fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

テミルカーノフ指揮 サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団

文京シビックホールに行ってきました。 IMG_20160605_140237.jpg 今回の演目はリムスキー=コルサコフ/交響組曲シェエラザード」とチャイコフスキー交響曲第6番「悲愴」。私の主目的は「悲愴」です。 文京シビックホールはほぼ満席。ベルリンフィルウィーンフィルなどに比べると三分の一くらいのチケット代で、更に学生券(半額)もありますからとても良心的です。 演奏は「餅は餅屋」を思わせる格式高い、歴史を感じさせる圧巻の演奏。特に第3楽章で出し惜しみする主題がいよいよ炸裂するところの全体行進はとても迫力があり、かつ誇らしげでした。 「悲愴」といっても文字通り悲愴な部分ばかりではなく、晴れ晴れとした気分や活き活きとした部分もあります。全編を通して感情のうねりのようなものをサンクトペテルブルク・フィルはとてもよく表現していると思いました。 IMG_20160605_180849.jpg 家に帰って、2008年のベルリン・フィル小澤征爾を聞いてみましたが、さすがに演奏やハーモニーの正確性はベルリン・フィルの方が格段に上です。しかし私の心をより掴んだのは今日のサンクトペテルブルク・フィルの方でした。   次回はこの組み合わせでショスタコーヴィチをぜひ聞いてみたいものです。