fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

KICKER CompVT65 サブウーハー取付

先日ご臨終となったeiju OF-160Wに替わって、KICKERのCompVT65を取り付けました。2Ωと4Ωがあるのですが、アンプの対応インピーダンスから4Ωを選択します。商品はしばらく前に届いていたのですが、CLIOのオーディオが忙しくてEosに手を付けられず今日に。 kicker01.JPGkicker02.JPG 何かとてつもなく効果のある秘密の商品を取り付けられるということで、RED先輩がpitに来車。一緒におしゃべりしながら作業しました。 ポン付け交換なので30分もあればと思っていたのですが、鬼目ナット用ネジの頭がCompVT65のネジ穴を通らなくてホームセンターに走ったり、端子部の処理に手こずったりして、結局2時間近くも掛かってしまいました。 RED先輩が撮ってくれた写真です。 kicker03N.jpgkicker04N.jpg 完成。エプトシーラーを巻いて内張を戻します。 kicker05N.jpgkicker06.JPG 最後にOQOでbitoneの再調整。フロントとリアの出力レベルを調整します。 kicker07.JPG さて肝心の音ですが、サブウーハーを使ったときと使わないときの差が、OF-160Wよりもハッキリしました。リアをミュートしてフロントをフルレンジ再生するモードと、フロントを60Hz-48dBでカットしてサブウーハーを使うモードを、bitoneのコントローラーでワンタッチ切替できるのですが、サブウーハーを使うモードの方が圧倒的に音全体に厚みが追加された感じで好ましいです。曲によっては低音過多になる場合もありますが、bitoneのコントローラーでサブウーハー単独の音量調整もできるので大丈夫。 CompVT65は1本1万円くらい(並行物)の安いスピーカーなので、OF-160Wとの音質差を心配していたのですが、全く問題なさそうです。これで、今週末、来週末と続くEosのツーリングオフも気分スッキリで参加できます!! この後、RED先輩と一緒にCLIOをディーラーへ預けに行きました。 帰り道、E.O.S.で話題の国立府中IC至近の中華料理店でキムチチャーハンを食します。今回の代車は黒のカングー。シートを含めて乗り心地絶品ですね。 kimuchi01.JPGeoskangoo01.JPG REDHEADさん、今日はどうもありがとうございました!