fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

シートの掛け心地チューニング

古いチェアによく使われているS字スプリングですが、シートのウレタンスポンジとS字スプリングで所定の掛け心地を実現しています。しかしよく見ると部分的にS字とS字が両端フックで連結され、スプリングの動きを規制して掛け心地をチューニングしてあるのがわかります。 IMG_20160903_075034.jpg 私は沈み込むソファーのような掛け心地より、わりとしっかりした座面の方が好きなので、先日のクッション追加に加えて更にスプリングを規制して腰のある掛け心地を実現します。 使ったのは「特大ナスカンIMG_20160903_075949.jpg こういうのをナスカンと呼ぶのも知りませんでしたが、純正の両端フックと長さがまったく同じです。 IMG_20160903_075001.jpg 運転席には8個追加 IMG_20160903_081942.jpg 助手席には2個追加 IMG_20160903_082437.jpg かなり好みに近づきました。お尻は意外と敏感なので、1個追加する毎に違いがわかりますよ。