fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

いま想い出す懐かしのクルマ

  CLIO RSの納車待ち期間中に頻繁に想い出すクルマがあります。 それは、日産プリメーラ20V(いろんなサイトから写真お借りしていますm(_ _)m) 20v01.jpg 前の会社に勤めていた時に社用車として購入しました。8年くらい前でしょうか。このクルマにした理由は「外から見て、チューンドカーに見えないから」(笑) 普通のプリメーラとの識別点は、17インチの純正アルミと、ヘッドライト内部がブラック処理されているだけですから、まず誰もが普通のプリメーラだと思い、何も疑いません。これ見よがしなエアロパーツやリアウィングなどが装着されていないプレーンなスタイルに惚れました。 内装も同じく地味(笑) 識別点はシフトノブが6MTであることと、タコメーターが4000回転以上の視認性を重視した目盛り刻みになっているだけです。 20v02.jpg20v03.jpg 20v09.jpg20v08.jpg そして、このクルマの最も特徴的な部分がエンジン。 SR20VE(NEO VVL) 2L DOHC N.A. 204ps/7200rpm 21.0kgm/5200rpm 圧縮比11.0 20v11.jpg すでにこの時点で、プリメーラのエンジンはQR型に世代交代していたにもかかわらず、この20V(とワゴンタイプのW20V)にだけ、SR型エンジンが搭載されました。高回転型のチューニングエンジンですが、回り方はあまりスムーズな感じではなく、グォーと豪快に上げていくタイプです。 このSR20VE型エンジンのスペックが、CLIO RSのF4型エンジンととてもよく似ています。 F4 (日本仕様の表記スペック) 2L DOHC N.A. 202ps/7100rpm 21.9kgm/5400rpm 圧縮比11.5 SR20VEは86×86のスクエア、F4は82.7×93のロングストロークと、少し違いますが、数字上のスペックや、設計が古めのエンジンをチューンしたところなど、とても近いものがあります。なので、頭の中の記憶でしかないSR20VEと、これから体験するF4が、どのように違うのか或いは似ているのか、とても楽しみです。 このクルマが好ましかったのは、外観と同様に、サスもガチガチではなく程よく固められていて、乗り心地も確保していたこと。シャシースポールの考え方と似ています。このサスにブリジストンPOTENZA RE-01を履かせて楽しんでいました。 考えてみれば、このプリメーラ以降、日本車で「外見は普通だが、中身は結構すごい」というクルマは一台も発売されていないような気がします。やはり、ボンネットに穴を開けたり、大きな尾翼やエアロパーツを付けたりしないと、日本では売れないのでしょうか。ミニバンにも翼が生えているのが普通の国ですから、しかたないんでしょうね。このプリメーラ20Vも、たった800台を売っただけで、すぐにカタログから落ちてしまいました。かく言う私も、約2年弱乗ったところで部下に譲って(部下の間で争奪戦が繰り広げられました)、QR25のCVTプリメーラに替えてしまいましたが(爆) 余談ですが、20Vには「ITナビパッケージ」というオプションを装着していまして、DVDナビ、ハンズフリーフォン&ステアリングスイッチ、バックカメラなどがついていました。 20v04.jpg 20v05.jpg20v06.jpg20v07.jpg このころはまだBluetooth接続ではなく有線接続でしたが、ルームランプ部にマイクが埋め込まれ、その手前のスイッチを押すと、自動的にコンパスリンクに電話が繋がり、お姉さんが色々とお世話をしてくれました。また、到着した電子メールや最新ニュースを音声(ロボットボイス)で読み上げてくれたりしました。設計の古いエンジンと6MTに、最新の情報技術が組み合わされた、なかなか得にくいクルマだったなぁと、今でも思います。