fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

ステアリングの2本ストライプ

  GORDINIからパクリの2本ラインは、やはりステアリングの2本ラインで完結します。 普段使いのNARDIステアリングに、2本ラインを追加してもらいました。 いつもお世話になっているルノーディーラーさん経由で宮内産業さんに出してもらってたった1週間。 仕事が速いですね~!!「もうできたんですか?」って聞いちゃいました。 元々のNARDIのイメージを極力崩さずに2本ストライプを入れるため、できれば既存の革を使用しての部分加工を希望したのですが、それは不可とのことで全周巻き直しとなってしまいました。 左:巻き直し後  右:巻き直し前 steeringstripe03.JPGnardione07.JPG 元のNARDIでディンプル革部分は同じくディンプル革で、普通の革部分はハイクラスというスムース革で巻き直し。表面のツヤの違いやディンプル型押しのピッチの違いで、やはり元のNARDIの通りとは行きません。最も大きな違いはステッチ。NARDIは貼付方式なのでステッチがありませんが、宮内産業の場合はどうしてもステッチができてしまいます。このステッチに比較的太い糸が使用されているので、どうしてもゴツゴツ(デコボコ)感と「巻いちゃった感」が出てしまいます。良く言えばスポーティーとか手作り感とも言えるのですが、見た目の質感としてはちょっと残念でした。革の厚みでグリップが少し太くなりましたが、これはむしろ歓迎で、普段使いにちょうど良い太さです。 steeringstripe05.JPG 2本ラインは室内側をこれ以上派手にしたくないのと、ガンメタ(ボンネット)とホワイト(ルーフ)のストライプとマッチするようにグレーを選択。何種類かのグレーの中から見本を見て選びました。名前をハッキリと思い出せないのですが、チタニウムグレー的なネーミングだったと思います。ストライプの位置とサイズはJavel!さんにわざわざ計測して頂きましたm(_ _)m 本物は外周部で15mm - 15mm(中央の間隔) - 15mm ですが、NARDIは少し小径なので、12mm - 15mm(中央の間隔) - 12mm で施工。 steeringstripe04.JPG 念願の外から見た画像。なかなか光の反射で写真に撮るのが難しかったので、レンズの前にTALEXのTRUEVIEWをあてて撮影しました。 外から見たイメージはまったく想像の通りで大満足。白っぽくも見えるし灰色にも見えるので、ガンメタに対してもホワイトに対しても違和感はありません。 steeringstripe02.JPG ほんと、元々何仕様だったのかぜんぜんわからないクルマになりました。