fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

ポータブルナビ考

  CLIO RSに付けるナビで色々妄想しています。 勝手についてくるTOMTOMナビは、日本では無用に大きな外気温計&時計&オーディオ状態表示モニターに過ぎないので、やはり別にナビを取り付けなければなりません。 照準はポータブルナビとかメモリーナビと呼ばれているもの。そもそもCLIOにはナビ取付に適したスペースが乏しいこと、ナビにAV機能を求めないこと、ポータブルナビの進化が昨今激しいことなどから、本格的なHDDナビは要らないかなと。 <ポータブルナビ選定条件> 第1条件 : 渋滞表示機能 もはやナビに渋滞情報が表示されるのが当たり前なので、この機能がないとちと辛い。ビーコンまで対応していなくても良いが、FM-VICS(フィルムアンテナタイプ)は必須。SMART LOOPのみは不可。この時点で海外製のナビを含めて大半のポータブルナビが脱落。 第2条件 : ワンセグワンセグフィルムアンテナ対応 朝の通勤時に、テレビ朝日堂真理子アナが見られないとダメなので(笑) そして、内蔵ロッド式アンテナを室内で伸ばすのは美観的にNG。 第3条件 : 自律航行機能(ジャイロ)内蔵 トンネルや高架下で自車位置が止まってしまうと寂しいので。 第4条件 : 外部GPSアンテナオプションあり 電波遮断ガラスだった場合に必要(並行車なので一応考慮) 第1~第4条件を満たすポータブルナビ カロッツェリア エアーナビ AVIC-T07 AVIC-T07.jpg パナソニック ポータブルSDカーナビステーションのFM-VICS内蔵モデル SDNAVI.jpg サンヨー ゴリラのFM-VICS内蔵モデル sb570001.jpg ソニー NV-U75VVICSオプション nv-u75v.jpg 更に絞り込みます。 第5条件 : 外付けのユニットが不要(全ての機能を内蔵) この時点で、VICSが外付けになるSONYと、FM-VICSチューナーを吸盤スタンドに内蔵しているパナソニックが脱落。 第6条件 : 軽量コンパクトで、画面は5インチ前後 エアーナビ AVIC-T07 5.8インチ 本体寸法 178mm(W)×99mm(H)×35.8mm(D) 質量 約500g ゴリラ NV-SB570DT 5.2インチ 本体寸法 139mm(W)×86mm(H)×21.5mm(D) 質量 約260g AVIC-T07は、使い慣れたPIONEERの地図(しかも地図圧縮技術でHDD同等データ+毎月更新3年無料!)、FM-VICS+SMART LOOP、VGAモニター等々魅力満載なのですが、5.8型というモニターサイズもあって本体がデカ厚すぎます。4.8型のAVIC-T05もありますが、こちらはFM-VICS/外部GPSアンテナ/ワンセグフィルムアンテナなどすべて非対応で、本体も他社と比較するとデカ厚。今回のエアーナビ新商品は、Bluetoothを省いてしまったことや、小型化に気を使っていない点がちょっと??です。 ということで暫定王者は、ゴリラ NV-SB570DTimg570large.jpg 今まで正直、サンヨーのナビに注目したことはなかったのですが、今回色々調べてみると、かなり実力ありそう。タッチパネルのポータブルナビにしては珍しく赤外線リモコン対応なので、早速いつものやつも発注しました。