fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

熊野三山ドライブ

(1)東京~尾鷲(伊良湖岬-鳥羽フェリー利用 約400km) 会社を29日の12時半頃抜けだし、一路尾鷲へ。途中で10000km達成! 2010122901.JPG 順調な東名高速下りでしたが、浜松を過ぎた辺りで「岡崎まで120分以上」と表示され、悪名高き東名阪の四日市付近も十数キロ渋滞しているとの情報。急遽、豊川で東名を捨てて、伊良湖岬から鳥羽へのフェリー利用に変更。 伊良湖岬に着いたのは日の入り直後の17時。 2010122902.JPG2010122903.JPG 鳥羽行き最終便、17時40分に間に合いました。 2010122904.JPG とても乗船台数が少ないように思います。片道6500円だし。でも、約100km節約できます。 2010122906.JPG2010122905.JPG 鳥羽からは、伊勢自動車道紀勢自動車道~国道42号で尾鷲へ。尾鷲についてナビで寿司屋を検索。ヒットした「和幸寿し」で、サブちゃんファンの大将(大倉数人さん)ににぎってもらい、ホテルに持ち帰りました。とても美味しかったです。大将、宣伝したよ!! 2010122907.JPG2010122908.JPG それにしても、ホテルで一人飲むビールの何とうまいことか!! (2)国道311号 尾鷲~熊野 海岸ルート(58km)
大きな地図で見る 泊まったホテルからは、紀勢本線(非電化)と、酷道として有名な国道425号線の起点、坂場交差点を眺望できます。425号は起点からして一方通行(笑) でも何やら工事中。 2010123001.JPG2010123002.JPG R311の海岸ルートは、大部分がとてもきれいに整備されたワインディングで、朝から戦闘モード。思う存分楽しませてもらいました。集落の中や、海の断崖部分は1~1.5車線に狭くなったところもありますが、何せ車がほとんど走っていないので、狭くても問題ありません。 2010123003.JPG2010123004.JPG 2010123005.JPG2010123006.JPG 典型的なリアス式海岸の風景が延々と続く絶景のルートです。紀勢本線は、このルートの集落を縫うように走っています。 2010123007.JPG2010123008.JPG (3)国道311号 熊野~熊野本宮大社 山間ルート(49km)
大きな地図で見る こちらも基本的にセンターラインのあるきれいに整備された区間が多く、やはり車が少ないので、空いている首都高並の調子で走ることができます。一部、北山川(熊野川の支流)沿いを走る区間で、写真のような1.5車線が続きますが、ここも車は少ないので大丈夫。 2010123014.JPG さて、途中立ち寄った「丸山千枚田」が大正解。見事な棚田です。これを維持するには、住民の方々やボランティアの方々の大変な努力が払われているとのこと。 2010123009.JPG2010123010.JPG 2010123012.JPG2010123011.JPG 屋根が黒いので、上の角度からの写真がお気に入り。 2010123013.JPG さて、本命の熊野本宮大社へ。初詣受入の準備が進むなか、先に参拝させて頂きました。目的はもちろん息子の大学合格祈願。成績が届かないので、できるだけ多くの神様にお願いしておかねばなりません。合格お守りゲット。 2010123015.JPG (4)国道311号~371 熊野本宮大社~潮岬 山岳ルート(120km)
大きな地図で見る 今回最も楽しかったのがこのルート。当初、R311の終点白浜に出て、無難にR42で潮岬かと思って走り始めたが、R311の熊野本宮大社~白浜間は完全に整備された道路で、通行量も東側に比べると格段に多く、大型車に道を塞がれることもあって退屈。なので急遽県道217号線を経由して国道371号線を使うルートに変更。 熊野本宮大社から国道311号線の旧道を選ぶと、湯の峰温泉を通ります。鄙びた、良い雰囲気の温泉です。 2010123016.JPG さて、R311を離れて県道217号に入った直後から、約100kmの1~1.2車線狭隘路を延々と走ることになります。 2010123017.JPG2010123018.JPG しかしこれが楽しいの何の。他の車に追いついたり、すれ違ったりすることがほとんどありませんから、何か自分がラリードライバーになった気分で運転します。でも、車幅+αの道路幅で、ガードレールのない箇所の方が多いですから、一歩間違えば崖下に落ちるような場所もたくさんあります。走りにくい道を延々走ると、こんな景色のご褒美あり。 2010123019.JPG 実はR371は木守集落(味わいのある名前です)と平井集落の間で分断されているのですが、急遽このルートに変更したので事前の調査はできておらず、この未開通区間がどうなっているは知らないで突き進んだのでした(^^;) 一応、ナビでは林道らしきモノが見えたので、何らかの道はあると思っていたのですが、その道が通れるのかどうかは賭けでした。 分断区間はやはり林道でした。しかも、R371よりも綺麗で道幅も広い林道(走るのが楽しくて写真撮るの忘れた)。国道予算は付かないが、林業予算は付くという典型的な例。天上のワインディング楽園という感じでした。ただし、とてもとてもたくさんの落石がゴロゴロ転がっているの要注意。 2010123020.JPG2010123021.JPG 林道をクリアすると、再びR371号線らしくなります。クマには会えませんでした。 2010123023.JPG2010123022.JPG 約2時間半で潮岬到着。前から食べたかった「近大マグロ丼」に舌鼓。もうちょっと枚数増やして欲しいけど(笑) 2010123024.JPG2010123025.JPG 左が最南端。右は橋杭岩。この辺りは奇岩の宝庫です。 2010123026.JPG2010123027.JPG (5)国道42号 潮岬~熊野那智大社那智勝浦)~熊野速玉大社(新宮) 海岸ルート(80km)
大きな地図で見る 国道42号線は地方の幹線道路だけあって交通量が多く、海の景色を除けば全く退屈な道です。なので、この潮岬から新宮はきつかった。 熊野那智大社で2個目の合格お守りゲット。 2010123028.JPG2010123029.JPG 那智の滝熊野古道(大門坂)を見学しました。 2010123030.JPG2010123031.JPG そして最後の目的地、熊野速玉大社へ。暗くなる前にぎりぎり到着。3個目のお守りゲット。 2010123032.JPG (5)熊野速玉大社(新宮)~東京(560km) 新宮~津は高速を目一杯使っても2.5時間かかります。津~港北PAは3時間だったのに。 今回の走行距離、1265km。お疲れ様でした。 2010123033.JPG