fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

Eos 久しぶりのサス調整

  朝から変な天気でしたね。氷の粒(細かい雹)が降っていました。 preload01.JPG さて、今日はイシカワさんでサス調整。まずは全体の車高を測ったところ、フロント656mm(私の基準値650mm)、リア663~666mm(同660mm)と結構上がっていました。新品タイヤになったのと、タイヤ外径が少し大きくなった影響だと思われます。(数値は地面~ホイールアーチ上端) 今回はフロントスプリングのプリロード量を確認しました。私の場合、左右共に20mm弱(100kg弱)15mm程度(75kg程度)のプリロードとなっていました。プリロードは、上げたから乗り心地が悪くなるとか下げたから乗り心地が良くなるという単純な話ではないのですが、取り敢えず10mm(50kg)に減らして様子を見ることに。車高が下がる分は全長で調整し、650mmに合わせて頂きました。因みにV6用と2.0T用とでは、スプリングのレートも全長も異なります。 左(調整前) 右(調整後) スプリングの下部が10mm弱5mm程度下がりました。 preload02.JPGpreload03.JPG preload04.JPGpreload05.JPG スプリングを下げた分、少し全長を伸ばしたので、調整つまみは少し筒の中に隠れました。 preload06.JPG 左(調整前) 右(調整後) リアの車高調整です。車高を落とす方向なのでバネは少し伸びます。 preload07.JPGpreload08.JPG preload09.JPGpreload10.JPG 今回一発で見事に650/660mm(誤差はありますが)に調整していただいて、プロの仕事を見た&時間も短くてすみました。流石です。 ついでに、リアで頑張ってくれていたスウェイバーリンクを外します。最近、クルマじゃないゴルフに目覚めた若者のところへ嫁ぎます。 (写真の純正リンクはスタビにネジ止め前の状態) preload11.JPGpreload12.JPG アライメントを取って(無調整でOK)、光軸を微調整して完成。純正スポーツサス(2.0T)で、フロント・リアともに660mm+αですから、リアはほぼ純正車高、フロントは純正-10mmです。 preload13.JPGpreload14.JPG 乗り心地がどう変わったのか。。。現在知覚過敏なので、少々Eosを離れて、数日経ってから感じ取りたいと思います。