fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

手動ウィンカーで締めくくる一年

年末年始休暇ドライブ二日目は富士山を目指して(^^) 8ecddf33bc.jpg 昨日の初ドライブの教訓から高速道路の防寒対策は更に万全にトノカバーを助手席に追加しました。かな~り違います。これをやるために脱着式ナビは中心線から右側に装着しています。 f43f5e0997.jpg 伊豆のいつものカフェを目指して走る途中、突然ウィンカーが点滅じゃなく点灯するようになりました。恐らくリレーがいかれたのでしょう。セブンのウィンカーはトグルスイッチなのでスイッチを一定間隔でオンオフすることで手動点滅させてしのぎました(笑) お気に入りの定番撮影スポット(土肥)にて。高速降りたら漢はトノカバーもサイドスクリーンも外します。高速じゃなければヒーターとヒートジャケットで十分暖かいのです。 e35e61bef0.jpg81abd8fe69.jpg ウィンカーは途中気まぐれに治ったりもしましたが、家に帰るまでには正確な間隔で手動ウィンカーを出せるまでに習熟しました(笑) さてセブンで東名高速西伊豆スカイラインを上限3500rpmで駆け抜けた感想はとにかく今まで持ったどのクルマよりも楽しい(^^) なぜこのクルマが50年以上にわたって作り続けられるのか理由の一端がわたった気がします。 高速では意外に直進性が良くステアリングに軽く手を添えておけば簡単にまっすぐ走ります。それでいてセンターの遊びはほとんどなく切ればスパッと回頭します。ワインディングではお尻を中心に回っていく感じが新鮮。遊園地のゴーカートじゃなくて一番近いのはコーヒーカップ。あの中心のハンドルを回す感覚に近いです。ロールはほとんどありません。 最後の最後までクルマ遊びに興じましたが、皆さま来年もよろしくお願いいたします。 良いお年を~