fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

LUTECIA EXPRESSION MT

FOCUS ST170に代わって我が家にやってくるクルマを少々ご紹介します。 ルノー ルーテシア エクスプレッションMT 7c29f81b8c.jpg このクルマは、クリオ/ルーテシアⅢの最末期、すでにⅣが正式に発表されたあとの2012年10月29日に日本で発売されたⅢの最終モデルになります。 グリ・カシオペM、ブラン・グラシエ、ブルー・マリーン・フュメの3色合計40台が販売されました。 608ef6e032.jpg 我が家にやってくるのはブラン・グラシエです。 771e342e0f.jpg 今回の選択基準は下記の通りでした。 ・MT ・5人乗り ・右ハンドル ・正規輸入車 ・屋根が開く この条件に適合する唯一のクルマが「DS3 CABRIO」でしたが、息子二人から徴収している月賦(笑)に価格が見合わないのと、PSAに気が乗らないので却下。 そんな折、2013年初度登録で極低走行のルーテシア・エクスプレッションMTが目に止まり、即交渉。とても話がわかるクルマ屋さんで、私が自分で移転登録する条件で車両本体価格の値引と諸費用ゼロ(福岡からの陸送のみ実費)を提示してくださいました。ほぼ業販(笑) 似たような限定車で「ルーテシアS」が2011年に30台販売されましたが、それに較べるとフルオートエアコン・オートクルーズ・オートライト・オートワイパーのオート4兄弟(笑)が追加装備されています。一方でサイドミラーに電動格納機能がなく、後席がマニュアルウィンドウ、ESP未装備と割り切った部分もあります。ホイールがSの16インチではなく15インチ(アルミ)なのはとても好ましい仕様です(^^) 車重1160kgに対して、ルノーおなじみの1.6リッター(112ps/6000rpm、15.4kgm/4250rpm)、タイヤも185/60R15と、とても癒やし系ですが、Phase2になってからの素のルーテシアはとても遭遇機会が少なく、こんな普通なクルマに年甲斐もなくワクワクしています(^^) 屋根は全く開きませんが(笑)