fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

momo ホーンボタンキット 2ボタンタイプ

ステアリングの前にカタツムリの目のように生えているSPARCOのホーンボタンキットクリックリリーススペーサーⅡが2極式のホーンボタンに対応していないので、ボスとスペーサーの間に挟んで装着しています。 nardione07.JPG でも、装着してから1回しか鳴らしたことがないのにカタツムリが目立ちすぎる(笑) こんな押しやすい場所にある必要もない。ということで、 クルーズコントロールスイッチとホーンボタンを同じ下側のステーに装着し、上部には目障りなものが何もない状態にしたいと思いました。 SPARCOのキットをそのまま使っても良いのですが、何となく今回はmomoのホーンボタンキットを購入。 http://www.momo-japan.jp/ に発注したら、商品はNANIWAYAさんから到着。どっちで注文しても同じなのね(笑) パッケージだけ見たら、同じくイタリア品質か(笑) momoplate01.JPG でも開けてみてびっくり。SPARCOが2mm弱の厚みのアルミ板であるのに対して、momoは5mm厚くらいのアルミで、なかなか上質です。 momoplate02.JPG スイッチの裏側は結線済みで、ハーネスは真下に出て、丸いカバーもついています。出っ張りが少なくてスマート。右はSPARCOのスイッチ裏。 momoplate03.JPGsteeringchange29.JPG そしてスイッチ部はあらかじめホーンマークに成型されています。車検対策でシールを貼る必要はありません。 ただホーン以外の役割を充てるときには邪魔ですが。 momoplate04.JPG 5mmの厚みを利用してハーネスを通す切り欠きが設けられています。これは良い!! momoplate05.JPG ということで、同じような商品でも買ってみなければわかりませんね~ 5mmの厚みが許せれば、momoの方が良いと思います。 姉妹品として、こちらはカタツムリではなく何と言ったら良いのでしょうか(笑) 4ボタンタイプです。オーストラリアの通販サイトで見つけました。日本では見当たりません。 momoplate06.JPG サクッと交換してしまいたいところですが、発注して2ヶ月半経ってもまだ到着しないステアリングセンターボルト(交換用)との 同時施工予定です。