fclife.tokyo

自動車 カメラ オーディオ 海外旅行 音楽 PC モバイルなどの話題を筆者の実体験をもとに記述しています

iPhoneの「電池持ち時間」?

docomoスマートフォンのカタログに掲載されている「電池持ち時間」という指標は、2013年あたりからdocomoが独自に「平均的なスマートフォンの使われ方をした場合」の各スマートフォンの電池持続時間を測定して公開している指標です。 もちろん「平均的なスマートフォンの使われ方」の設定には賛否両論あるのですが、私としてはこの指標に裏切られたことはなく、他の性能がほぼ横並びの現在、スマートフォン選びで最も重視している指標です(電池の充電容量が何mAhというのは単に電池の大きさですから当てになりません)。 無題.jpg ずっとAndroid一辺倒な私ですが(家族は全員iPhone)、最近iPhoneの記憶容量がiPod Classicの160GBを超えたというのでムズムズしてきました。Googleクラウドまみれになっている私がiPhoneに乗り換えることはそう簡単ではありませんが、AndroidスマホiPod Classicの同時持ちを解消できるメリットは大いにあります。それにiPod Classicはもう販売されていないので常に「壊れる」という爆弾を抱えています(3台持ってますが)。 iPhoneでもGoogleクラウドは使えるので、ここは真剣に検討してみるかと。ただ、Androidなら気に入らなければいくらでも乗り換えが利きますが、いったんiPhoneにしてからAndroidに戻るのはかなり骨が折れます。 ということで、まずはdocomoのホームページでiPhone7の電池持ち時間を調べてみました、、、、載っていません(笑)iPhoneだけ特別扱いで、他のスマホでは掲載されている電池持ち時間指標が掲載されていないのです。。。 隠すということは「電池が持たないんだな」と予想はできますが、ここはぜひ頑張って横並びの指標でフェアに比べてほしかったところです>docomoさん。今さら予備電池を持ち歩く習慣を復活させることもできないし、危ない橋は渡れません。。。 電池持ち110.6時間のSH-01H(メイン機) 20160125_185914.jpg やっぱりAndroidのままで、iPod Classicが壊れたら音楽専用にiPhone7を買うのが正解かな。