fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

やれたシートを復活させる

オリジナルの状態を維持しているように見えるサンクのシート。表面に破れなどはまったくありません。 IMG_20160825_102613.jpg しかし37年の歳月でウレタンクッションが収縮し、沈み込みが大きく底付き感があります。 そこで用意したのは、アイリスオーヤマ疲労軽減マット HKM-9145。自動車部品にもよく使われているNBR(ニトリルゴム)の発泡ゴムクッションシートです。 IMG_20160825_101154.jpg NBRはウレタンクッションに比べてちぎれにくく、適度な弾力と硬さがあり、ゴムの臭いがしません。 IMG_20160825_113506.jpg さて、サンクのフロントシートは後席へのアクセスのためこのようにチルトアップできます。 IMG_20160825_102828.jpg シートを外さず裏面に簡単にアクセス可能(^^) IMG_20160825_103054.jpg スプリングと既存ウレタンの間に、ジャストサイズに切った発泡ゴムクッションを挿入します。 IMG_20160825_111051.jpg まず1枚(1センチ厚)で試してみて、結果的に2枚(2センチ厚)挿入することにしました。 挿入前のオリジナル状態 IMG_20160825_102613.jpg 挿入後の状態(運転席のみ施工済み) 背もたれとの境目付近が一番わかりやすいですが、見た目にもシートに張りが出て、座っても底付き感のないフレッシュな掛け心地になりました(^^) IMG_20160825_113414.jpg 運転席と助手席の両方に施工。結構手間のかかる作業です。 IMG_20160825_132056.jpg 座り心地のリフレッシュ、低コストでとても有益なモディファイです。 今回は古いセドリックを大切に乗られている方のサイトを参考にさせていただきましたm(_ _)m