fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

CLIO RS アライメント調整&BOSCHテスト

  レッドポイントさんでは、特に依頼しなくても、アライメント調整の前にタイヤの空気圧調整(窒素)とホイールバランスの取り直しをしてくれます。私の純正ホイール&タイヤは、バランスウェイトの多少の貼り直しが発生し、空気圧も調整の必要があったようです。 アライメント調整前後の変化 Alignment01.JPG 新車状態では、4輪ともトウが規定範囲に収まっていません(^^;) 前輪のトウについては、CLIO RSは基本的に「O」で良いようですが、許容範囲内でできる限り近づけて頂きました。肝心なのは直進性の殆どを司るリアのトウ。新車状態では左右のトウがバラバラかつ許容範囲外。結果としてスラスト角が+でついてしまっていて、顕著な左流れ現象が出ます。コチラも規定範囲に収めて頂き、尚かつスラスト角はピッタリゼロにして頂きました。 アライメント調整の効果は、走り始めてすぐにわかりました。今まで左流れが発生していたので、常にステアリング修正が必要でしたが、調整後は軽く手を添えておくだけで直進します。日本の道路は左に向かって勾配がつけてあるので、微妙な右流れにしておいた方が乗りやすいのかも知れませんが、とにかく一般道でも、そしてとりわけ高速道路で断然真っ直ぐ走るようになりました。また、私の車で発生していた、時速90kmくらいでのステアリング振動は、綺麗になくなっていました(これはホイールバランスの取り直しが効いているかも)。 結論。CLIO RSはアライメント測定&調整が必須だと思います。ただし、普通のタイヤショップに行っても測定はできますが、調整はクルマ側で調整可能に作ってある部分のみしか修正してくれないのが殆どでしょうから、ノウハウのあるお店で調整することが前提になります。 BOSCH SDL サスペンション&ブレーキテストの結果です。比較他車のデータがないのでわかりにくいのですが、路面粘着率(要はメカニカルグリップ)が高水準で、フロントブレーキの性能がとても高いという結果のようです。ごめんなさい、このテストデータについては良く理解できておりません(笑) boschsdl01.JPGboschsdl02.JPG