th09.jpg で、このブラックアウトされたフロントグリル回りですが、ブラックの印象が強烈なので案外話題に上らないのが、ガンメタリック アンスラサイトのバージョンです。本国ではブラックとガンメタ アンスラサイトを選ぶことができます。リアデフューザーについても同様です。ガンメタ アンスラサイトを選択すると前後ともガンメタ アンスラサイトになるのか、前後別々にオーダーできるのかはわかりません。「'Anthracite' - Exterior Pack(アンスラサイトエクステリアパック)」を選択すると、フロントグリル&リアディフューザー&ドアミラーカバーが一気にアンスラサイトになります。ブラックのボディには、このガンメタ アンスラサイトグリル&リアディフューザーが似合いそうですね。 2010Clio20th05.JPG2010Clio20th06.JPG2010Clio20th07.jpg2010Clio20th08.jpg それでは、私が発注した20th Anniversary Editionはどうなっているのかというと、フロントグリル上部はグロスブラック、下部のヒレのような部分はガンメタリック アンスラサイト、リアディフューザーグロスブラックとなっております。少し変則的な配色です。 2010Clio20th01.jpg いつもお世話になっている先輩にお願いして、グロスブラックのフロントグリル上部をボディ同色にして頂きましたm(_ _)m 2010Clio20th04.jpg もっと大人しくてシンプルな顔つきに変わると期待しましたが、やはりこの部分はブラックがよろしいようで。。。 フロントグリルのボディ同色化計画は、構想段階で終了しました(笑)